マネジメント リーダーシップ

初めて部下ができたときのマネジメント方法とは

投稿日:2016年3月24日 更新日:

初めて部下ができたときのマネジメント方法

一般的に多くの企業では、新年度になると大勢の方が昇進などをします。昇進すると自分に部下がつくのですが、初めて部下ができたときにはマネジメントに頭を悩ませる方が多くなります。

現在では様々なマネジメントに関する書籍が販売されていますが、それぞれに書かれている内容が違いますし万人に適用される方法ではないとされています。

しかし多くの書籍に共通して言える事や、実際に問題を乗り越えた方などが経験談として語っている事がありますのでそれらの事を基本として踏まえておく事は重要なポイントになります。

部下の欠点を責めない

d5440df245a0f62d4f83ed983caff153_s
まずは部下の欠点を責めない事が挙げられます。
例えば寝坊が多く遅刻を頻繁にする、上司や先輩にタメ口を使う、服装がだらしないなどの直そうと思えば直せるものは注意する必要があります。

しかし物事を計画的に進められない、一度に二つの事ができないなどの場合は責めてはいけないとされています。

なぜならば本人が最も気にしているものでもありますし、触れて欲しくないデリケートな事である可能性があるからになります。
初めて部下ができたときには、部下の欠点が目に付きます。万が一部下が大きな失敗をしてしまった場合には自分に責任が及ぶ可能性が高くなりますので、リスクを避けるためにも部下を厳しく指導しようと多くの方が考えます。
ただ上記のような場合はそれを責めたり矯正しようとしたことで、今まで問題なくできていた事ができなくなってしまう可能性があります。

ちょっと抜けた部分を見せる

035次に挙げられるのが、少し抜けた部分を見せる事になります。
一般的に完璧に仕事をこなす上司の下では部下が育たないとされています。その様な上司の下についている部下には大きなプレッシャーがかかりますので、チャレンジ精神が無くなってしまう可能性が高くなります。

失敗を恐れ自分が得意な事しかしなくなるので、新しい仕事にはなかなかトライしないと言う傾向が多々見られます。
なので、たまには上司が失敗する事も重要だとされています。と言っても会社に損害を与えるような失敗ではなく、笑い話になるようなものにする必要があります。

仕事を任せてみる

488c890da570f156df25d06e5ad62ad9_s

ある程度は仕事を部下に任せてしまうのも良いとされています。
要所要所は厳しくチェックしますが、それ以外の部分は任せる事により部下に自覚と責任を覚えさせることができるようになります。

最も重要なのはコミュニケーション

0e506fe5785d56a0848ddf252eecb73b_s

そして最も重要なポイントにななるのが、部下とのコミュニケーションになります。ただ最近の若者は自分の時間を大切にしていますので、しつこいと思われないように適度な会話などにとどめることが重要になります。

一緒にこんな記事も読まれてます。

Copyright© wakus , 2019 All Rights Reserved.