wakus

仕事で覚えたことをすぐに思い出すためのコツって?

まだ20代前半ぐらいなら記憶力が確かなので、何かを思い出せなくて困ることはあまりないですよね。
ですが年齢を重ねるにつれ、記憶力は徐々に怪しくなってきます。その影響は仕事にも及び、仕事中に「あれ何だっけ?」と思い出せなくなることがあります。

たとえ忘れていたとしてもすぐ思い出せればまだいいですが、思い出せないと本当に困ります。
だからといってまた改めて調べ直していたら、結局初めてやるのと変わらないので、それでは効率がとても悪くなってしまいます。

そこで仕事で覚えたことをすぐに思い出すためのコツを、これからアドバイスしていきます。
上司から仕事を振られた時に間を置かずすぐ行動できるのが有能な社員ですので、思い出すのに時間がかかってはいけません。ちょっとしたコツをつかめば、すぐ思い出せるようになります。

重要な仕事は手順を定期的に確認しておこう

Portrait of businesswoman in eyeglasses pensive looking at her business plan不定期で行う重要な仕事は、仕事を振られた時だけ考えればいいと思ってしまいがちですよね。仕事を振られていないのに考えても、時間の無駄に思えてしまいます。

ですがそれだと仕事と仕事の期間が空いた場合、どうしても忘れやすくなってしまいます。期間が空くといざ仕事を振られた時に思い出せず、手順を慌てて確認することになりかねません。

それでは非効率的ですし、1度できているにもかかわらずまた確認するのは面倒ですよね。

そのような非効率的な仕事をしないためには、仕事の手順を定期的に確認する習慣を身につけましょう。
これは料理を作るのと似ているかもしれません。
長らく作っていない料理は、過去に作った経験があったとしてもまたレシピを確認しますよね。ですがレシピをこまめに確認していれば、いざ作る時にわざわざ確認しなくてもすぐ作り始められます。
それは頭の中に、すでにレシピが入っているからに他なりません。定期的な確認が、いざという時に役立つのです。

仕事を記憶する機会を何度も持てば、記憶が自然と定着していきます。そのためには仕事の記憶を反復して覚えようとすることが大事ですので、仕事を振られていない時でも手順を定期的に確認し、記憶として定着させるようにしましょう。

仕事に関連する記憶をいろいろ結び付けると忘れにくい

3d rendering android robot with industrial network有名な記憶法の1つにメモリーツリーというものがありますが、これを仕事に応用するのはおすすめです。
メモリーツリーは1つの中心となることに関連付け、他のことも記憶していくという記憶法です。この記憶法を応用すれば、仕事に関する記憶を忘れにくくなるでしょう。

たとえば請求書の仕事を覚えたとしたら、その後請求書を見る度に仕事の手順を意図的に連想するようにします。もしもその仕事の時にホッチキスを使ったら、ホッチキスを見る度に請求書の仕事に関連付けて意識的に思い出してみるのです。仮にプリンタを使う場合でも、プリンタを見る度に思い出せば、請求書の仕事の記憶が頭の中にどんどん定着していきますよね。
このように何かを関連させて覚えれば、関連させた物を目にする度にすぐ思い出すことができるという理屈です。

仕事の手順だけを頭で形式的に覚えようと思っても、なかなか覚えられなかったりします。そんな時は仕事でどんな物を使ったのかや、誰に教わったのか、いつどんな場所で教えられたのかなど、周りの状況等を含め仕事に関連付けると覚えやすくなります。

記憶が濃くなっていくイメージです。

仕事に関連する記憶をいろいろ結び付けてしまえば、そう簡単には忘れないでしょう。

仕事の重要なポイントをおさえたメモを残す

Female hands with pen writing on notebook.頭で仕事を覚えようとしてもなかなか覚えられない、そんな時に活躍するのが仕事の手順を記したメモです。
仕事の内容はマニュアル化されていることが珍しくないですが、マニュアル化されていない仕事も中にはありますよね。また仮にマニュアル化されていたとしても、自分の中でよく理解できないということは残念ながらあります。さらにマニュアルが更新されておらず役に立たないということもあります。

そこで仕事の重要なポイントをおさえたメモを残しておくのが、シンプルですが効果的です。

このメモを残す時に気をつけたいのが、わかりやすく丁寧に書くということです。
メモを書く時はまだバッチリ記憶にありますので、ついつい簡略化してメモを書きたくなります。ですがそれだと後から見返した時肝心の内容がよくわからず、メモの役割を果たさないことがあります。それではメモをせっかく残したのに、役に立っていませんよね。

メモは後で見返した時に、内容が100%わかるような書き方をしないといけません。仕事の重要なポイントがどこなのか自分が見てわかるようにメモを残せば、仕事内容がすぐに思い出せます。

手書きでもデジタルでも、メモを残すツールは問わないです。ただ内容のわかりやすさには十分気をつけてメモを残すのが、後で仕事をすぐに思い出すためのコツです。

人は忘れるからこそ思い出すコツを知っておこう

Choosing the key to success from hanging keys concept for aspirations, achievement and incentive記憶力によほど自信を持っている人でも、時間が経てば普通は忘れてしまうものです。
ただ、仕事に関する記憶はできるだけ忘れないようにしたほうが便利ですし、忘れるのは仕方ないにしてもすぐ思い出せないと困ってしまいます。

仕事の記憶をどうすれば定着させられるのか、そしていざという時にどうしたらすぐ思い出せるのか、そのコツをしっかりと覚えて仕事に活かしていきましょう。


LEAVE A REPLY

*

Return Top