wakus

広報担当者がこっそり教えるTwitterの賢い使い方とは?

Twitterは代表的なSNSの一つです。非常に多くの人がTwitterを利用していて、その影響力は巨大なものがあります。

そして、Twitterを利用して自社の広告宣伝活動に利用している企業も実に多く、広報担当者はTwitterの有効な使い方をマスターすることで、自社の売上に大きく貢献していくこともできますが、そのためには、Twitterの持つ特性を十分に理解しそれを活かしていく使い方が必要です。

Twitterの特徴や可能性を把握し、それを最大限にビジネスに利用する方法について考えていきましょう。

Twitterの投稿は大きな拡散が期待できる

Young businessman with megaphone flying high in skyTwitterは匿名や通称での利用も多いため参加するための敷居も低く、様々な人が利用しています。中でも、比較的若い人たちの参加が多いのもツイッターの特徴であり、言うまでもなく若い世代にアプローチすることも企業の広報活動にとって重要でしょう。

Twitterの大きな特性は、その拡散性にあります。

リツイートと呼ばれる機能を使って、自分の投稿が多くの人に拡散される可能性を秘めています。
投稿をすればそのアカウントのフォロワーの目に触れることになりますが、投稿内容によってはフォロワーがリツイートをしてくれる期待が持てます。企業の投稿が多くの人にリツイートされれば、またそれが新たな拡散を引き起こし、一つの投稿が非常に大きな宣伝効果をもたらす可能性さえ秘めています。

特にこれが活かされるのが「キャンペーン告知」です。

興味深い投稿でなければリツイートされる数も少ないですが、キャンペーンという利用者にとってメリットのある告知であれば、それに興味を持ってリツイートもしてくれる可能性があります。
Twitter参加者は情報を共有することについて意識の高い人が多く参加しているので、自分にとってメリットのあることは、自分のフォロワーにとってもメリットのあることだと考え、それをリツイートする人も多いのです。

そのため、リツイートを意識した投稿が大切なのです。

Twitterのリアルタイム性を意識した活用

young business woman corporate executive relaxing sitting on a chair in the open air outdoorsTwitterがキャンペーン告知に向いているのは、リアルタイム性に優れていることも要因です。
リアルタイムに起こる出来事を投稿している人は、Twitter上に多数存在します。また、リアルタイムな出来事を知りたい人がTwitterを利用していることも多いです。

このようなリアルタイム性は、一定の時期に集中して人の注目を集めるキャンペーンには相性が合っています。期限のある緊急のキャンペーンであれば、さらに拡散速度は早まる可能性があります。

そこにさらにリツイートを促す施策として、キャンペーン参加の条件を投稿のリツイートが必須というような形にすれば、非常に多くのリツイートが期待できますし、フォロワーを増やしていく施策として、自社アカウントのフォローを条件にすることもできます。

フォロワーを増やしていくことはさらなる拡散につながるため、相乗効果によってより大きな宣伝活動に発展していく可能性もあるので、積極的に取り組みたいところです。

そのためには、キャンペーン告知だけでなく日常の投稿の内容も工夫する必要があります。ありきたりのものではなく、その企業の独自性を表現できる文面を考えることも広報担当者にとって意識しておきたいことです。

Twitterの投稿内容を多くの人に見てもらう工夫も大事

ideaTwitterの投稿内容を多くの人に読んでもらうためには、まずどのようにすれば人目に触れるかを考える必要があります。

Twitterは短文の投稿であるため、一つの投稿で伝えられる情報は限られています。逆にそれが、Twitterの簡単さや読みやすさにつながり、多くの人が利用している要因の一つになっています。

短い文面の中で端的に情報を伝える意識が大切です。

またTwitterでは投稿に画像や動画を挿入することもできるため、そういったことも最大限に利用していくといいでしょう。
画像はダイレクトな印象を視覚に伝えることができるため、多くの企業はインパクトのある画像を広告に利用しています。また、動画による宣伝も、文章だけでは伝わらない多くのイメージを見た人にもたらすことができます。

例えば、飲食店であれば、食欲のそそる食材の画像は大きなインパクトのあるものですし、食べているシーンの動画があれば、自分が食べているイメージを持ちやすくなります。

画像や動画の利用は、一つの投稿でも大きなインパクトを残すことができ、そしてそれがまた拡散にもつながっていきます。

投稿に独自性を出してアピール

Picture showing the leader with an arrow on the blackboardTwitterは企業の広報活動として無限の可能性を秘めたものです。

しかも無料で利用することができます。

現在はSNSの影響力が非常に大きなものになっていて、多くの企業がSNSを使った情報発信をしているため、自社が埋もれないようにする独自性も求められてきます。

そのためには、投稿にプライベート感を出すことも大切な点です。広報活動という印象を少なくし、プライベートな投稿やユニークな投稿を織り交ぜることで、読む人に親近感を与えることができ、自社に対しても好印象を持ってもらえるので、企業イメージアップや商品販売にもつながっていくのです。


LEAVE A REPLY

*

Return Top