wakus

あなたは本当に大丈夫?会社内でのセクハラの定義とは?

最近社会問題として取り上げられている事例に「セクハラ」があります。
政治家や映画監督等、地位が高く人を従える立場の人達がセクハラをしたというケースが後を絶ちません。

そしてセクハラは、会社でも最も起こり易い人間関係のトラブルの一つです。
少し前までは当たり前だった男性の言動が、もはやセクハラに該当する様になっているのです。

今回は、ついうっかりセクハラの加害者にならない為にも会社で注意するべき言動について紹介します。

セクハラの定義とは?

happy young woman covers her face with her hands and peep through her fingersセクハラとは英語の「セクシャルハラスメント」の略で「性的嫌がらせ」を意味している、というのは社会人ならばまず知っていることです。
セクハラは大きく分けて以下の2つに分けられます。

・対価型セクハラ

上司という立場を利用して、拒否すると出世や待遇などが不利になると思わせて性的嫌がらせをします。
飲み会でお酌を強要したり、仕事で有利になると持ち掛けて性的関係を強要したり、コミュニケーションを取ると称してボディータッチをするなどがあります。
対象が直属の上司であることが多く、自分の仕事に直接影響がある為に、セクハラを受けても中々他の人に相談できずに精神的に追い詰められるケースが増えています。

・環境型セクハラ

上司だけではなくオフィスにいる異性が全てセクハラの要因を作っています。
恋人との関係についてしつこく訊いてきたり、容姿についてコメントしたり、職場に水着やヌードの女性のポスターやカレンダーを置いています。
仕事中に下ネタを言ったりするので精神的にストレスが溜まり、退職せざるおえなくなることもあります。
また、男性の場合は無理矢理風俗店に連れていかれるなどのケースもあります。

上記の定義を読んでも、あまりにもざっくりで良く分からないという人も多いでしょう。
それだけに、セクハラ加害者は自分でセクハラをしているという自覚がないことが殆どです。
好意を持っている異性にアプローチしただけ、場を和ませようと思っただけ、コミュニケーションを取ろうと思っただけ、ということも多いのです。

そしてセクハラが複雑なのは「受けた側が不快に感じたかどうか」が最も重要になるという点です。
憧れの異性から容姿を褒められたり食事に誘われると嬉しくても、嫌な異性から同じことをされるとセクハラと捉えてしまうこともあるのです。

セクハラの加害者にならない様に注意する点

痴漢ならば手を上げておきボディータッチすることがない様にしておけば良いのですが、セクハラの加害者にならない為には、どの様な対応をすれば良いのでしょうか。

・執拗に食事に誘わない

異性に対して1対1で執拗に食事に誘うと、セクハラと言われる可能性が高くなります。
日本人は「今度食事でもどうですか」と誘われると社交辞令として「いいですね、そのうちに」と言うのですが、その返事を本気にして「いつにする?」を繰り返さない様にしましょう。
下の立場の人からしてみれば上司や先輩に対して拒否できず、不快な思いをすることになるのです。
中には冗談で「デートしようよ」と誘う上司もいるのですが、こちらは完全にセクハラ発言になります。
全く他意がなく、仕事に関するヒヤリングが目的でも、個人的に食事に誘うのは避けましょう。

・ボディータッチをしない

昔の職場では、上司がいきなり部下の肩を揉むというのは日常茶飯事でした。
しかし最近ではこの行為がセクハラに繋がるのです。
何度もボディータッチを繰り返していると「わざと触ってくる」ということで、相手に不快感を与えるからです。
コミュニケーションの取り方が下手な人が上司になり、若い女性にどの様に声掛けして良いか分からない時についボディータッチをしてしまいがちですが、胸やお尻でなくてもむやみに身体に触れることはセクハラ行為になります。
用事がある時にはきちんと名前を呼び、相手の視界に入る様に回り込むなどしましょう。

・下ネタをしない

飲み会で下ネタが出てしまう時には、歩い程度ならば女性も仕方がないと思って我慢をするものです。
しかし職場で仕事中に下ネタを話すと、異性に不快感を与えることからセクハラに繋がります。
男性が多い職場ではつい下品な会話をしてしまいがちですが、セクハラの相談が最も多いケースなので注意しましょう。
また、オフィスに女性の水着やヌードのポスターを貼り、撤去に応じずにセクハラ認定されたというケースもあるので、直接本人に対しての行為でなくても注意が必要です。

・外見に関することを言わない

自分は相手を褒めているつもりでも「色っぽいね」「セクシーだね」という、性的対象としての表現をすると、セクハラにとられる可能性があります。
当然ながら、男性が女性に対して「デブ」「ブス」「貧乳」と言ったり、逆に女性から男性に対して「ハゲ」「デブ」等と言うと、セクハラ発言になってしまいます。

・私生活について言わない

例えば「今日はミスが多いね、どうしたの」と言うのは良いのですが、「今日はミスが多いね、夕べ彼氏とお楽しみ過ぎて寝不足なんじゃない?」と言うのはセクハラに当たります。
「彼氏といつしたの?」「結婚しないの?」等、私生活に関する男女関係についてはNGです。
また、噂話として「不倫してる」「すぐにやらせる」などを流すと、セクハラどころか名誉棄損で訴えられる可能性もあるので注意しましょう。

セクハラと誤解されない行動をとることが大切

軽度のセクハラは、信頼関係があれば問題にならないものです。
セクハラ加害者にならない為にも、普段から気持よく仕事ができる環境づくりを心がけましょう。


LEAVE A REPLY

*

Return Top