wakus

知っておくことが将来につながる!経済との向き合い方って?

会社員をはじめとした雇われの身は、経済に対してどうしても鈍感になりがちです。毎月給料日に給料が振り込まれることで生活費を得るわけですが、それ以上経済やお金のことについて考えていない人は思いのほか多いものです。特にまだ社会に出たばかりの若い人は、経済動向やお金の流れについて難しくとらえてしまい、知る意欲すらわいてこなかったりしますよね。

ですがその考え方は早く捨て去ったほうがいいといわざるをえません。経済はどんな仕事にもつながってくる重要なファクターですので、経済についてなるべく知る努力をしましょう。

経済を知ることが、会社や社会を知ることにつながります。また経済に強い人は一目置かれやすいですから、上を目指すなら絶対に無視できません。では経済に関するビジネススキルとはどういったものなのか、それを解説していきます。

日経平均株価と円相場だけでも毎日チェック

young man look through two magnifying glasses to mathematical formulas and problems.経済を知るのに何をしていいのかわからないと手をこまねいてしまう若い人は珍しくありませんが、まずチェックしておきたいのは日経平均株価と円相場です。この2つは日本経済を知るのに欠かすことのできない重要な情報ですので、とりあえずチェックする習慣を身につけましょう。

日経平均株価とは、日本の株価の指数です。一部上場の大手企業225銘柄が選ばれ、その平均を算出しています。つまり日本経済の景気を知るための手がかりになるのが日経平均株価です。日経平均株価はさまざまなファクターに影響され、最終的に上がったり下がったりします。その日経平均株価をチェックすれば、日本経済の状況がそれとなく把握できます。

また円相場は、円の価値を知るために必要不可欠な情報です。円高や円安によって経済状況は大きく動きますので、どのように推移しているのかを時系列でチェックしましょう。円相場の影響は実生活にダイレクトに影響してきますので、敏感になっておいて損はありません。日経平均株価や円相場はネットから簡単に調べられますから、チェックをできるだけ日課にしたほうがいいでしょう。

経済の動向を知ることが仕事の手がかりになる

3d rendering android robot with industrial network経済はとても大局的なため、経済を知ったからといって目の前の仕事にすぐ役立ちはしないのではないかと若い人は疑問に思うかもしれません。ですが経済を知ることは世の中を知ることにつながりますから、役立たないと一概にはいえないです。

たとえば経済的に好景気な業界やトレンドをいち早く見抜ければ、それを次の仕事に活かせるかもしれないですよね。また取引先から日経平均株価や円相場について話題を出された時、適切な切り返しができるかどうかで相手からの見られ方が確実に変わってきます。取引先の人から「仕事ができそうな人だ」と思われるか「頼りない人だ」と思われるかで、印象が全然違ってきますよね。

経済に敏感になっているだけで、仕事への意識が違うと思われるのです。ですから経済に関心を持つことは、それ自体がビジネススキルになります。

会社で働くのは言うまでもなく経済活動の一環ですので、経済動向を知っておいて無駄にはなりません。経済を知れば仕事に対する視野が広がりますので、将来に対して確実にプラスになります。

会社のお金の流れにも目を向ける

社会全体の経済を知ることはとても大事ですが、それと同様に会社のお金の流れを知ることも大事です。売上、経費、利益など、会社に関するお金の流れを知らないことには、会社の状態がよくわからないですよね。

また自分が携わっている仕事が経済的にどれぐらいの価値を持っているのかを知っておけば、どのようなスタンスで仕事に向きえばいいのかで迷いません。

たとえば無駄な残業は、人件費の増大に拍車をかけますよね。また新人教育が上手くいかないのも同様です。その反対にマルチタスクで仕事を効率的にこなせる社員は、会社を潤わせる貴重な人材なのだとわかります。さらにヒットアイデアを連発させる企画力がある人も、会社にとって経済的にとても重要ですよね。

会社は慈善事業で運営しているわけではありませんから、人の経済的価値を無視することはできません。そして会社のお金の流れに目を向ければ、どんな社員を目指せばいいのかが自ずと見えてきます。利益を出すための経済的な考え方とはいったい何か、それを若い内から知っておくことが成長につながります。

同じ会社で働く人への優しさや感謝の気持ちをもちろん忘れてはいけませんが、その一方で人に対する経済的な視点も取り入れたほうが仕事に役立つのは否定できませんよ。

経済を知って仕事に活かす

経済は難しいから手を出しにくいと二の足を踏んでしまいがちですが、それではいつまで経っても前へと進めません。会社が経済活動を行っている以上、経済から目を逸らすのはよくないです。

日経平均株価や円相場など、経済は身近なところにもあります。また経済の知識を知れば仕事で活きますし、将来のためにもなります。そして会社のお金の流れにも目を向ければ、仕事への向き合い方が変わってきます。

経済をよく知ることが、さまざまなビジネススキルにつながるのです。

LEAVE A REPLY

*

Return Top