wakus

人間関係を円滑にするコミュニケーション~声の高さと速度と口調

人間関係を円滑にするコミュニケーション

一般的に様々なビジネスシーンで最も重要視されるのが、コミュニケーション能力になります。例えば話術の巧みな方は営業などで大きな成果を収める事ができますし、それ以外にも周りから面白い人や良い人と思われているなら協力を得やすくなると言えます。

なのでコミュニケーション能力は非常に重要視されています。ただ、会話術などを学ぶよりも大切なのは相手に不快感を与えない事だとされています。
普通に話しているつもりでもいつの間にか嫌われていたと言うケースもありますし、相性を抜きに考えても自分の言動で相手に不快感を与えている可能性があります。
社会人として人間関係を円滑にする事は重要になりますし、プライベートでも相手に不快感を与えない事は大きなポイントになります。
なお、一般的に不快感を感じる話し方をする方にはいくつかの特徴があるとされています。なのでその特徴を把握しておく事で、自分が相手に不快感を与えないコミュニケーションを取ることが可能になります。

声の高さ

ab96064cd2c9fa47f25d14d4d41aa91c_s
まずは声の高さですが、声が高すぎると人は不快感を覚えるとされています。
これは特に女性に多く見られるのですが、アニメのキャラクターのようなキンキンした声で話す事は良くないとされています。
高い声で話す事はヒステリックな印象を与えてしまいますし、同性からはぶりっ子していると思われてしまいます。なお元々声が高い方は、落ち着いてゆっくり話す事が良いとされています。

話す速度

d005d00f78a95fae18f9be4a6bc0e039_s
次に早口で話す場合ですが、こちらは威圧感が問題になってきます。自分の意見を早口でまくしたてる事は相手に威圧感を与えてしまいます。
また相手が口をはさむ隙もないほど早口で喋っている時は、相手は怒られているような印象を持ってしまいます。
さらに、根本的に聞き取りづらいと言った問題も発生します。なので可能な限りゆっくりと話す事が重要になります。

口調

4d168a2a2143962c866bd5e1d79fc350_s

次に断定口調が多いことが挙げられます。
例えば○○は○○だ、これはこうに違いないなどの枠にはめて話す方がいらっしゃいます。この場合は例えそれが正論であっても相手は不快感を覚えやすいとされています。
一般的にレッテルを貼ると表現されますが、これは場合によっては差別に繋がる可能性がありますので避けた方が無難だと言えます。
そして上から目線でモノを言う事は絶対に避けるべきだとされています。

基本的にビジネスシーンにおいては、自分と同格か少し上の相手と話をする機会が多くなります。また、例えば営業先の相手に対して居丈高な態度を取る営業マンはいないと言えます。
なので自分が上からモノを言えるケースの方が少なくなります。したがって、基本的には丁寧に相手を尊重した話し方をすることが良いとされています。


LEAVE A REPLY

*

Return Top