wakus

男女別で考えるスムーズな転職活動を行うポイント3選

Choosing the key to success from hanging keys concept for aspirations, achievement and incentive新卒で入社して、その後何十年も同じ会社で働き続けるのが、理想的な就職ですよね。
でも、女性なら結婚や出産で仕事をセーブしたり、復帰後のタイミングで転職を考える人も多いのではないでしょうか。

また、男性でも月日が流れるうちに、自分のやりたい仕事との違いを感じて、転職したいと考えるケースも少なくありません。

それぞれのライフスタイルに合わせて転職する時、どのような点に気をつけるべきか、また、どうすればスムーズに転職できるかにフォーカスしてポイントを説明します。

産休・育児制度の整った会社を選ぼう

独身時は現役で働いていても、結婚や出産などのライフステージが変わる時、女性は転職を考えますよね。
現職でも生活に支障がないのであれば、続行しても良いのですが、やはり休暇をとって出産や子育てに専念したいというのが本音でしょう。

そこで、産休に入るまでのタイミングや、出産後の復帰において、会社側できちんとした制度を取り入れているかどうかがポイントになります。

古い体制をとっている会社の場合、これらの休暇に関して対応できないところもあり、復帰後のめどが立たないという心配があります。

安心して休暇をとるためにも、結婚後の転職については、産休、育児制度の整った会社選びをしてください。
また、これらの制度が整っているといっても、実際に利用した人がいなければ、会社の対応も芳しくないものとなります。
ですから、勤務時間や休日調整なども、融通が利くのかどうか見極めて、本当にサポートしてもらえるのか確認しておきましょう。

「やりたいこと < 出来ること」の方程式を忘れない

concept of children's dreams and travels.  pilot aviator child with a toy airplane plays at home in his room新卒で就職先を決めた時は、希望する会社の仕事内容や方針に夢を重ねたことでしょう。
しかし、その後ずっと働いているうちに、社内でのポジションに不満をもち、転職を考えることも多いです。

不満を感じると、心のバランスを保つために希望をもつようになり、転職すればやりたいことが出来ると安易に考えがちです。
ここで必要なことは「やりたいこと<出来ること」の方程式を忘れないことであり、新卒の頃とは違って、希望だけでは転職できない現実を受け入れられるかがポイントになります。

独身であればどんどん挑戦しても良いのですが、今後の結婚や育児協力などを考えると、あまりにもハードで給料が少ない職種を選ぶと大変な思いをします。

その時点でまた転職するとなると、さらに厳しい局面に立たされる可能性がありますので、将来のライフステージを視野に入れた会社選びが必要です。

男性が仕事で成功するためには、ある程度のリスクを負ってでも挑戦することも大事ですね。
ですが、やりたいことよりも出来ることに着目したほうが、転職には有利だと覚えておいてください。

働きながら転職活動するポイントとは?

happy business group pointing and looking up現職に不満を抱いている人ほど、転職先を決める前に辞めてしまうことが多いです。
そのほうが気持ちを切り替えて、新しい職場探しができると考えるからでしょう。

確かにそれも一理ありますが、すぐに転職が決まらないと、生活費の面で少々問題がでてきますし、精神的に焦りも生じます。
焦ると判断基準がぶれてしまい、前職よりも職場環境が悪いところへ転職してしまうケースもあります。
ですから、上司には言わなくても良いので、仕事を続けたまま、転職サイトに登録するとか、説明会に参加するなどの方法をお勧めします。

転職は簡単なことではなく、自分の将来設計も含めて、熟慮してから決めることなので、早くしようと焦る気持ちはタブーです。
それに、密かに転職活動をスタートして、他の会社の様子を知ると、現職に留まったほうがメリットが大きいと考え直すこともあります。

特に不満をキッカケに転職を考えたのなら、感情的になり、冷静に自分の実力を判断できないので、成功する確率は低くなるので気をつけましょう。

5~10年後のライフステージを視野にいれた転職活動をしよう

転職したいと考える時、女性なら出産や育児をベースに考え、男性なら新たな挑戦を目指すケースが多いと思います。
共通していることは、5~10年後のライフステージを視野に入れるべきということです。

生活と仕事は密着していますので、プライベートの生活に支障をきたさないような働き方を、優先してください。
転職活動が厳しくなっている今、真剣に将来のことを考えて、会社選びをする人のほうが成功します。

ご紹介したポイントを参考にして、現実的でスムーズな転職ができるように心がけてくださいね。


LEAVE A REPLY

*

Return Top