wakus

正しいビジネスマナーを身につけてビジネスを円滑に進めよう

ビジネスマナーとは、社会に出て仕事をしていく上で必要なマナーです。
ビジネスマナーには、挨拶や身だしなみ、言葉遣い、お詫びやメールなどがあります。

ビジネスは人と人とのコミュニケーションの上で成り立っているので、ビジネスマナーが出来ていないとビジネスはうまくいきません。

ビジネスマナーは社会人としてのマナーであり、常識なのです。ビジネスを円滑に進める為に、今一度ビジネスマナーについて詳しく見ていきましょう。

挨拶は社会人の基本

挨拶はビジネス上だけではなく、一般的にもマナーの基本です。

学生時代にも挨拶は必要でしたが、社会人になるとさらに重要視されます。
挨拶は自分の中では出来ていると思っていても、相手からは出来てないと思われているかもしれません。

例えば、下を向いている、声が小さくて相手に聞こえていないなどといったことは無いでしょうか。

社内外問わず、不特定多数の人と接する中で、挨拶はとても大切な行為です。
笑顔で気持ちの良い挨拶ができているか、相手の方を向いて目を見て挨拶できているか、明るくハッキリと相手に聞こえるように言えているかなど、自分の挨拶がどうなのか見直してみて下さい。

挨拶はただ言えばいいというものではありません。相手に好印象を与えて、ビジネスが円滑に進むようになるためにも、正しい挨拶を身につけて自分から積極的に挨拶をするよう心がけましょう。

周りからの評価のために挨拶をするのではなく、自然に挨拶ができるようになると尚さら良いでしょう。

身だしなみ

社会人として身だしなみを整えることは大切です。
第一印象は一度相手に不快感を与えてしまうと、その後の関係を友好にすることは難しいと言われています。
身だしなみは仕事への意欲や熱意を表したり、好印象になるためのものです。

身だしなみには、服装、髪型などがあります。洋服に汚れやシワなどはないか、自分のサイズに合ったものを着ているか、靴は汚れなどなく磨かれているか、ビジネスシーンにふさわしいデザインの靴かなど日々確認する必要があります。

特に髪型は顔に近い事もあり、印象に残りやすいので注意が必要です。髪の長さやヘアカラーなどは相手に不快感を与えていないか、清潔で健康的なのかをチェックしましょう。さらに体臭や口臭にも気をつけましょう。

体臭や口臭はあまり他人から注意されないので自分で気をつけるしかありません。
特に喫煙している人は自分では気づかないことが多いので、食後に歯磨きをしたり、常に消臭スプレーで衣類の消臭をしたりして相手に不快感を与えないようにしましょう。

正しい言葉遣い

Concept woman said at a blank blackboard with chalk painted iconビジネスシーンで欠かせないのは敬語です。

敬語は大きく三つに分けられ、尊敬語、謙譲語、丁寧語があります。
どの言葉を使えばいいのかは、その場面や相手によって変わってきます。

よく使うビジネス敬語はいつでも言えるように、しっかり暗記して言えるようにしておかなければいけません。
どうしても覚えられない場合は、例文を覚えて応用できるようにしておくと良いです。

気をつけたいのは、普段使っている言葉がビジネスの場面で出てしまう事です。
普段の言葉が少し出てしまっただけで、相手方は不愉快に思いビジネスがスムーズに進まなくなることも十分考えられます。

ビジネスでのコミュニケーションで言葉は大きなウエイトを占めているので、たった少しの失敗が信用や信頼を無くしてしまう事もあります。
そうならないようにビジネスシーンのときだけ気をつけるよりも、常に気をつけるようにすると失敗してしまう事がなくなるかもしれません。
注意を受けたときは素直に聞き入れて直しましょう。

ビジネスマナーまとめ

happy business group pointing and looking up

ビジネスを円滑に進める上でビジネスマナーは必須です。
一番重要なポイントは、相手に不快感を与えないことです。

周囲とのコミュニケーションが円滑になると、信頼につながり、仕事に繋がります。上司や同僚などの社内の人間関係や取引先などの社外の人間関係が、ビジネスには必要不可欠なのです。

お互いを理解して信頼関係を築いて、より良いビジネスが出来るように、正しいビジネスマナーを身につけましょう。既に社会に出ている人も再度見直すと良いでしょう。


LEAVE A REPLY

*

Return Top