wakus

仕事がつまらなくてどうしようもないときに読むべき本。

これから社会人になる方、社会人になって1年目の方、
仕事がつまらないと感じている方に是非読んで欲しい本を紹介します。

 

福島正伸さんのどんな仕事も楽しくなる3つの物語 です。

 


つまらないしごとはありません。

仕事をつまらなくする考え方があるだけです。

意味のない仕事はありません。

意味のない仕事にしてしまう考え方があるだけです。

 

どんな仕事も楽しくなる3つの物語 /福島正伸より

 

今、仕事が面白いと感じられない人、面白くない人、
是非一度読んでみてください。

きっと仕事との向き合い方が変わります。  

 

「自分の仕事が多くの人に喜びや感動を与えることができる」

そのことに気づくかどうか。
そこが大事です。    

仕事って、意味を見出した瞬間から楽しくなります。
言われたことをただやり続けていると、
いつか限界がきて、モチベーションは下がってしまいます。

面白くない仕事ってやっぱりあるんです。
でもそれは考え方一つでいくらでも変わります。

 

どんなに単調でつらい仕事でも、
その仕事を続けているとそのうち後輩が出来ます。

だから一生懸命やっておかないと、その後輩に指導できません。
どうやって手を抜くかを教える先輩にはなりたくないですし。

尊敬される上司になるために、手を抜くことではなく、
面白くない仕事がどれだけやりがいのある仕事になるのかを 教えてあげましょう。  

 

仕事への「やる気」がなくなってしまっている方、

是非、読んでみてください。

 


LEAVE A REPLY

*

Return Top