wakus

アシスタントディレクター(AD)の仕事について~先輩からのメッセージ~

アシスタントディレクター(AD)の魅力

Kid shouting through vintage megaphone. Communication concept. Blue sky background as copy space for your textアシスタントディレクターの魅力は何といってもテレビの制作に一から参加できるところです。

私たちが普段見てるテレビ番組は多大な製作費と大勢の人によって制作されています。
視聴者が何を求めているのか、こんな番組があったら面白いなどの制作側の思いをもって作られています。

アシスタントディレクターが番組の構成を考えて制作することはありませんが、アシスタントディレクターを経てディレクターやプロデューサーになり番組を制作する側になります。

アシスタントディレクターはそのディレクターやプロデューサーを近くで見て感じることができる職業です。
テレビを見ているだけではわからない裏の部分も見ることができるので番組に対して熱い思いを持つことができます。

アシスタントディレクター(AD)の仕事内容

Calender Planner Organization Management Remind Conceptアシスタントディレクターの仕事内容は多岐に渡ります。

出演者の身の回りのお世話(マネージャー業務と似ている)やスケジュール調整(スタジオやロケ地などの確認や調整)、ロケ弁の発注、技術スタッフ(美術やカメラなど)との打ち合わせなどです。

基本的に構成作家の考えた番組内容をディレクターやプロデューサーが取りまとめて撮影して編集していくのですが、ディレクターやプロデューサーが細かい業務をこなすことはあまりありません。
そこでアシスタントディレクターがディレクターやプロデューサーの手の届かない細かい業務を行います。

アシスタントディレクター(AD)になるには

Student standing above the sign for startアシスタントディレクターになるには2通りの方法があります。

一つはテレビ局に就職することです。
ただキー局だけでなく地方局でも倍率は数千~数万倍とかなり狭き門になっています。そして配属で制作側にいくことができれば見事アシスタントディレクターの仕事を行えます。

もう一つの方法は番組制作会社に就職することです。
今はテレビ局が独自で番組制作を行うことは少なく、番組制作会社に委託するか共同でテレビを作ることが多いです。
よって制作会社に就職してアシスタントディレクターになれば番組制作に関わることができます。

テレビ局と番組制作会社の大きな違いは収入と地位です。
どうしてもテレビ局の局員の方が力関係は強くなります。また収入は大きく違います。

アシスタントディレクター(AD)を目指す方々へ

Concept of science. Bookshelf full of books in form of tree on a whiteboard.アシスタントディレクター非常に楽しい職業ではありますが、体力的にも正直大変な時があります。
しかし、その苦労を乗り越えてみんなで一つの番組を制作し、尚且つその番組が最高のものとなり視聴率もとれて評判も良いとなると、頑張ってよかったと思うことができます。

またアシスタントディレクターという仕事はその仕事がゴールではありません。
ディレクターやプロデューサーになり始めて番組をどのように作ってどのように見せていくかを決めることができます。その大切な下積みだと思って頑張って下さい。


LEAVE A REPLY

*

Return Top