wakus

意外と知らない!「共有スペース」でのマナーは?

あなたの会社は自社ビルですか?

1つのビルに多くの企業が入っている場合、廊下や階段、エレベーターやトイレ等を共有して使うことになります。あるいは自社ビルであっても、基本的に「個人のスペース」という考え方はなく、全ての場所が共有スペースになるのです。

共有スペースでのあなたの言動は、自社の社員だけではなく、来訪者や出入りの業者、そして他社の社員にも見られているのです。

共有スペースでのマナーを覚えておき、会社のイメージを損なわない様に行動しましょう。

廊下・階段でのマナー

急いでいると、つい廊下や通路、階段をバタバタと小走りで駆け抜けてしまうこともありますが、側に会議室がある場合足音だけでも非常に迷惑です。

廊下や階段は静かに歩き、人とすれ違う時には相手が社内外に関わらず軽く会釈をします。
朝ならば「おはようございます」と言った方が良いでしょう。

原則追い越しはしないこと、特に社外の人の追い越しは極力避けます。少しでもぶつかったりすると「大変失礼な人」と思われて、マイナスイメージになります。やむを得ない場合や、相手に先を譲って貰った場合には「失礼します」「ありがとうございます」と一言言いましょう。

エレベーターでのマナー

エレベーターは、乗る前から社外の人と一緒に待つものです。
気を緩めずに、誰から見られているか分からないと思って立ち振る舞いましょう。

・だらしない振る舞いをしない

オフィスビルのエントランセやロビーからエレベーターホールは、社内外の人が利用する場所です。朝から大あくびをしたり、不機嫌そうな態度を取らない様にしましょう。

・お喋りをしないこと

エレベーターでのマナーで最も注意するべき点は「おしゃべり」です。
仲の良い同僚と一緒になると、ついおしゃべりをしてしまう人もいますが、挨拶以外のムダ話は厳禁です。情報漏えいに繋がりますので、気まずくても構いませんので黙っていましょう。
取引先の来訪者から話しかけられた場合には、笑顔で小さ目の声で応対します。ただし、必要以上に詳しい話をしない様に注意します。

・レディーファーストは受けること

最近では日本の会社でもレディーファーストが広まって来て、女性に「お先にどうぞ」と譲ってくれる男性も増えてきました。その様な場合には、女性は遠慮せずに「ありがとうございます」と言って先に降りましょう。
頑張ってボタンの前を守る必要はありません。

・スマホはNG!

エレベーター内では静かにしていれば良いからと、スマホをいじっている人もいますが、決して見た目が良いものではありません。狭いスペースですので、いつでも気配りができる様に周囲に注意を向ける様にしましょう。

トイレでのマナー

特に女性の場合、トイレのマナー違反が多くなります。

・噂話はNG!

女性で最も多いのが、トイレでの噂話です。
テレビドラマで良くあるのですが、噂話をしていたら個室から本人が出て来たり、本人と仲の良い人物が聞いていることもあります。
また、制服が無い会社だと、社外の人がトイレを使用していることもあるので、噂話のお蔭で会社に悪いイメージを持たれてしまいます。

・化粧ポーチを置かない

中には自分達しか使っていないからと、トイレに化粧ポーチを置く台を設置している会社もあります。
原則として、トイレに私物を置くことはできません。雑然として見た目が悪いことと、衛生上と安全上の問題があることから、禁止している会社も多いのです。また、トイレに化粧ポーチを置いておいたら、他人に勝手に化粧品や消臭スプレーを使われていた、ということもあります。

できればお化粧直しは昼休みに済ませて、生理用ナプキンは小さいポーチに入れてさっと持ち歩くのがベストです。ただ、例外として、トイレに最初から鍵付きロッカーが設置されているところもあります。

・携帯電話を使わない

仕事中のスマホの使用を禁止されているからと、トイレにこもってラインやメールをしている人もいます。
上司に知られると勤務態度が悪いと評価されることになるし、指で操作するものですので衛生面で問題があるのでやめましょう。

・洗面台を独占しない

ついメイク直しに気合いが入ってしまうと、洗面台の鏡を長時間独占してしまいます。仕事中にブラシやチップを使う様な細かいメイク直しはしません。また、洗面台にメイクの粉や髪の毛などが落ちていると、次に使う人が非常に不快になります。
さっとティッシュで拭き取る様にしておきましょう。

更衣室でのマナー

更衣室でのマナー違反も女性の方に多くありがちです。

・私物を置かない

最も多いのが、私物をこれでもかと置くことです。
夏場にエアコンが寒いからとカーディガンやブランケットを持ち込んだまま、持って帰らないのです。会社で他の人から旅行のおみやげを貰っても持ち帰らずにロッカーに入れっぱなしになっていたり、加えては会社帰りに習い事に行くのにその道具を置きっぱなしにしている人もいます。
ロッカーを私物入れにして身軽に行動しようとするのはやめましょう。

共用スペースだからこそ『見られている』ということを意識しよう!

Diversity People Group Team Union Concept会社勤めに慣れてくると、段々と気が緩んで共有スペースで自分勝手に振る舞う人が増えてきます。

特に女性は要領が良く、利用できるものは徹底的に利用しようと考える傾向にあるので、自分の中で「OK/NG」の境界線をはっきり決めておきましょう。


LEAVE A REPLY

*

Return Top