wakus

【実録】ZOZOSUITで計測して、ZOZOのオーダーメイドスーツ(2Bスーツ)を注文してみた。

2018年7月3日、こんな記事が飛び込んできました。今年話題になってる身体計測があっという間にできるZOZOスーツを使って、オーダーメイドスーツ(2Bスーツ)を作れるという記事です。

ファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」を運営する株式会社スタートトゥデイ(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長:前澤 友作)は、プライベートブランド 「ZOZO(ゾゾ)」の新商品として、初のフォーマル商品となるメンズの「ビジネススーツ(2Bスーツ)」、「ドレスシャツ」のセットを7月3日(火)18時より販売開始いたします。

ZOZOプレスリリース

オーダーメイドスーツがなんと21,900円。一般的にオーダーメイドスーツは安くても35000円くらいはかかるので、これは試してみようと思いすぐ注文してみました。

というわけで今回は、ゾゾのオーダーメイドスーツとはどういったものなのか、注文方法や流れなどを紹介します。

ZOZOのオーダーメイドスーツとは

ZOZOTOWNで注文することができる完全オーダーメイドスーツです。採寸用ボディースーツZOZOSUIT(ゾゾスーツ)の計測データを使って、自宅にいながらオーダーメイドスーツをネットで注文することができます。わざわざお店に行く必要がないのは楽です。

値段は、上下スーツとシャツのセットで税込24,800円。スーツだけなら21,900円となっています。サイトではお試し価格となっていますが、今後値上げされるかはまだわかりません。

ZOZOのオーダーメイドスーツの特徴としては、『どこよりも安く、自宅でオーダーメイドスーツを注文できる』といったところでしょうか。

ZOZOビジネススーツ(2Bスーツ)は、スーパー110’sのウール生地で、着ていることを忘れるような着心地とのこと。本当かどうかは着てみないとわかりませんが。柄とカラーは7種類の中から選択可能。パンツの裾やポケットの形、ボタンや裏地のカラーなど、細部のカスタムオーダーが可能で、好みのスーツを究極のサイジングで提供するとのことです。サイズなどはミリ単位で調節できるので、自分だけのスーツを作ることができます。

柄・カラーは全部で7種類
無地:ブラック・ダークネイビー・チャコールグレーの3色
ヘリンボーン :ネイビー、ダークネイビー、ライトグレー、チャコールグレーの4色

ウール100%で完全オーダーメイドスーツがシャツもセットで24,800円なら間違いなく安いです。あとは質がどうかですが。それは出来上がってから確かめてみます。

ZOZOのオーダーメイドスーツ注文の流れ

いろいろとカスタムできるということなので、注文の流れを紹介していきます。スマホだけで購入からサイズ調節までできます。

(1)ZOZOTOWN(ゾゾタウン)で2Bスーツを購入
(2)ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)で寸法計測
(3)スーツのデザインとサイズを調節

(1)ZOZOTOWN(ゾゾタウン)でスーツを購入

まずは、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)でビジネススーツを購入しましょう。

ZOZO オーダーメイドスーツ(2Bスーツ)+ドレスシャツセット 24,800円

ZOZO オーダーメイドスーツ(ヘリンボーン ネイビー) 21,900円

スーツは7種類あります。リンク先はヘリンボーンネイビーです。

(2)ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)で全身寸法を計測する

すでにZOZOスーツを持っている人は除いて、今回オーダーメイドスーツを注文するとまずZOZOスーツが家に届きます。

これがZOZOSUIT(ゾゾスーツ)。これを着てスマホで撮影するだけで全身の寸法が測定できます。現在、ゾゾスーツは無料で送料だけ払えば手に入ります。

ドット柄の全身タイツみたいです。この白い丸を認識して計測しているようです。

私はこのZOZOスーツの計測、なかなかうまくいきませんでした。部屋が暗すぎると認識しづらいようで、夜やってみましたが、エラーとなり計測できませんでした。昼間、太陽の光があるほうがよさそうです。部屋のライトが明るければ夜でもできるかもしれませんが、おすすめは昼間です。家族がいる人だと計測している姿はちょっと恥ずかしいかも。

(3)スーツのデザインとサイズをカスタマイズする

計測が終わったら、いよいよスーツのデザインを決めて行きましょう。

『サイズ・デザインを確認する』をクリックすると、下記項目を選択できるようになります。デザイン、サイズともに10項目ずつあり、合計20項目を設定する必要があります。一気に画像で紹介します。

スーツデザイン選択 10項目

  1. 胸ポケット
  2. 腰ポケット
  3. ベント
  4. 裏地
  5. 裏仕立て
  6. ボタン
  7. 両玉縁バックポケット ※有料オプション
  8. 裾口
  9. ウエスト ※有料オプション
  10. ネーム刺繍

 

1.胸ポケット、2.腰ポケット

3.ベント、4.裏地

裏地は、グレー、ネイビー、ライトグレー、チャコールグレー、ブラックの5種類から選べます。

5.裏仕立て、6.ボタン

ボタンの色は、ネイビー、MBブラック、MBダークブラウン、MBグレー、MBブラウンの5種類から選べます。

7.両玉縁バックポケット、8.裾口

フラップ付は+300円です。
裾口のダブル幅は、35~50㎜まで選べます。

9.ウエスト、10.ネーム刺繍

サイドアジャスターは有料オプションで+500円かかるようです。
ネーム刺繍も無料で入れられます。

デザインの項目は以上です。次はサイズ調節です。

サイズ調節 10項目

  1. 胸囲
  2. 肩幅
  3. 袖丈(右)
  4. 袖丈(左)
  5. 着丈
  6. 胴回り
  7. ウェスト
  8. ヒップ
  9. 総丈
  10. 裾口

サイズもかなり細かく調節できます。これだけあると逆に悩んで困ります。。
私は少し細身なスーツにしようと思い、胸囲、胴回り、着丈、ウエスト、ヒップは「‐1㎝」にしてみました。その他は「最適」を選びました。最適というのがどのくらいのものなのか全くわからないので、ここはもうZOZOスーツを信じるしかないです。出来上がったものはまた記事で紹介しますので参考にしてください。サイズ不具合があった場合でも1年以内はお直し交換無料みたいなので安心です。

 

つづいてシャツの注文です。

ZOZOドレスシャツ(カスタムオーダー)の注文

今回、シャツもセットになっているので、シャツのデザインとサイズも決めていきます。ちなみにドレスシャツ単品だと2,900円(税込)で購入できます。

最初に色を選んで、サイズ・デザインを確認します。

シャツデザイン選択 5項目

  1. カフス
  2. ポケット
  3. ネーム刺繍
1.色

シャツの色は全部で14種類あります。(2018年8月時点)

2.襟

3.カフス

4.ポケット

5.ネーム刺繍

スーツと同じく、ネーム刺繍を入れることができますが、シャツは有料(+200円)となっています。

ドレスシャツ サイズ調節 10項目

  1. 首まわり
  2. 肩幅
  3. 胸囲
  4. 袖丈(右)
  5. 袖丈(左)
  6. 袖口(右)
  7. 袖口(左)
  8. 着丈
  9. 裾まわり
  10. 胴回り

シャツのサイズはすべて「最適」にしてみました。これで注文は完了です。

ZOZOまとめ

ZOZOオーダーメイドスーツ(2Bスーツ)単品21,900円 
ドレスシャツセット 24,800円(ZOZOスーツは無料)

ZOZOスーツのおかげで、お店に行かずに家でオーダーメイドスーツを注文することができました。お店に行って寸法を測ってもらうのがめんどくさくて嫌いな人にはぴったりの商品です。といっても出来上がったものを確認してからでないと、まだおすすめはできませんが。。。現在、注文が多いようで発送予定は10月上旬以降となっています。2カ月後くらいです。値段がかなり安いため人気のようです。結果はもう少しお待ちください。

どんな感じに仕上がるのか、本当に自分ぴったりのスーツになるのか、楽しみです。ビジネススーツが届いたら、またここで紹介します。

 

 


LEAVE A REPLY

*

Return Top