wakus

採用担当者必見!求人広告を出すときの3つのポイントは?

求人広告はあえあゆる会社が出していますが、求人広告を出せば必ず良い人財がすぐに集まるという訳ではありません。もし反応がよくなくて求職者が多く集まらなかった場合には、求人広告の出し方に改善の余地があると思いませんか?

採用担当者ならば少しでも早く良い人財を採用するためにも、求人広告を出稿する際に押さえておきたいポイントを把握しておきましょう。

同じ業界の他社に勝る部分を積極的にアピール

Businesspeople competing in a race for career求人広告を出すときには、その求人を見た人が応募したくなるような内容にしないといけません。
そのためのポイントの1つに「同業他社を意識する」ということが重要になります。

求職者の中にはある程度業界を絞って考えている人も多くいるので、同業他社で比較をしているケースも多くあります。つまり、求人内容を見て、あなたの会社が条件面などで劣っていると思われたら、その時点で興味が薄れてしまうのです。

とは言っても、すべての面で同業他社を上回る必要はなくて、業界の中でも特にあなたの会社が優れていると思われる部分、絶対に負けていないと思える面のみを特にアピールするのがおすすめです。
例えば給料の額が優れているならば、『給料の額は業界トップクラスで、それ以上に稼げる会社はそうはない』といった趣旨を謳うこともできるでしょう。

求人は商品を購入するときと同じように、常に同業他社と比べられているということを強く意識すべきなのです。そして自社の優れている面や魅力的な面を見つければ、それをより具体的に詳しく求職者の印象に残るようにアピールすればいいのです。

求職者が働いているときのイメージが沸きやすい情報を載せる

Right and left hemispheres, creative and analytical thinking concept with businessman looking at chalkboard with sketch求人広告を見た人がその会社に応募したいと思う瞬間というのは、どういうときでしょうか?
もちろんいろいろあるでしょうが、「自分がその会社で楽しく働いている姿を想像できたとき」というのも大きな要因の1つになります。

だからこそ、求人広告もその会社で働く姿を想像できるような内容にしていく必要があるのです。

そのために、働く場所の写真や働いている人の姿の写真など、実際に働く職場の写真を多く載せている企業は非常に多くあります。実際にそこで働いている人のインタビューや感想などを載せている企業もあります。これは求人広告を見た人にとって、自分が働いている姿をイメージやすく、それに伴って働きたい気持ちも沸いてきやすいという効果があるからです。

「自分がそこで働いている姿をイメージできるか?」「そこで楽しく働いていると思えるか?」というのは、応募する企業を判断するときには欠かせない部分になるので、「こういう職場である」や「こういう仕事をしてもらう」、「こういった楽しさがある」など、本当に多くの情報を細かく提供していけばいくほど、大きな効果が期待できます。

採用専用のサイトを立ち上げる

media icons fly around globe on tablet computer求職者は求人広告を見て応募してくる人が非常に多いのですが、中にはインターネットで社名を検索をして、採用ページから応募してくる人もいます。

その場合には、求人広告とは別に採用ページがないと、応募してもらうチャンスを失くすことになります。

なので、求人をするのであれば、求人広告のサイトに求人を載せるのみではなく、それとは別に自社のサイト内にも採用ページを作り、そこからも応募ができるようにするというのが効果的です。

求人専用ページを作成するメリットはほかにも、スペースを好きなだけ自由に使えるのでより多くの情報を載せられるという点や、動画などの掲載もできるなどが挙げられます。

情報は多ければ多いほど、求職者にも自社の魅力が伝わりやすくなります。

求人広告を出すときは、求職者の気持ちを考えることが重要

Heart shape in human head. Concept of love.求人広告はあらゆる会社が出稿しているのですが、求人広告の内容についてはそれぞれの会社で違いがあります。
違いがあるということは、それを見た人のイメージも異なっていて、「実際に応募してみたいか?」という気持ちの部分にも差が出てくるということです。

他社よりも魅力的な求人広告を出す必要はあるのですが、求職者の気持ちを考慮した「応募したくなる求人広告」もまた、求職者にとっては非常に大きな決定要素になっていることを意識して採用活動に取り組むと、素晴らしい人財に巡り合えるかもしれませんよ。


LEAVE A REPLY

*

Return Top