wakus

店長として働くなら必ず知っておきたい必要なスキルとは?

店長として働くのにはさまざまなスキルが必要

店長として働きたい、と考えている方は少なくありません。店長という仕事は、店の責任者であると同時に、すべての人を動かし、教育するといった、管理職のような仕事でもあります。このため、大変重要なポストであり、責任も重くなります。このため、店長として働くためには、さまざまなスキルが必要とされています。そこで、店長となるにあたって、必用なスキルにおいてご紹介します。

マネジメント力が必要

5bc7a45e18d8372fa36a8c65ad4ff399_s店長として働くためには、マネジメント力が必要となります。マネジメントとは、店舗全体をより良くしていくための努力をすることができるということだったり、またはコストの削減などを行うことができたりなど、店の売り上げを伸ばしていくことができるのか、ということなどが大切です。
店長として働く場合、お店全体の売り上げなどに関して常に考えなければいけないですし、赤字があれば、それを改善するなど、努力をしなければなりません。このため、お店をきちんとマネジメントすることができる人ではないと務まらないのです。きちんと売り上げ管理をすることができ、目標を立てることが必要とされています。

人を育てるスキルが必要

da3677d9cd418264aaaa2e7f0d50b1c9_sまた、店長には人を育てるスキルが必要であるといえるでしょう。

お店というのは、人材の力で成り立っているものであり、優秀な人材がいなければ、お店はたちまち、立ち行かなくなってしまいます。このため、人をしっかりと育てることが店長の仕事であり、とても重要なことであるといえるでしょう。また、面接で良い人材を引き抜くのも店長の役目となっています。良い社員、店員がたくさんいればそのお店は、活気にあふれますし、評判も良くなるはずです。
反対に、覇気のない店員ばかりが揃っていると、評判も悪くなってしまいます。このため、しっかりとした社員教育が必要となります。店長のスキルの中でも、人材育成スキルは非常に重要であるといえるでしょう。

クレーム処理、接客能力があるかどうか

dc5b9d282628f52c11105872c5191aed_sまた、店長のスキルとして、クレーム処理、接客能力があるかどうか、ということは非常に重要であるといえるでしょう。お客様からクレームが来た場合、これらを的確に処理する能力が必要です。また、最近では、クレームといってもさまざまなものがあり、難癖をつけてくるお客様などもたくさんいます。
こういったクレームにも、一つ一つ真摯に応対をすることが必要となります。また、自分が起こしたミスではなく、部下が起こしたミスにより、クレームが発生することもあります。このため、店長は他人のしりぬぐいをしなければならない場面もたくさんあるといえるでしょう。
このため、店長はクレーム処理がしっかりとこなせるかどうか、ということも大切な問題です。自分のことしか考えられないような方や、プライドが高く、クレームを処理することが躊躇われるという場合には、店長の仕事は向いていないといえるでしょう。


LEAVE A REPLY

*

Return Top