ビジネススキル

転職を成功させたい人が磨いておくべきスキルとは

投稿日:2016年4月21日 更新日:

はじめに

転職をしたいと思ったら、応募先の会社にとって「必要な人材」になることが大切です。
面接の際には自己PRでどこまで役に立てるかを説明しなければなりません。
その際に自分の強みとしてスキルがあれば、より強いアピールポイントになります。
転職を成功させたい人が身に付けておくべきスキルとはどの様なものでしょうか。

目標を持って行動するスキル

8893c661b55a2a2ad0e64156eeb4b2c1_s今の会社で毎日与えられた仕事をこなすだけでは成長することはできません。
転職を希望するならば、向上心を持つことが大切です。
会社にとっても成長が確信できる人材ならば、将来性を見込んで採用してくれます。

仕事をする際には常に目的意識を持って遂行しましょう。
自分の仕事に於いて、数値的に何か目標になるものを設定してそれに向かって工夫をしていきます。
「作業時間を1時間短縮する」「未収金回収率を10%アップする」「廃棄処分品を5%減らす」など、自分で出来る範囲で目標を持ち、期間を設定して達成の為に努力をします。
転職の際に面接で、どんな目標を持ち、どの様に工夫や改善を行い、その結果どうなったかというのは非常に強いPRポイントになります。

相手との交渉スキル

d5440df245a0f62d4f83ed983caff153_s転職をするに当たっては、給与や待遇などについて面接の際に話し合います。
その際に相手の心証を害することなく自分の希望を述べる為には、交渉スキルも大切になります。
面接だけではなくビジネスの場では相手との交渉スキルは最も重要とされています。
自分を有利にする為にどれだけのメリットを提供できるか、それを相手にどの様に説得できるかで、ビジネスの成功を左右することになるのです。

交渉スキルはコミュニケーションスキルとは違い、ただ相手と親しくなるものではありません。
相手と勝負をしていかにこちらに有利にもっていくかが結果になります。
交渉スキルが身に付いている人は少し会話をしただけでもすぐに分かりますので、転職の面接の際にも役立ちます。

優先順位をつけるスキル

e1a67d7f2b59194678e72ea79733cf5d_sどんなに仕事ができる人でも、ダラダラと目の前にある仕事をしているだけでは有能とは言えません。
長く勤めていれば仕事のボリュームは段々と増えていくものですので、効率的に進めて締め切りに遅れない様にすることが大切です。
自分一人が締切に遅れると他の人達に迷惑がかかることもあるので、「忙しいから」は理由にならないと思いましょう。

物事に優先順位を付けるスキルはなるべく残業をして稼ぎたい日本人が苦手とするものです。
だからこそ仕事のスケジュール管理をしっかりして、締切には必ず間に合わせるだけではなく、満足のいくものを提出出来る様に心がけましょう。

語学スキル

e02e53e7660e6cb8eed98ec319b7e628_s語学は転職の際に一番評価し易いポイントです。
最近では日本企業もグローバル化が進み、英語だけではなく、中国語や韓国語もビジネスに役立つことがあります。
転職の際にTOEICの点数が高いだけで有利になる企業もありますので、機会があれば身に付けておきましょう。

ただ留学経験があるだけではなく、ビジネスに応じた語学を身に付けられれば、即戦力として採用されるチャンスも多くあるのです。

終わりに

転職の際にはまず自分が身に付けたスキルを上手にアピールする必要があります。
自分にはどんなスキルや強みがあるのか普段から良く考えておき、今の仕事でより磨きをかけて転職活動をすると良いでしょう。

一緒にこんな記事も読まれてます。

Copyright© wakus , 2019 All Rights Reserved.