ビジネススキル 思考力 自己啓発

仕事における効果的な自己分析のやり方ってどうやるの?

投稿日:2019年3月6日 更新日:

仕事をしていれば自ずと気付くことですが、自分1人でできる仕事には限界があります。いくら能力に絶対の自信を持っている人でも、結局体は1つしかありませんよね。すべての仕事をこなせるわけではないのです。

この事実と向き合った時に行うべきなのは、何ができて何ができないのかを知るための自己分析です。正しい自己分析を行うことで、どんな仕事に力を注げばいいのかが見えてきます。

仕事で悩んだり立ち止まったりした時は、1度冷静になって自己分析をしてみましょう。自己分析を行うことで、仕事に対する考え方がまとまりやすくなります。

では仕事に対する自己分析の方法について具体的に説明していきます。

悩んだら基本を思い出すように心がける

Businessman looking at a line between a to b painted on a wall仕事に悩んだ時は、基本を思い出すように心がけるようにしましょう。自己分析を行い、どんな仕事を今までにしてきたのか冷静に振り返っていきます。ある程度の期間仕事をしていれば、仕事に対してどのように関わってきたのかが正確に自己分析できますよね。

デスクワーク中心の事務、足を使って移動する外回りの営業、手先の器用さが求められる手作業など、行ってきた仕事は人によってそれぞれ異なります。それらの仕事を行ってみてどうだったのか、悩んだ時こそ基本を思い出すように心がけないといけません。

仕事に慣れてきた頃は、基本的なことをどうしても忘れてしまいがちです。
新人の頃より難しい仕事を行うようになっているので、誰もが陥りやすい悩みでもあります。しかし何でもそうですが、基本というのは土台ですよね。ですから基本を思い出せば、仕事の悩みを解決するための糸口になります。

基本はもうとっくにマスターしていると思い込んでしまいがちですが、実はそうでないことも珍しくありません。悩んだ時はまず基本をしっかり思い出すよう心がけ、冷静に自己分析することが悩みを解決するのに役立ちます。

できないことに真正面から向き合う

Business man climbs a mountain concept for challenge, conquering adversity and leadership自己分析をする意味はいくつかありますが、できないことに真正面から向き合うのはとても大切です。自己分析では何ができるかばかりを、どうしても考えてしまいやすいです。

ですが実際にはできることばかりではなく、できないこともありますよね。

できないことに真正面から向き合うのは、あまり気分のいいものではありません。できないことを思い知らされるわけですから、自信を喪失してしまいかねないものです。ですが自分にできないことをはっきりさせておけば、変に執着しなくなりますよね。できないことにずっと未練がましく執着するぐらいなら、できることに力を注いだほうが合理的です。

自己分析をしないでただ頑張り続けるだけでは、頑張りが無駄になってしまう可能性があります。そのようなまわり道をしないためには、できることだけではなくできないことにも向き合わないといけません。今できないこととしっかり向き合うことは、決して逃げではありません。自己分析で能力を客観的に知ることが、仕事に対する向き合い方の大きなヒントになるのです。

次の目標を設定して努力する

自己分析で能力を知ることができたら、次に行わなければいけないのは目標の設定です。
ただ単に自己分析しただけでは、仕事に役立ちませんよね。自己分析の結果導き出された答えから次に何をすればいいのか、目標を設定しないといけません。

自己分析を行っていれば、現時点での立ち位置がはっきりと自覚できます。どの立ち位置にいるのかを知ることが、仕事をしていくうえでとても重要なのは言うまでもありません。そして仕事を続けていく限り、さまざまな立ち位置で仕事をすることになります。

そして自己分析を行ったら、十分達成可能な目標を設定します。自己分析を行っていれば、ちょうどいい目標設定をしやすくなりますよね。あまりにも簡単過ぎる目標では設定する意味がないですし、困難過ぎる目標もまた同様です。自己分析をしていれば適切な目標設定をすることができますので、自ずと仕事の悩みの解決につながっていきます。

仕事の悩みに直面している時は、自分がどの立ち位置にいるのか見失っていることが多いです。そんな時は慌てることなく自己分析を行い、立ち位置を明確にすることが大事です。そして立ち位置が明確になったら次の目標を設定し、その目標に向かって努力するようにしましょう。

自己分析をこまめに行えば自分を見失わない

Man celebrating success on top of a mountain with one arm Raised and Hands Closed仕事に思い悩んだ時は、冷静に自己分析をしてみるのがとてもおすすめです。自分のことは自分が1番よくわかっているつもりでも、実はそうでないことが多々あります。

そこで自己分析を行えば、自分を見失いにくくなります。またできないことに対して執着してしまうことも防げますから、こまめに自己分析を行ったほうがいいのは間違いないです。

特に仕事が忙しくて余裕をなくしているときは、いつの間にか自分を見失ってしまいがちです。それではどこに向かっているのかわからなくなってしまいます。ですので迷った時こそ自己分析を行って自分をよく知ることが、仕事に大きく役立ちます。

一緒にこんな記事も読まれてます。

Copyright© wakus , 2019 All Rights Reserved.