wakus

情報化社会に対応するための情報処理ノウハウとは?

現代は情報があちこちにあふれており、情報と接しない日は皆無といっても過言ではありませんよね。情報は何かの決断をする時の判断材料になりますから、情報収集は常に欠かせないです。そして仕事でも、さまざまな情報に触れる機会があります。

情報化社会に生きているのですから、適切な情報処理が仕事で求められるのは言うまでもありません。
ですが情報処理のノウハウがイマイチわかっていない、そんな人は珍しくないでしょう。流れてくる情報にただ踊らされていたのでは、仕事がスムーズに進まないですよね。

そこで情報処理のノウハウを、3つアドバイスしていきます。情報処理ノウハウを意識すれば、仕事に役立てられます。情報処理に不安がある人はもちろんのこと、すでにある程度こなせている人もこれを機に改めて確認していきましょう。

情報ソースから情報の正確性を判断する

young man look through two magnifying glasses to mathematical formulas and problems.情報には、主に2つの種類があります。それは正しい情報と誤った情報です。
正しい情報は仕事の決断で判断材料になりますが、誤った情報はただ混乱するだけです。ですから誤った情報に踊らされないように、よく気をつけないといけません。正しい情報と誤った情報の判断基準は、「情報の出所」つまり情報ソースが大事です。

たとえば情報ソースが一個人の独断や偏見だったら、それは誤った情報であることが否定できません。事実に即していない、主観的な情報かもしれないのです。もしもその情報を鵜呑みにしてしまったら、仕事の判断を間違えてしまう恐れがあります。

具体的に例を挙げると、明らかに冷静さを欠いている部下一人からの情報や、まだ仕事に不慣れな新人からの情報などが当てはまります。部下や新人の情報を最初から全否定するわけではありませんが、もたらされた情報の正確性に疑問点が残るのは言うまでもありません。

その場合は部下や新人の伝えてきた情報が本当に正しいのか、裏を取ってからどうするのかを決めないといけないです。裏を取るには、職場の中で信頼に足る人に確認するのが一番良いでしょう。信頼に足る人が口を揃えて同じ情報を告げてくれば、その情報は正確だと判断できますよね。

また、これはネットをはじめとしたメディアからの情報についても同様で、なるべく公式の情報を参考にしないといけないということです。個人的な情報だけを信じて仕事の判断材料にするのは危険ですので、そうしないよう注意しましょう。

情報ソースから情報の正確性を判断することはとても大切です。

最新の情報を最優先させるのが基本

情報は鮮度がとても重要で、古い情報だとほとんど役に立ちません。情報はどんどん更新されていくのが一般的ですので、常に最新の情報を最優先させるよう習慣付けましょう。
特に今はネットニュースやSNSなどを利用することで、情報がリアルタイムで入手できるようになりました。昔に比べれば、最新の情報が格段に入手しやすくなったのは間違いありません。だからこそ、とにかく最新の情報をもとに判断していかないといけないのです。

仕事で情報をもとに判断しなければいけない時も、うっかり古い情報で判断しないよう注意しないといけません。朝の段階の情報と夕方の段階の情報で内容が180度異なる、仕事ではそんなことがよくあります。情報収集を怠ってしまった結果古い情報をもとに仕事の判断をしてしまったら、大きなミスにつながってしまう可能性があります。

そのぐらい情報の鮮度はとても重要ですので、常に最新の情報を最優先させるようにしましょう。

情報は浅く広く収集して関連性の高い分野は深く掘り下げる

一言に情報といってもさまざまで、自分にとって関係なさそうな情報から関連性の高い情報までいろいろです。情報は浅く広く収集したほうが、仕事のあらゆる局面で対応しやすくなります。ですから情報を浅く広く収集することは、いい情報との向き合い方だといえるでしょう。

ただ自分の仕事に関連性の高い分野は、できるだけ深く掘り下げるようにするのがおすすめです。深く掘り下げていくことで、表面的な情報だけではなく裏面まで余すところなく情報を収集できます。そのほうが仕事の判断をする時、正しい判断につながりやすいです。迷わず即断することができるようになります。

今は仕事にスピードが求められますので、正しい情報のもとに早く判断することはとても大事だからです。

自分の仕事に関連性の高い分野は深く掘り下げていき、いざというとき早く判断できるようにしましょう。
情報は深く掘り下げたらしっかり整理しないといけないですが、情報量の多さは仕事で立派な武器になります。

情報処理ノウハウを会得しておけば仕事の判断がしやすい

情報処理ノウハウを会得しておくことのメリットは、決して小さくありません。
会得しておくことで、仕事の判断がしやすくなります。情報の正確性や情報の鮮度から情報を見極めることがまず大事ですし、浅く広く収集して関連性の高い分野を深く掘り下げる情報収集のスタイルを確立しておけば、いろいろな情報をもとに仕事の判断ができますよね。

仕事で正しい判断を下すためには、情報との向き合い方が重要だとしっかり心得ておきましょう。

 


LEAVE A REPLY

*

Return Top