wakus

【学生必見】電話応対のスキルはコールセンターで身に付ける!

ビジネススキルを身に付けたいと思ったとき、まず初めに浮かぶのはエクセル、ワード等のパソコンスキルの方が多いのではないでしょうか。

現代社会でパソコンスキルは間違いなく必要ですし、なくてはならない知識です。実際に学校教育の中でも積極的に取り入れられているので、全く触れたことがないという人は少ないでしょう。

しかし社会に出ると、学校では教えられないスキルも必要になってきます。そのうちの1つが電話応対のスキルです。誰も教えてくれないけれど必ず仕事で役立ち、周りとも差をつけられる電話応対のスキルを、アルバイトで稼ぎながら身に付ける方法を紹介していきます。

なぜ電話応対スキルが必要なのか

Handsome mature businessman is talking on the mobile phone and smiling while working in office別に電話応対の仕事がしたいわけではないし、そんな仕事にも就く気がないと考える人にとっては、あえて電話応対スキルを身に着けるということには抵抗があるかもしれません。

しかし、電話応対に特化した仕事でなくても、電話を1本もする機会がないという仕事を探すほうが難しいというのが現実です。パソコンスキルと同じくらい活用する機会があるにも関わらず、このビジネススキルを入社前から身に付けているという人は非常に少ないです。

ですが、社内であっても社外であっても、顔が見えない場で好印象をもたらすことはとても大切ですし、入社してまず初めに電話番の仕事を与えられるというのは珍しい話ではありません。そうなると、自信の第一印象を決定することさえあるのです。

学校で教えられない分、面接でアピールして他の学生とは違うという印象を持ってもらったり、入社時から同期と差をつけて注目を浴びるのも悪くないですよね。

学生限定!電話応対スキルを身に付ける方法!

パソコンスキルを身に付けようとするのであれば、パソコン教室に通ってみたり、資格試験を受けてみたりと基本的にはお金がかかってしまいます。しかし学生時代であれば、コールセンターでアルバイトをすることで電話応対のスキルを身に付けることもできます。お金をもらいながらビジネススキルを身に付けることができるという、まさに一石二鳥です。

居酒屋での予約受付や、事務職としての電話受付のアルバイトでも、お客様と電話で話をする機会はもちろんありますが、頻度はそこまで高くありません。また、お客様としても電話応対スキルをそこまで求めている場面でもありませんし、多少敬語が使えていないとしても不愉快な気持ちにさせてしまうことは少ないです。

ですがコールセンターでのアルバイトでは、間違いなく電話応対そのものが仕事の内容なので、スキルに自信をつけることができるはずです。

コールセンターでのアルバイトが本当に有効なのか

コールセンターでのアルバイトをお勧めする3つの理由をあげます。

まず1つ目は、短期での募集も多いということです。時間に余裕がある人は夏休みだけ掛け持ちで始めてみることもできます。

そして2つ目は、研修が必ずあるということです。本来お金を出して学ぶべきビジネススキルですが、お金をもらいながら研修を受けることができます。アルバイトと言っても、お客様にとっての企業イメージを落とされては困るので企業側も慎重です。

最後の3つ目は大量採用をしているということです。つまりは、受けてみると落ちることはあまりありません。何か始めてみたいという人にとっては抵抗なく始めることのできるアルバイトではないでしょうか。

コールセンターに就職したいとは思っていない、営業としてお客様と面と向かって話ができないと意味がないと思うと、コールセンターでのアルバイトを始めるという決断は難しいと思います。必要であることは理解できても、居酒屋でのアルバイトのほうが同世代も多く楽しそうで、大学生活が充実する気がなんとなくしてきます。

しかし、その一歩先の就職に優位になるという視点で考えられれば、コールセンターで働く意義も大きいと感じられるのではないでしょうか。

自信を持って入社すれば、すぐに活躍できる

コールセンターで働いてみるという経験は学びが多く、必ず社会で役に立つでしょう。何かひとつ人とは違ったビジネススキルを身に付けておくだけで自信につながります。

是非なにか1つでも武器を持って入社してください。それはきっと、実際に仕事を始めてからも大きな自信になっているでしょう。


LEAVE A REPLY

*

Return Top