自己啓発

初心を忘れてはいけない!新しい仕事への取り組み方とは?

投稿日:2019年7月17日 更新日:

社会人として働き続けていれば、何かのタイミングで今までやったことのないまったく新しい仕事を振られることがありますよね。仕事は常に同じ仕事をやり続けると決まっているわけではなく、事業内容の都合で新しい仕事を振られることは往々にしてあります。

会社に入社したばかりの新人だったら当然新しい仕事ばかりなのでがむしゃらに取り組むより他ないのですが、もう新人の段階を過ぎてしまっていたらどのように取り組むのが最適なのでしょうか。

新人の時同様にがむしゃらに取り組んでもいいのですが、何か気をつけないといけないことや経験を重ねているからこその取り組み方もあるはずです。そこで新しい仕事への取り組み方で心がけたいたことを、これか伝えていきます。

いくら経験を積んでいても、新しい仕事へ取り組む時は初心を忘れない

Little boy with boxing gloves outdoors

社会人として生きていく上で経験は間違いなく武器となりますが、経験しているからこそ慢心してしまうことがあります。もう十分経験を積んでいるのだからちょっと教えてもらえばすぐにできると自らの力を過信すれば、そのせいで普段はしないようなミスをしてしまったりします。

経験を積んでいるとどうしても気を大きくしてしまいがちですが、そんな時は要注意です。新しい仕事に取り組む時は、新人の時のような初心を忘れてはいけません。新人の時は慢心することなく、仕事に対して真摯に取り組んでいたはずです。
仕事が一通り終わったらミスしていないかをきちんとチェックしたり、仕事の質を向上させるにはどうしたらいいのかを考えたり、わからないところがあればすぐ上司に質問したりなど、仕事に対して全力で向き合っていたはずですよね。

たとえ経験を積んでいて仕事のスキルが身についていたりノウハウを習得していたりしても、新しい仕事にそのスキルやノウハウが通用するとは限りません。もしも通用しないのに経験があるからといって慢心していたら、思わぬ失敗をしでかしてしまいかねません。

新しい仕事には新しい仕事のスキルやノウハウを必要とするのが常ですので「大して力を入れなくてもこなせるだろう」と甘く見ていると失敗を招きます。新しい仕事に取り組む時は初心を思い出し、できるかどうか不安を抱えながら仕事に向き合うぐらいがちょうどいい精神状態です。慢心することがないよう注意しましょう。

新しい仕事への適性がないとわかっても落ち込まずにやり通す

新しい仕事を振られらた時に「何で私がこの仕事を」と、頭に疑問符を思い浮かべてしまうことがあります。そして実際仕事に取り組んでみたら本当に向いていない、そう痛感してしまうこともあります。適性がない仕事を振られたらなかなか上手くできなくて落ち込んでしまいますし、配置換えを要望したくもなります。

ですがたとえ新しい仕事への適性がないとはっきりわかっても、そこは辛抱しないといけません。人事はそう簡単に動かせないですし、与えられた仕事は自分に適性がなくてもやらないといけないです。

どうせやり通すなら不貞腐れてイヤイヤ仕事に取り組むのではなく、適性がないなりに頑張ったほうがいいですよね。適性がなければ上達しにくいですし他の人と比べてスムーズにいかないものですが、そこであえてもがいてみると学びにつながる可能性があります。

適性がない新しい仕事を振られたのも何かの縁と割り切り、そこから学び取ろうとするぐらいの貪欲さを見せると自分にとってプラスになります。最後まで不満をこぼさずやり通すことが、その後の飛躍につながるきっかけになるかもしれないですよ。

新しい仕事でできた人間関係を大事にする

Multiethnic diverse group of happy colleagues join hands together. Creative team, casual business coworker, or college students in project meeting at modern office. Startup or teamwork concept

それまでしていた仕事とは違う新しい仕事をすれば、新しい人間関係が生まれるものです。それまでの仕事では関わってこなかった人とつながりができるのは、よっぽど相性が悪くない限りマイナスにはなりません。

時間が刻一刻と流れている以上、人間関係も時間の流れとともに変化していくものです。人間関係が変わったり増えたりすることを、恐れてはいけません。もしかしたら新しい人間関係の中に、社会人として大きく成長できるような素晴らしい出会いがあるかもしれません。

新しい仕事をコツコツと単に一人でやっていくだけなら人間関係は変わらないですが、そうではなくチームの仕事ならその新しい仕事に深く関わった人間関係になりますよね。それを大事にすることが先々にまで好影響を及ぼす可能性は十二分にありますので、新しい仕事でできた人間関係は大事にしたほうがいいです。

新しい仕事への取り組み方を間違えなければ成長できる

Young cheerful businessman watering green growing graph with can

新しい仕事には上手くできるかどうか常に不安がつきまとうものですが、その不安を乗り越えれば成長が待っています。初心を忘れることなく仕事に対して真摯に取り組み、たとえ適性がなくても最後までやり通します。そして新しい仕事で出会った人間関係を大事にすれば、新しい仕事を通して成長することは間違いありません。

新しい仕事はさらなる成長への足がかりになりますので、しっかり地に足着けて取り組んでいきたいですね。

一緒にこんな記事も読まれてます。

Copyright© wakus , 2019 All Rights Reserved.