体験レビュー

ディズニー映画が月700円で見放題!超お得な動画配信サービス「ディズニーデラックス」を使ってみてわかったこと

投稿日:2020年1月23日 更新日:

 

ディズニー映画が大好きなあなた!ディズニー映画が見放題になる「ディズニーデラックス」というサービスを知ってますか!? ディズニーアニメだけでなく、ピクサーやスター・ウォーズ、マーベルファンもきっと楽しめる動画サービスです。

今回は、ディズニー映画好きの私が3か月間じっくり「ディズニーデラックス」を利用して、わかったことをまとめてご紹介します!

 

1.ディズニーデラックスとは

(1)ディズニーデラックスとは

ディズニーデラックス(英名:Disney DELUXE)はウォルトディズニージャパンによる日本向け動画配信サービスです。月額700円(税抜)で、ディズニー/ピクサー/スターウォーズ/マーベル作品が見放題のサービスで、初回31日間は無料で楽しむことができます。もちろん追加料金などは必要ありません。少しわかりにくいのですが、動画を見るには『DIsney THEATER(ディズニーシアター)』というサービスをアプリもしくはブラウザで介する必要があります。

(2)『Disney+』(ディズニープラス)とディズニーデラックスの違いは?

『Disney+』(ディズニープラス)は、北米・オランダ等で展開しているディズニーの動画配信サービスで、日本ではまだ利用することはできません。

ディズニーデラックスとの大きな違いは、ディズニーオリジナル作品数の差です。

『Disney+』(ディズニープラス)のほうが圧倒的にオリジナル作品が豊富です。今のところ、ディズニーデラックスでは「ザ・マンダロリアン」以外のオリジナル作品の配信は行っていません。(2020年1月時点)

『Disney+』(ディズニープラス)は、アジアでも今後事業展開予定ですが数年は掛かる予定なので、日本での利用はまだ先になるでしょう。もしかすると、日本ではディズニーデラックスを拡大していくのかもしれません。

 

2.ラインナップ紹介

(1)ディズニーアニメが全て観られる

ディズニーデラックスのすごいところは、ディズニーの最初期作品から最新の作品まで全てが揃っていること。世界初の長編アニメーション映画である「白雪姫」から、フルCGの「シュガー・ラッシュ:オンライン」まで全てが見放題です!

「白雪姫」

「リトル・マーメイド」

「アナと雪の女王」

「シュガー・ラッシュ」

 

(2)ピクサーも見放題!質の高い短編アニメも忘れずに

さらに、ピクサー作品も全て見ることができます。

「リメンバー・ミー」

「トイストーリー3」

「インサイド・ヘッド」

 

ピクサー短編集

個人的にとても面白くてデラックスならではだと思うのが、ピクサーの短編作品たち。通常なら短編集をDVDショップでレンタルする必要がありますが、ここでは気になるものを気軽に楽しむことができます。ピクサーの短編集はそれぞれ全く違うテイストで同様に高品質なので安心して見ることができます。2時間も時間が取れないときに、ちょうどいい気分転換になりますよ。

「月と少年」

「アンドレとウォーリーB.の冒険」

「デイ&ナイト」

「ひな鳥の冒険」
めちゃくちゃ可愛くて癒されるとネットで大人気のPiper

 

(3)スター・ウォーズも全部あります!過去エピソード、スピンオフやアニメシリーズまで

またディズニーやピクサーなど子供向けアニメーション映画だけではありません、スター・ウォーズは劇場公開中の最新作を除く全てのエピソードが、スピンオフ作品も含め掲載されています。最新作を見に行く前におさらいしたい方は、レンタルショップで一枚ずつ借りなくても、自宅で過去作品全てを見ることができるので本当におすすめです!

「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」

「スター・ウォーズ」

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

2019年末から配信開始と同時に高評価を得ている話題のテレビドラマシリーズ「マンダロリアン」も見ることができますし、

「マンダロリアン」

ルーカスフィルムアニメーションによる「スター・ウォーズレジスタンス」「スター・ウォーズ反逆者たち」「スター・ウォーズ/フォースオブデスティニー」、LEGOスターウォーズシリーズまで全て網羅されています。

「スター・ウォーズ 反乱者たち」

「LEGO スター・ウォーズ オールスターズ」
 

 

(4)大人気マーベル作品・MCUもいろいろ

スターウォーズほどではありませんが、アイアンマンやマイティソー、キャプテンアメリカやガーディアンズ・オブ・ギャラクシーなどMCUマーベル作品も複数揃っています。

「アベンジャーズ/エンドゲーム」

「キャプテン・マーベル」

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」

またエージェント・カーターやエージェント・オブ・シールドなどMCUスピンオフテレビドラマシリーズを見ることもできます。

「エージェント・オブ・シールド」

「エージェント・カーター」

 

(5)ディズニーはもはや関係ない?子供向けアニメが充実中

私が驚いたのが、「名探偵コナン」や「ドラゴンボール改」「ふたりはプリキュア」「ゲゲゲの鬼太郎」などディズニーと関係なさそうな日本のテレビアニメシリーズが増えてきていることです。こういった作品のほとんどが人気急上昇中のシリーズとして選択されていたのでユーザー間での需要は高い模様です。少し古めの作品が多いので、箸休め的に懐かしい日本アニメを見るのもいいかもしれません。

「名探偵コナン」

「ドラゴンボール改」

「ふたりはプリキュア マックスハート」

 

(6)アニメだけじゃない!実写映画もいろいろ

更にアニメ映画やシリーズ物だけでなく普通の映画も見たい方のために、実写映画もかなり種類が揃っています。エマ・ワトソン主演で好評を博した「美女と野獣」や、アンジェリーナジョリー主演で話題になった「マレフィセント」など実写版ディズニーはもちろん、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズや「アリス・イン・ワンダーランド」、「リアルスティール」、他にも知名度は低いが質の良い一昔の掘り出しもの的な映画も多数揃っています。

「美女と野獣」

「マレフィセント」

「パイレーツ・オブ・カリビアン」

私が昔好きだった人魚と人間のラブコメ映画。

「スプラッシュ」

3.おすすめディズニー動画5選!

ここでは、3か月でディズニー作品をほぼすべて制覇した私が個人的におすすめするディズニー映画を5本紹介します。あまりメジャーでないものもありますが、どれも個性的で楽しめますよ。

1.シュガーラッシュ

映画館では字幕版がなく、仕方なく吹き替え版を観に行きましたが…この作品は吹き替え版で観るべき!と思ったくらい声優さんが良い仕事をしています。

特に、諸星すみれさん演じる主人公ヴァネロペが、最高にかわいい!憧れのカーレースに出場しようと一生懸命がんばる姿に、思わず涙が出るくらい感動と元気をもらえます。もう一人の主人公である悪役ラルフは、逆に人生に疲れた大人の代表。彼がまたとっても味があっていいんですよね。脚本もしっかりと練られているので、映画好きの方も楽しめると思います。元気をもらいつつ、うるっと感動したい方におすすめです!

 

2.ヘラクレス

ギリシャ神話で有名なヘラクレスが主人公の物語。子供時代にとても好きだった映画ですが、大人になって改めて観ても、やはり面白いなぁと思える映画です。

あまりメジャーではないですが、90年代ディズニー黄金期の作品だけあって安定した面白さ、そして意外とシリアスで手に汗握るようなシーンもある充実した作品です。アラジンが好きな方は絶対楽しめるはず。ディズニーには珍しい年上のヒロインのメグがとっても色っぽいんですが、けなげなところがあっていいんですよね…。キャラクターもとても魅力的な作品です。

 

3.リメンバーミー

メキシコのお盆である、死者の日をモチーフに作られた映画。主人公の少年が死者の世界に行ってしまう物語ですが、その世界は白黒ではなく、とってもカラフルで圧倒的な美しさです。

いつかはなくなる命、大切な家族や自分を愛してくれた祖父母のこと。受け継いでいくということ。色んなことを考えさせてくれる映画です。私は自分の祖母のことが大好きなので、めちゃくちゃ泣きました。すごく切なく心が温かくなる映画です。物語だけでなく、楽曲もとても良いので音楽が好きな方にもおすすめです。

 

4.眠れる森の美女

ディズニープリンセスとして有名なオーロラ姫ですが、実際映画を観た方はどのくらいいるでしょうか?

私はディズニーデラックスに入って初めて観ましたが、思ってた以上に面白くてお気に入りの作品になりました。作品で主に活躍するのは、王子様と3人の妖精たち。この妖精たちはオーロラ姫を育てるのですが、彼女たちがそれぞれ個性があってとても愉快なんです。

この作品はディズニー映画史上最も贅沢で豪華な長編アニメ映画とされ、6年と600万ドルの費用をかけて作られました。ディズニーの第一次黄金期最後の作品なので、アニメーションの技術も素晴らしく、その豪華さには目を見張ります。60年以上前の作品ですが、全く古さを感じさせない作品ですので、一度観ていただきたいです。

 

5.101匹わんちゃん

昔は何度もテレビで放送されていたので、ご存じの方も多いかもしれません。私も久しぶりに観てみたんですが、実はかわいいだけでなく、すごくお洒落な作品でした。

まず他のディズニー作品とは大きく違い、ポスターや挿絵が動いているようなシンプルで大胆な作風です。色の配色も場面ごとに統一感があり、上品な美しさがあります。舞台はイギリスなので、ロンドンの街並みやイギリス英語も楽しむことができます。主人公はわんちゃんなので、様々な犬種の子たちが出てきて、犬好きにはたまらない作品になっています。

この作品を見る前に、是非「わんわん物語」を観ておいてほしいです!ディズニーのちょっとした仕掛けがあって、一層楽しめますよ。

 

4.ディズニーデラックスの特徴・使い方

(1)様々なデバイスで利用可能

ディズニーデラックスは、テレビ、スマホ、タブレット、PCで視聴することができます。テレビ視聴の際はFire TVやApple TVなどの環境が整っていることをご確認ください。

ディズニーデラックス公式HP

(2)1アカウントで最大4台まで同時視聴可能

ディズニーデラックスは、最大5台までの登録が可能で、同時視聴に関しても4台までOKです。1アカウント月700円払えば、家族5人が利用できて同時に4人まで楽しめるなんてすごいですよね!NetflixやHuluと比べても同時視聴可能数は断トツです。 

(3)画質選択は3段階・英語字幕にも対応

通信速度に応じて自動選択、3段階に選択も可能

動画を再生する時の通信速度に応じて適切な画質が自動選択されますが、ストリーミング再生なら画質設定をすることも可能です。(※iOSやAndroidの場合)画質は3段階から選べます。

最高画質 (通信量の目安: 1.8~3.6 GB / 1時間)
高画質 (通信量の目安: 0.9~1.8 GB / 1時間)
標準画質 (通信量の目安: 0.6 GB / 1時間)

また、Wi-Fi接続時のみに動画再生を制限することもできます。通信量は気になるところなので親切な機能ですね。

日米音声・日米字幕変更にも対応、切り替えがスムーズなのが◎

音声言語は日本語のほか英語があり、更に日本語字幕や英語字幕も選択することができます。(※映画以外は作品により異なる)

動画再生時に右下のボタンをクリックすると、再生しながら音声や字幕の変更が可能です。音声毎にページが分かれているHuluに比べるととても楽ですし、切り替えた瞬間も動画にほとんど影響が出ないので、スムーズでとても良いですね!

 

5.使ってみて感じたよかった点・悪い点

よかった点

ディズニーデラックスを3か月使ってみましたが、よかった点はたくさんあります!これだけいいところがあって、月額700円なら文句なしです。一言でいうと、コストパフォーマンスが高い!自信をもっておすすめできます。

・作品の数が膨大!

入る前は、たった月700円だから作品数も少ないだろうと踏んでいましたが、実際は驚くほどの作品数と充実具合でした。大人気のディズニーアニメ映画も全て揃っているので、本当に全てが見放題で、追加されるのを待つ必要がなくストレスフリーです。これをこの低価格で実現できるのは、さすがディズニーだなと感じます。

・画質が安定している

Netflixは土日など利用者が多い時に画質が低下することがよくありますが、ディズニーデラックスはわりといつでも安定して高画質で楽しむことができます。突然低画質になって集中力を削がれることもないので、とても良いです。

・音声字幕がスムーズに切り替えできる

切り替えがスムーズなので、気軽に自由に音声や字幕を変更できます。私は英語学習者なのでこの辺りは地味にすごく助かります。DVDやHuluの場合はメイン画面まで戻って変更しないといけないので、これはストリーミングサービスならではの良さですね。

・古い作品も超高画質で観れる

これはDVDで観た「ムーラン」(98年公開)をディズニーデラックスで観たときにとても驚いたところです。さすがHD、画質が圧倒的に良いです。DVDでディズニー映画を見慣れている方は、本当はこんなに壮大で美しい映像だったのか!と目から鱗が落ちること間違いなしだと思います。白雪姫やピノキオ、シンデレラなど信じられないほど高画質で観れるので、強くおすすめします!

下の画像はDVDとHDの画質を比べたものです。この画像だとわかりにくいかもしれませんが、HDの画質はとてもきれいです。

【DVD画像】

【HD画像】

 

・好きな作品のその後や制作秘話の物語を知れる

有名な作品の続編も揃っているのはもちろん、作品によっては製作の裏側に迫ったドキュメンタリー映画まで観ることができます。これはレンタルDVD化されてないものばかりなのでかなりレアだと思います!

「アナと雪の女王」

「ピクサー・ストーリー スタジオの軌跡」

「スターウォーズから最新作までILMの魔法の裏側」

 

・ディズニーランドがもっと楽しくなる

ディズニーランドやディズニーシーには行くけど、自分の今乗ってるアトラクションの映画、実は観たことはない…とか、このキャラよく見かけるけど何なのかはよくわからない…という方は多くないでしょうか。私がまさにそれで、色々わからない状態でランドに行っていました。ですがディズニーデラックスでメジャーな映画を楽しんだ後は、もう大丈夫。園内に散りばめられた色んなキャラや工夫に気が付くことができ、これはあの映画のこのキャラだ!とわかったりして、ディズニーがますます好きになること請け合いです。実際ある程度色々観終わると、ディズニーランドに行きたい熱がすごく上がったので、ランドやシーに行く前にテンションを上げるのにぴったりです。

・最新のディズニー映画も早めに観られる

2019年公開の「メリー・ポピンズ リターンズ」「ダンボ」もラインナップに登場しています。レンタルショップだとまだ準新作扱いになるような新しい作品も、それほど待たず追加料金も払わず観られるのでとても良心的ですね。

「ダンボ」

「メリー・ポピンズ リターンズ」

悪い点(あえて言うなら…)

・音声変更できるが映像は日本語verのままである

これは気になる方は気になるかもしれません。一般的にディズニーアニメは日本語吹き替えの場合、作中に出てくる文字なども丁寧に日本語に直されています。このディズニーデラックスでは日本語版の映像のみが視聴できる仕様らしく、英語吹き替えの場合も映像は日本語バージョンになっています。

・マーベル作品の充実度がもうひとつ!

ディズニー、ピクサー、スターウォーズの充実したラインナップに比べると、マーベル作品はちょっと数が少ないです。ある程度、MCU作品は揃っていますが、正直抜けているところもあります。(アイアンマン2はあるのに、1がない。。)

ただ、キャプテン・マーベルやエンドゲームなど最新作も順次追加されているので今後に期待したいところです。

・月額料金は日割り計算ができない

NetflixやHuluなどの動画サービスと違い、ディズニーデラックスは月額料金の日割り計算ができません。お得に利用するためには、月初めに入会する必要があるので要注意です。

とはいえ、3か月利用してもデメリットはこのくらいなので、かなり良いサービスなのではないでしょうか。

 

6.加入の流れ

ディズニーデラックスを利用するにはNTTドコモが提供している「dアカウント」とディズニーが提供している「ディズニーアカウント」の登録が必要になります。

ディズニーデラックス入会ページ

イメージが掴みやすいよう、一連の流れをより詳しくご説明します。

~手続きの流れを簡単に説明(dアカウントとディズニーアカウントを新規登録する場合)~

1.ディズニーデラックス公式サイトを開き、「入会はこちら」をクリックする。

 

2.「dアカウントをお持ちでない方」の下にある「ドコモのケータイ回線をお持ちのお客さま」「ドコモのケータイ回線をお持ちでないお客さま」のどちらか該当するものをクリックする。

 

3.「空メール送信で発行する」をクリックする。 ※Yahooやfacebook等と連携可能

 

4.お客様情報を入力して「確認画面へ」をクリックする。

 

5.「申し込みを完了する」をクリックする。

 

6.「次へ」をクリックする。

 

7.「ディズニーアカウントを新規登録する」をクリックする。

 

8.必要項目を入力し、「ディズニーアカウントを新規登録」をクリックする。

 

9.App StoreかGoogle Playから『DIsney THEATER(ディズニーシアター)』のアプリをダウンロードする。(ブラウザの場合は公式サイトで観れる)

ディズニーデラックス入会方法動画ページ

 

7.まとめ

いかがでしたでしょうか。ディズニーデラックスを3か月間利用してみて、HuluやNetflixと比べても低価格なのに、内容としては引けを取らない充実した動画サービスだと感じています。他にもストリーミングサービスは色々ありますが、ディズニー作品の取り扱いはほとんどないので、内容が被らないのも良いところだと思います。少しでも気になっている方は、初回31日間は全て無料で楽しめるので、まず試してみることをお勧めします!

 

ディズニーデラックスはこちらから!

一緒にこんな記事も読まれてます。

Copyright© wakus , 2020 All Rights Reserved.