コミュニケーション ビジネススキル ビジネスマナー 新入社員向け

お客様の信頼を得るために必要な5つのこととは?

投稿日:2018年12月16日 更新日:

ビジネスにおいて、お客様からの信頼を得ることは最も大切です。
なので、どのようにすればお客様から信頼を得ることが出来るのかを紹介していきます。

すでにお客様と関わる仕事に就いている方、新卒などこれから営業やセールスの職種に就きたい方、転職をしたい方など、お役立てください。

誠実で明るく振る舞う

お客様から信頼を得るには、お客様と直接接した時には誠実で明るい表情で接することが大切です。常に明るい表情で話すことで、相手と親近感を持つことができ、相手からも信頼できそうな感じに見えます。しかし、人は毎日体調がいいとは限りません。日によってバイオリズムが変わってしまい、いつもの状態ではないこともあります。ですが、それでもお客様の前では明るく振る舞うことで、高く評価してくださいます。

職場でも特に新人は上司から叱られることも多いですので、そのまま接客をすると、相手に対して心配をかけてしまうことになりかねません。そしてもう1つ、明るく振る舞うことに加えて誠実な感じをプラスすることができれば、相手にはとても真面目な印象を与えることができます。

また、服装などの身だしなみもきちんとしておく必要があります。女性は化粧をする習慣もありますので、鏡を持ち歩いている方も多いでしょう。空き時間やお手洗いに入った際に自分の顔をチェックして化粧を直すことで、相手に対して素敵な笑顔で振る舞うことができるようになります。

機密情報を守る

お客様からいただいた個人情報を会社以外で使用してしまうと、当然ですがお客様からの信頼はなくなってしまいます。なので、お客様の情報はしっかりと管理しておく必要があります。特に誰かと話をすることが好きな人は、電車や喫茶店など会社の外での会話は気を付けなければいけません。

自社で顧客データを管理をしている場合は、顧客の情報として名前や電話番号など記憶して、外に持ち出すのも禁止なのです。

約束を守る

Red thread extending from the index finger of the right hand信頼を築くうえでは、約束を守ることも大切なことなのです。取引先などとの待ち合わせの日時を間違ってしまうと、あたりまえのことですが、先方に迷惑をかけてしまいます。

その結果「時間にルーズな会社」というレッテルが貼られてしまい、最悪の場合、取引を解除されてしまうこともありえます。

お客様との話し方に注意する

Client at shop paying at cash register with saleswoman社会人らしい話し方を覚えることも、信頼をもらう方法です。いつまでも学生時代と同じような言葉遣いでは、お客様に対しての説得力もなく軽く見られてしまい、なかなか契約に結び付かないこともあります。

信頼を得るためには、敬語やビジネス上の言葉遣いもきちんと使いこなせるようになっておきましょう。

相手に対するフォローを忘れずに

お客様に商品を購入いただいて終わりではなく、その後のお客様へのフォローも重要なポイントです。商品を購入したお客様に対し、その後商品をうまく使えているかどうか、使いにくい部分はないかなど、細かいフォローをすることもお客様から信頼を得るための方法です。

社会に出れば、どんな仕事であろうと人間関係はついてきます。コミュニケーションは取れただけでは不足しているので、その点を踏まえて行動をしなければいけません。

お客様から信頼を得るポイントを考慮して

Smile of the woman are looking at here place your hand on the chestお客様とうまくコミュニケーションを取るには、まず自分自身がお客様から好感を持たれるような接し方をしなければいけません。特に初めて会う方の場合、見た目の第一印象で人格を判断されかねません。
また話し方も大事なポイントです。敬語を使うのはもちろん、ちゃんとした言葉遣いで社会人らしくしっかりとした口調で話すことを心掛けることです。

ビジネスシーンでは、1人1人の態度がお客様への信用につながっています。
もし何か失敗をしてお客様からの信頼を損ないかねない事態になったときには、早急な対応と誠心誠意を込めた謝罪、そしてアフターフォローまでしっかりと行うとともに、自分自身でも失敗を受けとめて反省点を言えるようにしておけば、相手にも伝わり、万が一の事態は避けられるかもしれません。

一緒にこんな記事も読まれてます。

Copyright© wakus , 2019 All Rights Reserved.