wakus

【文章力アップ!】読み手の心を掴むためのリード文の書き方

リード分は、いかに想定読者の興味を惹けるかが重要です。リード文で読み手の心を掴まなければ、読み飛ばされてしまったり、パソコンであれば、画面を閉じられてしまいます。このあとの本文を読んでもらえるかは、リード文にかかっているのです。今回は、読み手の心を掴むためのリード文の書き方を紹介したいと思います。

リード文について

リード文とは、導入文とも言います。『この記事では何がわかるのか、どんな問題が解決できるのか』ということが、わかりやすく簡潔に書かれている文章のことです。

新聞のリード文はその記事の要約が書かれています。リード文を読めば、どんな内容の記事なのかがわかるようになっています。

 

リード文の文字数

リード文の文字数は、大体150~250文字くらいです。記事全体の長さによって変えるといいです。

 

リード文で気をつけたいポイント

・記事の内容を簡潔に示すこと

だらだらと長くかかないようにする。150~250文字くらいで簡潔に書く。

・読者を共感させること

共感させなければ、次はないと思うこと。「なるほど~」や「たしかに」など、共感してもらい、興味をひいていく。

・数字をできるだけ入れること

数字を入れると具体性が増す。これから紹介する記事の信頼性が低ければ読んでもらいにくい。信頼性を上げるために数字は効果的。

・記事の中で重要なキーワードを入れる

記事のテーマとなっているキーワードがあるなら必ずリード文にいれること。なんための記事かわかりやすくなる。

・みんな知っている常識をそのまま伝えないこと

一般常識の当たり前のことをリード文では使わないこと。「そんなこと知っている」と思われて、読む価値がない文章と判断されてしまう。

 

リード文の書き方サンプル

基本的なリード文として、いくつか例をご紹介します。

◆テーマの紹介

これは、単純にテーマの紹介をするというリード文で、一番シンプルなものです。「今回は、◇◇◇について書いていきたいと思います」と、題名の紹介文を最初に書くだけでも、あるとないとでは印象が違ってきます。

「◇◇◇(記事テーマ)についてどのようにすると効果的かご存知でしょうか。今日は◇◇◇(記事テーマ)の実践方法をお伝えします」といった感じです。

◆読者の悩み紹介

これもよく使われるリード文です。読者の悩みを紹介して、その悩みを解決する方法を伝えるというものです。

例として、「◇◇◇について、こう悩む方もいるかと思います。今回は、◇◇◇を解決する方法を紹介します」というパターンです。

◆ギャップを提示する

読み手の心を掴むために、よく使われるものです。思っていたものと違うことを言われると興味が出やすいので、読者をドキっとさせたいときはこの型のリード文を使うといいです。

例として、「一般に、◇◇◇というと、◯◯◯のイメージがあるかと思います。しかし実際は△△△なこともあるのです」といった感じです。

 

まとめ

リード文とは、

この記事では何がわかるのか、わかりやすく簡潔に書かれている文章のこと。

リード文の文字数

大体150~250文字くらいが目安。

リード文で気をつけたいポイント

・記事の内容を簡潔に示すこと
・読者を共感させること
・数字をできるだけ入れること
・記事の中で重要なキーワードを入れる
・みんな知っている常識をそのまま伝えないこと

リード文の書き方例

◆テーマの紹介
「今回は、◇◇◇について書いていきたいと思います」

◆読者の悩み紹介
「◇◇◇について、こう悩む方もいるかと思います。今回は、◇◇◇を解決する方法を紹介します」

◆ギャップを提示する
「一般に、◇◇◇というと、◯◯◯のイメージがあるかと思います。しかし実際は△△△なこともあるのです」

 

リード文だからといって手を抜かずに、記事にぴったりなリード文を作って、読み手の心をがっちりキャッチしましょう。

 


LEAVE A REPLY

*

Return Top