wakus

【Excel】複数の条件に合ったセルの合計を出したい!~エクセル関数「SUMIFS」(サムイフエス)~

複数の条件に合ったセルの合計を出したい!

複数の条件に合うデータの合計を求めるには、「DSUM」関数を使う事も可能ですが、DSUMの場合、検索条件を指定する表を別にシート内に用意する必要があるので、それが面倒なケースもあります。
そこで、複数の条件を関数式内で直接指定できる「SUMIFS」を使います。

もし(IF)いくつかの(S)条件が合ったら合計(SUM)してね!で覚えよう!

SUMIFS(サムイフエフエス)の使い方

指定した全ての条件に合ったデータに対応する「合計対象範囲」内のセルを合計します。
条件は通常ですと2つですが、直接入力することで複数指定することもできます。

「条件範囲1」に対する条件を「条件1」
「条件範囲2」に対する条件を「条件2」

と指定します。

「 =SUMIFS( 合計対象範囲 , 条件範囲1 , 条件1 , 条件範囲2 , 条件2 ) 」

下記の表では、「佐藤さん」の「交通費」の「合計」を求めたいとします。
直接入力だと

 =SUMIFS(E5:E12,C5:C12,”交通費”,D5:D12,”佐藤”) 

=SUMIFS(E5:E12,C5:C12,"交通費",D5:D12,"佐藤")

1、合計を表示したいセルを選択

合計を表示したいセルを選択

2、関数タブ→関数の挿入→SUMIFSを選択→OK

関数タブ→関数の挿入→SUMIFSを選択→OK
すると、このようなウィンドウが現れます。

SUMIFSウィンドウ

3、合計を求めたい数字の範囲をドラッグして指定します。

合計対象範囲=「D5:E12」

sumifs合計対象範囲=「D5:E12」

4、1つ目の条件「条件範囲1」をドラッグして指定

検索範囲1=「C5:C12」

sumifs検索範囲1=「C5:C12」

5、「条件1」に指定したい「項目」を直接入力

「条件1」=「交通費」

sumifs「条件1」=「交通費」

6、「検索条件2」に次に指定したい範囲をドラッグします

sumifs「検索条件2」に次に指定したい範囲をドラッグします

7、「条件2」に「条件」を直接入力

「条件2」=「佐藤」

sumifs「条件2」=「佐藤」

8、OKボタンを押す

sumifsOKボタンを押す

9、完成!

sumifs完成!

おまけ

入力した関数の後ろに更に直接

「 =SUMIFS・・・, 検索範囲3,”条件3”, 検索範囲4,”条件4”・・・・ 」

といくつも指定する事も可能です。

sumifs入力した関数の後ろに更に直接  「 =SUMIFS・・・, 検索範囲3,”条件3”, 検索範囲4,”条件4”・・・・ 」  といくつも指定する事も可能です。

なかなか使う機会は無いかもしれませんが1つ覚えておくと役に立つかもしれませんね!

合わせて読みたい


LEAVE A REPLY

*

Return Top