マネジメント

自分と部下は違う

投稿日:2016年3月27日 更新日:

初めて部下ができたとき

ある程度働いていると、部下ができることがあるかと思います。今回は初めて部下ができたときにどのようにマネジメントしていけば良いのかを語っていきたいと思います。

入り口として取り掛かりやすいマネジメントの方法が3つあります。
自分と部下は違うと理解すること、過去に言及しないこと、自分が努力する姿を見せること、です。

自分と部下は違う

4855d72126369596bb8d03423962f114_s

まず1つめ、自分と部下は違うと理解することについてです。仕事ができる人に顕著ですが自分ができることを部下にも同じレベルで求めてしまいがちです。ここを違うのだということをきちんと理解しなければなりません。

人の能力はそれぞれです。自分ができないことを部下が楽々とできてしまうことだってあるでしょう。違いを理解し認めて、その上で部下との付き合いを進めましょう

過去に言及しないこと

60bd6cd5036cf8d46eee31faaa55c89e_s

次に過去に言及しないことについてです。

経験があるかも知れませんが、あることについて怒られたときに「あのときだってこうだったじゃない」と過去の過ちまで掘り返して言及されることが有ります。これは言われるほうとしては怒られている内容そのものより「今それじゃねえだろ」と反発の気持ちを招いてしまいます。

教育したいことにフォーカスが当たらなくなってしまうのです。ですから、今何を伝えたいかだけに絞って過去のことを巻き込んで言及しないように気を付けましょう。

また、過去に言及しないということはサンクコストを考慮することも含んでいます。サンクコストは埋没費用と訳され、取り戻すことができない費用のことです。例えば工事をしていて、途中で問題があってストップしたとします。そのときに「今までこれだけお金をかけたんだから」という考え方をしてはいけないのです。工事を続行しようが中止しようがこれまでの工事費は取り戻せないのです。これと同じで部下に対して、もう取り戻せないこと終わってしまったことに言及することは止めておいたほうが良いのです。大切なのは、現状を把握したうえでこれからどうするかを部下と一緒に考えてあげることです。

自分が努力する姿を見せること

2f1947cc2e7637b2037a0ad2b4f82380_s

3つめに、自分が努力する姿を見せることについてです。

要は、できない人に偉そうに言われたくないということです。ですから部下に指導する資格があると思ってもらえるくらいに努力を続けておかねばなりません。部下の指導も考えながら自らの成績は落としてはいけないのです。

辛いところではあるのですが、これによって指導の説得力もグンと増すというものです。厳しい道のりではありますが、効果はテキメンです。ですから頑張っていきましょう。

最後に

以上が初めて部下ができたときのマネジメント法のうち大切な3つです。実践して部下とともにより良い仕事人になっていきましょう。

一緒にこんな記事も読まれてます。

Copyright© wakus , 2019 All Rights Reserved.