自己啓発

今の嫌な流れをあっという間にリセットする6つのテクニックとは?

投稿日:2019年10月22日 更新日:

仕事をしていて、「何だか嫌な流れだな」「気分がのらないな」と思うことはありませんか。
人はその時の気分により集中力が上がったり下がったりするものです。
一度集中力が途切れてしまうと中々元の状態に戻れずに、仕事の効率が悪くなってしまうこともあるでしょう。

そこで、今の流れをあっという間にリセットして、集中力を取り戻す方法について紹介します。

1.トイレ休憩を入れる

真面目な人ほど、「ここまで終わらせてからトイレに行こう」「ひと段落ちついてから休憩を取ろう」と思い詰めてしまうものです。
その結果、休憩時間が遅れて余計にイライラしてしまったり、早くけりを付けようとあせってミスをしてしまうことになるのです。

本当に集中していて波に乗っている時でもなければ、休憩は早目に取った方が良いでしょう。
トイレ休憩を入れることで、それまでの流れをリセットできます。

できれば移動する間に誰かしら人と出会い、挨拶やちょっとした雑談をするのがおすすめです。
席に戻った時に不思議にやる気が湧いていたり、思わぬミスを発見できたりするでしょう。

2.大きく深呼吸をする

席に着いたまま流れをリセットしようと思ったら、大きく深呼吸するのが一番です。

人はデスクワークをしていると前かがみの猫背になるので、呼吸が浅くなります。胸の付近が圧迫されて血流が悪くなり、気分がイライラしやすくなるのです。

そこで深呼吸をすることで、全身がほぐれて血液の循環が良くなり、リセット効果があります。ポイントは、ただ深呼吸をするのではなく背筋を伸ばして肩甲骨をほぐす姿勢を取るようにすることです。
両手を後ろで組み、胸を広げながら深呼吸をすると、肩甲骨がほぐれます。

3.ガムを噛む

職場でガムを噛んでも良ければ、是非お勧めです。
眠気や集中力が途切れた時の対処法は色々ありますが、中でもガムは一番効果が高いという実験データもあります。

「コーヒーを飲む」「顔を洗う」などは一時的に効果がありますが、10分もすると元のダラダラ状態に戻ってしまいます。
一方「ガムを噛む」というのは顎の筋肉の運動により、脳が刺激されて活性化して血液が循環するようになるので、思考力や判断力・集中力がアップする効果があります。

噛むガムは、健康の為にも糖質の少ないガムを選ぶようにしましょう。

4.ツボを刺激する

非常に原始的ですが、ツボはリセットする為に最も効果的な方法です。
「眠気覚まし」「集中力アップ」など、流れをリセットしたい時に効果のあるツボを紹介します。

・攅竹(さんちく)
眠気を撃退して集中力をアップさせるツボです。

眉の内側すぐにある、くぼみの部分にあるツボです。
両手の親指の腹で、優しく刺激します。
目の血行が良くなるので、疲れ目や眼精疲労、頭痛などにも効果があります。

・中衝(ちゅうしょう)
こちらも眠気を撃退して集中力をアップさせるツボで、絶対に眠ってはいけないという場面で使いましょう。

両手の中指の、爪の生え際から人差し指側に2ミリほど下がった部分にあります。
反対の手の親指と人差し指で中指をつまんで、強く左右にグリグリとマッサージするのがおすすめです。

・百会(ひゃくえ)
脳をリラックスさせて集中力アップ効果のあるツボで、頭痛にも効果があります。

頭の頂上にあり、丁度両耳から上がっていき合わさったところの、わずかに凹んだ部分です。
ここは万能のツボと言われ、自律神経をリラックスさせる効果もあります。

・労宮(ろうきゅう)
集中力をアップさせる効果があります。

手をグーで握り、中指と薬指の中間にあるあたり、手のひらのほぼ真ん中にあるツボです。

目安は5秒間、痛気持ちいいくらいにじっくりと刺激しましょう。

これらのツボはストレス解消効果もあり、毎日ツボ押しをすることでイライラや不安感も改善できます。

5.机の片づけをする

机の片付けは、息抜き作業の一つとして効果があります。
特に引き出しの一番上はごちゃごちゃしがちですので、ここを徹底的にキレイにして、クリップや輪ゴムなどを拾っておくようにしましょう。

最もお勧めなのが、パソコン画面の掃除です。
パソコン画面は使っているうちにホコリや水滴がついて曇ってしまっているものです。
そこをサッとひと拭きすれば、クリアな画面になり、やる気も湧いてきます。

6.身体を動かす

自宅に帰ってから嫌な気持ちやストレスをリセットするならば、軽い運動をするのが一番です。激しい運動をする必要はなく、じんわりと汗がにじんでくる程度の「有酸素運動」をしましょう。
「有酸素運動」は脳に刺激を与えてストレスを和らげ、気持ちをリセットする効果があります。

最も手軽にできるのが「ヨガ」「ウォーキング」「水泳」などで、特にヨガは自宅でもできて、自律神経をリラックスさせる効果があり、睡眠の質を向上させるのでおすすめです。
ヨガを続けることで脳内の「リラックスホルモン」である「セロトニン」が分泌されやすくなり、嫌な流れやストレスを感じにくくなります。

上手にスイッチを切り替えて仕事に挑もう!

Man celebrating success on top of a mountain with one arm Raised and Hands Closed

嫌な雰囲気や流れを感じて仕事に集中できない時は、我慢しているとイライラしてきてしまいます。

ほんの2分~3分でリセットさせて、新たにスッキリと仕事に取り組むようにしてはいかがでしょうか。

一緒にこんな記事も読まれてます。

Copyright© wakus , 2019 All Rights Reserved.