コミュニケーション ビジネススキル マネジメント 経営

やる気がないアルバイトのやる気を引き出すテクニックとは?

投稿日:2019年5月1日 更新日:

正社員の悩みの1つに、アルバイトのやる気がないことが挙げられます。正社員の立場からこちらは意気込んで仕事をしようとしているにもかかわらず、アルバイトにそんな熱意はまったくないというパターンです。

やる気がないアルバイトの考え方で多いのは「最低限働いて給料さえもらえればそれでいい」「仕事よりもプライベートを優先させたい」「仕事で辛いことはなるべく避けたい」などがあります。

ではこれらの思考に支配されているやる気がないアルバイトのやる気を引き出すにはどうすればいいのか、そのテクニックを解説していきます。

アルバイトの能力を活かせるような仕事を与える

young pretty woman with her hand on chin looking up at a painted carrot tied to a branch. Concrete background. Front view. Concept of reward.

アルバイトにやる気がみられない場合、根本的に仕事をおもしろく思っていないことがとても多いです。自分には向いていない、合っている仕事とはいえない、言われたから何となくやっているなどのパターンです。

誰でもやりたい仕事をできるとは限りませんから、時にはやりたくない仕事をイヤイヤやらざるをえないことがありますよね。それでは仕事を楽しいと思えないのも無理ありません。

そこでアルバイトの能力が活かせるような仕事を、なるべく与えるように配慮します。そうはいっても作業に対して割り当てられる人員は決まっていますので、正社員の立場であってもそう簡単に融通は利かないかもしれません。その点は難しいところで、自分の上司と掛け合う必要性があります。

ただもしも中間管理職のような立場になったら、そういう業務も行っていかないといけません。調整してアルバイトの能力を活かせるような仕事を与えられれば、アルバイトも仕事に興味が持てるはずです。

例えば会話が得意ならコミュニケーション系、情報を整理するのが得意なら事務系、体を動かすのが好きなら作業系など、アルバイトの能力に合った仕事を与えることがアルバイトのやる気を引き出します。アルバイトに「この仕事なら得意」と自然と思わせることが、やる気を徐々に引き出していきます。その段階までくれば、後はアルバイトが勝手に仕事を行ってくれます。

アルバイトをする人のタイプはいろいろで、まさしく十人十色です。アルバイトですから基本的に長く働いてくれるわけではありませんが、だからこそ早めに適性を見抜いて適切な仕事を与えることが大切です。アルバイトの能力に合った仕事を割り振れば、期待通りの仕事をしてくれやすいです。

事前に仕事内容を明確に指示しておく

アルバイトは、仕事が与えられないとサボってしまいがちです。心の中で「社員に言われてない」ことを言い訳にし、ただボーっとしてしまうことがあります。これではやる気が引き出されているとはお世辞にも言えないですよね。

アルバイトには仕事に自発的に取り組んでほしいものですが、それは高望みです。それならアルバイトに仕事内容を明確に指示し、そこに向けて頑張ってもらうように仕向けるしかありません。いくらやる気がイマイチないようなアルバイトでも、仕事内容をはっきり伝えておけばその仕事をこなそうと動き出します。

どういう仕事をすればいいのかわかっていないから動かないことは多々あります。それなら仕事を用意してあげればいいのです。

アルバイトのためにどんな仕事を用意するのかをよく考えておき、用意できたら後は細かく指示を出します。この時気をつけたいのは、大雑把に説明しないことです。アルバイトは不安なところがあるとすぐに仕事を止めてしまいますので、懇切丁寧に説明しないといけません。そうして適切な仕事を与えてあげれば、アルバイトの仕事へのやる気が引き出されやすくなりますよね。

仕事がきちんとできている時は素直に褒める

仕事でミスした場合は次に同じミスをしないようしっかり注意しないといけないですが、そればかりだとアルバイトはやる気をどんどん失ってしまいます。きちんとやるのが当たり前で、ミスをすれば注意されたのでは「仕事がおもしろくない」と感じてしまうかもしれません。

そこできちんとできている仕事に対して素直に褒めれば、アルバイトのやる気を引き出しやすいです。どんなに些細なことでも構いませんから、サラッと褒めることが大事です。
どんな人でも、感謝されて嬉しくない人はいませんよね。それはアルバイトの仕事でも同様で、特に正社員からかけられた褒め言葉は嬉しいものです。

また褒めることは「仕事をきちんと見ているよ」と伝える役割もあります。もしも「どうせ仕事をやってもやらなくても正社員は見ていないだろう」と思われたら、手を抜かれてしまいやすいですし、頑張ろうという気持ちにもなりにくいものです。

アルバイトのした仕事を適度に褒めることが、やる気を引き出すテクニックです。

アルバイトのやる気を引き出すのは正社員の役目

アルバイトを雇った以上は時間に対して給料が支給されますので、その分は働いてもらわないと困ります。アルバイトが万が一自発的にやる気を出してくれなかったら、そのままにはしておけません。

アルバイトのやる気をしっかりと引き出し、確かな労働力を得ることが正社員としての役割です。

一緒にこんな記事も読まれてます。

Copyright© wakus , 2019 All Rights Reserved.