wakus

3分でわかる!信頼される人が必ずやっている『伝え方』の3つのコツ!

Businessman presenting new project to partners in office
この記事ではプレゼンテーションについてお伝えします。

人前で喋るということに抵抗がある人は多いのではないでしょうか?
しかし、人前で喋る、伝える力はビジネス業界では「一億円のスキル」と言われるくらい重宝されます。
今回はApple社元CEOのスティーブジョブズから、ドイツ政権を獲得し、民衆を動かしたヒトラーも使った強力なスピーチテクニックをあなたのお伝えします。

3つのポイントで、3分ほどで読め、一生の役に立つ話ですので、騙されたと思って読んでみてください。

1.あなたは今から何を言うのか?

thinking woman with question mark on gray wall background「スゴく便利で、吸引力がスゴいんですよ。
ノズルもスマートで、絨毯でもスムーズ。
思ったより音も出なくて、従来のモノより軽いんです!」

どうでしょうか?いきなり本題を話されると、「何を言ってるの?」と、相手の頭の中はこんがらがってしまいます。

これは「新型掃除機」のことを話している場面です。

「新型掃除機についてお話します」と最初に言われていれば、説明文もスムーズに頭に入って来るはずです。

つまり、「今から自分は何を言うのか?」を最初に提示することで、相手の頭の中に「○○さんは今から〜について話すんだな」という準備が完了し、あなたの話を聞くために耳を傾けてくれるようになります。

題名、タイトルのないゲーム、本、お店が無いように、題名があるからこそ、相手の人は興味や関心をあなたに抱いてくれるようになります。

当たり前のようで、意外と多くの人ができていません。

例えば、自分が担当している仕事は、自分の頭の中では「当たり前」になってしまって、話す時に本題から入りがちです。

でも、相手の人は別のことを考えていることが多いので、まずは「自分は今から何を言うのか?」を意識的に相手に伝えてください。

2.敵を探せ!そして強大に見せろ!

これはスティーブジョブズやヒトラーが実際に行なっていたことであり、現在でも売れている企業は必ず取り入れているプレゼンテーションの手法です。

これは「人をけなす」や「誰かを悪く言う」ということではなく、あなたが伝えたいことや、今抱えているタスクについて、何が問題なのか?を「敵」として表現するということです。

例えば、
「作業効率を上げる方法」というテーマでプレゼンするとします。
普通であれば、「頑張る」という根性論の話になりがちです。

しかし、ここで「お昼ご飯あとの2時間は人間の作業能力は○○%下がると言われています。作業効率が最も上昇するのは○○時〜○○時の間と言われていますので、昼休憩の後の作業はなるべく頭を使わなくて良い単純作業にしてしまい、クリエイティブな発想が必要な作業は○○時に行なうべきです」
などと、ここでは「人間の特性」を「敵」として表現しています。

このように探せばいくらでも「敵」を作ることができます。

そして、その「敵」を科学的根拠などを提示して大げさに表現することで相手の人の中でも問題として認識されます。

アニメや漫画でも、敵は強い方が盛り上がりますよね?

ですので、話を聞く人、そしてあなたの共通の「敵」を探し、その敵を強大に表現し、「話を聞く人を自分はその『敵』を倒す仲間だ!」という意識を持ってもらいましょう。

3.締めくくりは「今すぐ何をするべきなのか?」

最後に、締めくくりとして、
「では今すぐ出来ることは何なのか?」を提示することです。

問題を提起できて、倒すべき「敵」も理解できた後は「具体的な解決策」を提示する必要があります。

以外と多くの人が、言いたいことを言って満足してしまいます。

例えば、テレビのコメンテーターや評論家は言いたいことは言いますが、具体的な解決策がない場合が多いです。

評論家として活動するのであれば問題ないのですが、あなたが社内で評論家になると信頼を得るのは難しいでしょう。

なので、ココが信頼される人と、そうでない人の差です。

「問題解決能力」です。
ではどうすれば解決策が提示できるのか?ですが、まずはしっかりと最終目標を確認しておく必要があります。

最終目標は
・売上げを上げること
・件数を増やすこと
・発生したクレームや問題の再発防止
様々な最終目標があります。

その問題に対しての回答なので、シンプルに考え、何を意識するべきなのか?を提示します。

具体的に数値目標を提示し、「○○ヶ月以内に○○にします、そのために○○を行ないます」というとスッキリして相手に伝わりやすいでしょう。

問題は複雑だとしても、解決策は常にシンプルなのです。

伝える力はあなたの人生の価値を上げる

Idea and teamwork concept Vintage bulbs on wall background, copy space for textまとめると

・何を言うのか(問題提起)
・何が問題なのか?(原因究明)
・どうすればいいのか?(解決策)

この流れを無意識で出来るようになれば、あなたは信頼されます。
また、同じように、あなたが「この人の話、聞きやすいな」と思う人を観察してみてください。必ず同じ様に話しているはずです。
というのも、ヒットする映画、ヒットする漫画、ヒットする小説というのは『ストーリー』は違えど、『構成』は今も昔も変わらないのです。

つまり、あなたがこの『構成』を意識すれば人の興味を引き、信頼され、「もっと話して欲しい人」になることができます。

私の文章も同じ構成になっているのに気付きましたか?

では是非参考にしてみてください。


LEAVE A REPLY

*

Return Top