wakus

【女性必見】部下に嫌われない上司になるためには?

30代前後になると、ある程度の仕事を任される重要な立場に立っているはずです。多くの部下を抱え、仕事に邁進しなければなりません。

しかしこれからも仕事をしていく上では、部下に嫌われないことも鍵となります。
一度でも部下から嫌われたり悪い印象を持たれたりしてしまうと、挽回するのはとても難しくなります。それだけではなく、そのことがきっかけでうまく仕事が回らないことさえ出てくるかもしれません。

もし今後も同じ会社で仕事を続けていきたいのであれば、やはり部下の信頼が厚くなければいけません。

そこで、部下に嫌われないようにするにはどうしたらよいかについて紹介します。

服装をきちっと、オシャレにする

仕事ができる女性の一般的なイメージは、いつもおしゃれで綺麗と言うイメージです。それが、30代女性であれば20代と比べ、さらにファッションに磨きがかかるのが普通です。
30代女性でバリバリ仕事をこなし、 軌道に乗っている方は服装もしっかり整っているもの…というのが部下から持たれるイメージです。

上司という立場上、部下に弱いところ見られてはいけません。
分かりやすく言えば、先生のようなのです。

先生は常に生徒の見本にならなくてはいけませんし、生徒も先生らしいきちっとした姿勢についてくるものです。

そのためには、身だしなみはとても大切なのです。

ファッション雑誌を参考にしたり自分の好きなモデルの服装を真似てみるのも良いかもしれません。人は見た目だけで、しっかりした人と判断することも多いので、常にきちっとした、服装で仕事に臨みましょう。

注意したいのは、あまり張り切らないこと。奇抜なファッションは却って部下を引かせてしまいます。たまに女性の社長で奇抜なファッションを身につける方もいらっしゃいますが、それは広告塔としての役割もあるので、一般の上司であればそこまでする必要がありません。

30代に沿った、ちょっとお洒落という雰囲気が一番良いでしょう。

部下をあまり厳しく叱らない

部下にもいろんな部下がいて、優秀な部下もいれば失敗ばかりしている部下もいます。
そして、その失敗している部下に対して、必要以上に怒る上司がいますが、そのような上司はやはり嫌われる原因になります。

このとき、に感情的になってしまうと怒ってる最中に論点がずれてしまうことも多いので、怒られている部下は、なぜ関係ないことで怒られているのか納得がいかないはずです。そして、このことが積み重なると上司に部下がついていかない原因にもなるのです。

部下が失敗をしたとき、厳しく叱るのは良いのですが長い時間怒るのはいけません。
だらだら叱ることのないように、部下を成長させるために叱るにはどうしたら良いかを冷静に考えれば、自然と良い叱り方ができるはずです。

部下とのコミュニケーションを取る

Group of people talking to each other仕事が終わるとすぐに帰ってしまう部下も多く、仕事が終わった後の付き合いは、最近では少なくなったようです。しかし、仕事の後の付き合いが今後の人間関係にとても重要な役割を果たす場合もあるので、良い関係を保つためには、仕事の後の付き合いを大切にすることも考慮しましょう。

とはいえ、しかし無理に部下を誘えば、たちまち嫌な上司に思えてしまいます。

部下を誘う場合は、普段からよくコミュニケーションを取っておくと、その後の会話もうまくいくことが多いです。仕事の合間などに、最近の出来事や悩みなどを聞いておくなど、ちょっとしたことでもコミュニケーションを取っておくことが必要です。

そうすれば部下も、上司の優しさや気遣い関心するはずです。

うまくコミュニケーションが取れるようになれば、すんなりと仕事の後の誘いにもついてくるようになるでしょうし、もし仕事の上でも何かトラブルになった時にも、部下も全力で力になってくれるでしょう。仕事においてこれほど心強い味方はいないのですから、仕事にもさらに熱を入れることができるのです。

上司というものは、とても大変だけどやりがいがある!

Little child plays superhero. Kid on the background of sunset sky. Girl power concept0代の上司は、とても大変です。まだまだ若いということもあり、他の人と比べられることもとても多いものです。

部下の視線を気にしながら仕事をしなくてはならないのでストレスも多いことですが、 自分自身を大きく成長させることができるということは、とても幸せなことかもしれません。

いろんな人生がありますが、自分に合った仕事のペースを選択することが最終的に大切なのかもしません。


LEAVE A REPLY

*

Return Top