wakus

職場での円滑なコミュニケーションにも!誰にでも使える営業のマナーやスキルってあるの?

営業職の人たちが使っているビジネスのマナーやスキルは、営業職以外の職種でも、働いている人なら覚えておいて決して無駄にならないものが沢山あります。なぜなら、営業の仕事はコミュニケーションを主体としているからです。ビジネスは、突き詰めれば人と人とのつながりが軸になっています。

つまり、営業職のビジネスに関するマナーやスキルを知っておけば、営業の仕事はもちろん、他の職種全般に活かすことができます。

そこで、営業のビジネスマナーやスキルについて基本的なことを中心に紹介していきましょう。

営業の基本は第一印象を良くすること

営業職に限らずビジネスマナーとしてまず絶対に外せないのが、相手に与える第一印象を良くすることです。もしも第一印象があまり良くない人から営業されても、まともに聞く耳を持ってもらえませんよね。

そして、この第一印象を決定付けるのが見た目です。人の見た目はいろいろな要素に左右されますが、中でも清潔感は最も重要です。髪が乱れていたり、ヒゲを剃っていなかったり、目やにがついていたりなどは清潔感に欠けますので特に気をつけましょう。

また、相手が女性の場合は爪を見られることもありますので、爪は常に切っておくようにしないといけないです。さらに、相手に接するときの第一声や表情も意識しないといけません。第一声はハリのあるはっきりとした声が望ましく、少し高めで元気良く発するのが理想的です。そのとき、無理に笑っていると思わせない程度の笑顔でいることも心がけて下さい。

そうして体全体の清潔感と第一声を発した瞬間が、あなたの第一印象を決定付けます。その第一印象が良ければ相手は話を前向きに聞こうとしますし、全体的に好印象を持ってもらいやすくなります。

また電話応対の際には、声のトーンと明瞭さがすべてです。特に夕方頃になるとどうしても声に疲れがにじんでしまいがちですが、相手に顔が見えないので、それは上手に悟らせないようにしなければいけません。大変ですが声の第一印象も意識しないといけないと心によく刻んでおきましょう。

このことは営業職以外の職種の人でも、社内や取引先などのビジネスシーンではもちろん、プライベートにおいても生かせることです。特に初めて接する人には、第一印象をできるだけ良くできるように心がけることが大切です。もし初対面で良い印象を持ってもらえなければ、その印象を挽回するのにはとても苦労するからです。

営業トークの駆け引きは、プレゼンや交渉の場面でも使える!

Tug war, two businessman pulling a rope in opposite directions over sky background with copy space

営業職のビジネススキルの1つに、相手との商談や交渉が要求されるというものがあります。営業やセールスにおいては、「マジメに営業をかけていれば契約につながる」というものではないので、相手との駆け引きをしながらセールスをしていくことが重要になってくるのです。

そして、その駆け引きのポイントは「相手の不安要素を打ち消す」ことです。人は損失回避性の考え方を持っているため、得することよりも損を回避することを優先しがちです。つまり、不安要素があればそれを回避しない限り、何かしらの選択や決断をすることができません。

つまり、セールスを進めていく中で相手が何か不安に感じる要素があれば、契約には繋がらないのです。なので、いろいろな角度から相手が不安に感じていることを聞き出し、それを解消していくように会話していくのが営業職のスキルです。
その際に注意しなければいけないのが、相手の言い訳や逃げ場を断ち切っていくような質問は、逆に相手を追い詰めるような形になってしまい契約に結びつきにくくなります。

とはいえ、商談や交渉は相手の状況や判断に左右される部分も大いにあります。それも含めて駆け引きとして捉えたうえでしっかりと見極めて、相手の不安要素を取り除くことが営業職のスキルで成果をあげるためのプロセスだと言えます。(損失回避の人間心理については、こちらの記事も参考にしてください。)

これについては、営業職以外の職種の人でもプレゼンテーションや交渉をする機会はあると思います。その際には損失回避性のことを意識して進めると、比較的上手く進めることができ、相手からの同意も得られやすくなります。

共感を意識するトークでコミュニケーション力UPも!

Two friends in casual wear standing and laughing together. Best friends enjoying isolated over grey background. Two men having fun isolated over grey wall with copy space.

どんなにすごい営業のスキルを持った人でも、商品に興味がない人に対していきなりセールスをすることは難しいものです。そこでよく使われているセールスのスキルが、「相手が現状で抱えている困りごとや不満に思っていることに対して、商品やサービスに絡めて提案をしていく」というものです。

このとき、特に意識したいのは「共感」です。質問などをして、相手に困りごとや不満を話してもらっているのですから、その言葉を否定したり反論したりしたら相手が不快になることは当たり前ですよね。反対にとにかく共感していることを示せば、それだけで親近感を持ってもらえるでしょう。

この「共感」は営業のビジネススキルとしてだけでなく、仕事をするうえで必要なコミュニケーション全般に使えるスキルでもあるので、常日頃から忘れないように意識しておきましょう。

営業のビジネススキルを駆使して、相手の心を掴もう!

Business team with arms raised and smiling

ここまでに紹介した営業のビジネスマナーやスキルを使えば、相手とのコミュニケーションもスムーズに取りやすくなるでしょう。営業職の人たちは生まれつきコミュニケーション能力が高いと思われがちですが、実際には後から身に付けることができるスキルも多いのです。

どんな仕事をしていても、人と人とのコミュニケーションは欠かせないものなので、円滑な人間関係を作っていくためにも営業のマナーやスキルを取り入れてみてはいかがでしょうか?


LEAVE A REPLY

*

Return Top