wakus

転職面接で、こんな人材ならば会社が放っておかない!共通する条件とは?

転職をする時には今よりもキャリアアップしたいと思うものです。しかし自分が転職をしても、採用してくれる企業があるのかと心配する人も多いでしょう。

会社が「是非欲しい」と言ってくれる人材になる為の条件を紹介しますので、是非参考にしてください。

柔軟性がある人

仕事を探す時には、まず理想の条件を決めるものです。
多くの人は仕事内容の他に「会社の規模」「年収」「転勤の有無」「残業の有無」など条件を絞って探します。

しかし実際にはそううまく全ての条件をクリアする求人が見つかることはないのです。ここで妥協をしないでいると、その会社とのご縁はなくなってしまいます。

会社が注目するのは「柔軟性がある人」です。
多少条件が合わないと思っても、面接をする中で「これだけは譲れないものとその理由」を述べたり、「この条件は譲っても良い」と言ったり、「これではどうですか」と自分から折り合いを付ける提案をする様な人です。

面接をした中でその様な人がいれば「柔軟性」と「交渉術」のスキルを買われて後から連絡が来る可能性もあります。
面接の時に無回答だった条件に関しても「そちらの希望通りにしますので是非入社を考えて下さい」と言われるかも知れません。

柔軟性を身に付けるには、入社と共に高待遇を期待するのではなく、自分がどの様なパフォーマンスをすれば、将来的にどう条件が変わっていくのかを考えると良いでしょう。

自分の強み・弱みがはっきりと分かっている人

企業は面接の時に「この人が入社したらどの様に活躍してくれるのか」を見ています。
こちらとしては、自分の今迄のキャリアや経験を述べて「私を採用するとお得ですよ」と売り込む訳です。

しかし誰にでも得意・不得意がある様に、企業が自分を採用したらこんな点にがっかりするだろうな、ということも知っておくべきです。これができる人は転職に対して過度に期待をしない分、自分を過大評価せずに済むでしょう。

入社してから「こんな筈じゃなかった」と失望して辞めてしまうということもありません。

素直な人

転職をすると、実務経験があるので新卒の学生とは違い、すぐに配属されることが多くなります。
今までの経験を生かして活躍したいと思うでしょう。

しかし今までの経験が身に付いているだけに、人のアドバイスに素直に従えない人も多いのです。
「もう分かっているから」「慣れているから」と相手の話をよく聞かなくなってしまいます。教える方もその様な態度を取られると「質問してくるまで放っておこう」と思ってしまいます。
その結果、仕事を覚えるのが遅くなったり、肝心のことを理解できなくなってしまうのです。

面接の時から「世慣れた感」を出さずに、素直さをアピールすることも大切です。

常にスキルを磨いている人

転職しようと思ってから時間がある時に、次に向けて少しでもスキルアップを目指している人は企業の注目度も違います。
最近セミナーに通った、資格取得の勉強をした、通信講座を受講したなどスキルを磨く行動をしていると、「ポジティブな理由の転職である」と思って貰えます。

面接の時に「入社に当たり受講しておくと良いと思われるセミナーや資格などはありますか?」と質問すると好感度がアップします。

何がなんでも入社したいとギラギラしない人

面接の時に「どうしても御社に入社したいのです」と熱弁する人もいます。

しかし企業にとっては一時的な熱意よりも、持続的に安定した意欲を持ち続けてくれる人の方が重要なのです。
むしろ「御社に落ちてもまた他のところを探しますから」と余裕を持って面接を受ける人の方が自信を感じさせて、「早くこの人を押さえておかないと他社に取られる」と思われるでしょう。

お互いが平等の立場で、冷静になって条件のすり合わせをするのがキャリア派の面接なのです。

コミュニケーション力がある人

People Meeting Connection Social Networking Communication Conceptどの年代でも企業が欲しがるのが「コミュニケーション力」がある人です。
ビジネスのノウハウ記事で必ず出てくる言葉なので、ウンザリする人もいるでしょう。

しかし転職理由の多くが「人間関係への不満」であり、その原因は従業員同士のコミュニケーション不足から起きているものなのです。

例えば嫌な相手でも最低限の挨拶と情報交換が出来ていれば、仕事をするのに支障はないでしょう。しかし「相手が嫌い=話したくない=情報を教えない=仕事のミス」に繋がるケースも多くあります。

企業が欲しがる人材に期待するコミュニケーション力とは、「仕事を回せる会話力」なのです。いつでもペラペラと楽しそうに話す必要はなく、挨拶ができて、客観的に仕事の話が出来る人のことです。これは採用担当の人ならば面接の時にまず見抜くことができるスキルです。

ポイントを押さえて面接を有利に進めよう!

転職をするならば「望まれて勤める・惜しまれて辞める」人材になりたいものです。
ただ今の仕事がつまらない、人間関係が悪いというだけで転職を考えると、転職先は決まらないし今の職場は居心地が悪いしの板挟みになってしまいます。

日頃から必要とされる人材になる為に、自分のスキルを見直してみてはいかがでしょうか。

LEAVE A REPLY

*

Return Top