wakus

簡単実践!お客様の信頼を勝ち取るために必要な3原則って?

お客様からの信頼を勝ち取るために必要な3原則を知っていますか?どんな相手からも信頼してもらうことができてしまう原則です。

この原則に沿っていれば、あなたの話を聞くようになり、あなたの事を好きになってきて、あなたの売るものを何でも買ってしまうようになりるという、とにかく信頼を築くことができる原則です。

その3つの原則とは、
1.相手に与えるということ
2.相手のいうことを良く聞くこと
3.相手と共感すること
です。

その効果と簡単な実践方法もご紹介します。

相手に与えまくること

相手に信頼してもらうためには、まず第一に相手に与えまくるということです。自分への見返りは考えずにとにかく与えるということをしていきます。そうすることで、自然と相手はあなたのことを信頼してくるでしょう。

何も見返りを気にしないでとにかく与えるということがとても大切になります。

この与えるということも、せこせこ与えるよりもとにかく大量に与える方がより効果的です。
例えば分かりやすくインターネットでの例をあげると、インターネットですぐに商品を売るのではなく、まずサイトで有効な情報を大量に配信していきます。とにかく無料では得られないような量の情報をです。
それを読んだ人はきっと、「これだけの有効な情報を無料で受け取ることができるのか?」と思うでしょう。そして、「このサイトは信頼のあるサイトだ」と考えるようになります。

そうすることで、サイトとお客様の間で信頼関係が生まれ、購買にも繋がりやすくなります。なので、商品を売る前に与えるとうことです。

お店なら、試供品や試食を積極的に行うと置き換えられるでしょう。

相手のいうことを良く聞く

Little boy playing with can phone connected by string, concept for talking to yourself前項で『相手に与えることが大事』と説明しましたが、その相手には、相手が望んでいるものを与えなければ意味がありません。
そのためには、相手がどのようなものを望んでいるかということを良く聞く必要があります。その相手の望んでいるものが分かれば、相手に何を与えれば効果的かも自然と分かってきます。

では、どのようにして相手の望んでいるものを知ることができるのでしょう?

それには、相手の言う事を良く聞くということが大事です。
お店であれば、お客さんとのやりとりをしていく中で「どんな商品がいいのか」や「商品の感想」などをとにかく聞いていきます。インターネットでならば、自分のサイトのコメントだったり感想をとにかく吸い上げるようにしましょう。

どんな感想を持っているのかということが分かることで、どんな人が興味を持っているのかということが分かるようになります。すべては、求めているものを与えるためです。

相手と共感する

相手の望むものが分かり、そして相手にその望むものを与えまくるということができると、かなり信頼というものがアップしてきます。そしてもう1つ、相手と共感することができるとさらに信頼してもらうことができます。

人は、成功してばかりいる人にはなかなか興味が湧いてきません。成功しているのはその人で、自分とは関係無いと思ってしまうからです。それよりも、自分と共感できるような状況にいる人の方が興味が出てくるものです。

「自分と同じような立場だったのに、そこから成功の道を歩んでいるということを聞くと、その人の話をもっと聞きたくなってくる」などといった経験はありませんか?
なので、話をするときやインターネットで自分や会社のプロフィールを書く時には、まずは自分のだめな失敗談から始めていきます。

この時に押さえておきたいポイントは、読んでほしいお客様のターゲットを決めて、その人が体験しているであろう失敗と重なるように書いていくことです。そこから、徐々に努力をしていくと成功をするというような伝え方をしていきます。

信頼を勝ち取るために必要な3原則は効果的に使おう!

信頼を買い取るために必要な3原則を見てきて、どれも本来の信頼関係とはどういうものなのかが分かるような効果的なものばかりなので、どれか一つを実践しただけでも、信頼というものは大幅にアップしてくるでしょう。

あとは実際に行動を起こしてみて、その効果を実感してみてください。
きっとお客様からも感謝されるはずですよ。


LEAVE A REPLY

*

Return Top