wakus

最低限のビジネススキルについて

社会人が覚えておきたいコミニュケーション術

私は誰もが知る某大手企業で10年ほどリーダー職に従事していました。そこで私は数々のことを学びました。
積極的に研修やセミナー、発表会にも自ら参加して、多くの知識や多くのスキルを学びました。
しかし結論を先に言うと、それらのことを吸収したとしても最終的に一番大事な事は対人関係だということに気づきました。

というのも、自身に何かあった時には必ず上司や同僚、部下に支えてもらう必要性があって一人では絶対にどうにもならない場面の方が多いからです。

そこで、これから社会人になろうとしている方や既に新社会人として羽ばたいている方に、私からコミニュケーション術に関するスキルやノウハウをご紹介させて頂きます。

 出社時・退社時の挨拶は絶対に忘れないこと!

微笑むOL

人間第一印象というのは非常に大事です。
特に挨拶は最低限のマナーなので、気分が乗らなくても反射で行えるように習慣づけましょう。

そして、どうせ挨拶をするのなら自然な軽い笑みを含ませた方が好印象です。

極力イベントには参加する

バーベキュー

中には人付き合いの苦手な方も多いと思います。

逆に苦手という人こそ、イベントに参加してみんなの輪に入りたいという意思表示をする必要があります。
それに上司や先輩に可愛がってもらうことで、ミスをフォローしてもらえる可能性だってあるのです。
上司や先輩といっても人間ですから、友人を助けたいと思う気持ちに変わりはないのです。

イベントに参加することで一番重要なのは、『楽しい時間を仲間で共有すること』なのです。
本来は盛り上げるぐらいの方が良いですが、例えあなたが無口でも多少愛想が悪くても構わないし無理をする必要もありません。

何度か参加していくうちに、絶対に上司や同僚からの株も上がります。

人の悪口・陰口には乗らない

 598d5d0ced01880def25e71427150123_s

それから人間関係を一番もつれさせる原因というのが、人の悪口や陰口を言うことです。
私は元々正確がせっかちで気が強いので、つい腹が立って悪口を言いそうになることは頻繁にありました。

しかしそれがほんの一瞬だけ魔が差したことでも、自分の印象を大きく変えてしまうからです。

それに大きな企業であればあるほど噂は広がりますから、特に注意が必要です。
もし悪口を言った人が出世したり、周りと仲良くなることだってあるので、そこには何のメリットもないのです。

最後に

bfe6e6044e07c495ba1563e88770d951_s

社会人になってしまえば、人とのコミニュケーションなしでは絶対に仕事は成り立ちません
というのも、全く一人で出来るような仕事というのは世の中にはほとんど存在しないからです。
人がいることで初めて仕事というのは成り立つし、社会とはそれらが集まった集合体の様なものなのです。

確かに会社内で必要なスキルは他にもあります。それがないと仕事が出来ないといったスキルも中にはあるでしょう。
しかし、人とのコミニュケーションがあれば教えてもらうことだって出来るし、手伝ってもらうことだって出来るのです。

これほど身につけておいて心強く、役に立つスキルは他にないと断言できます。

そしてほんの少しずつで良いので、ゆっくりと身につけていきましょう。

『社会人が覚えておきたいコミニュケーション術』についてご紹介させて頂きました。


LEAVE A REPLY

*

Return Top