wakus

入社して間もないころに使える、社内での人間関係に関するスキルは?

入社してまだ間もないころは、自分よりも年下の人間よりも年上や立場が上の人間のほうが社内でも多くなります。そういった中で、「いかに人間関係を良好に保っていけるのか?」というのは重要で、自分への信頼や評価を上げる要素にもなります。

人間関係が良好になれば、仕事自体も捗りやすくなることもあるので、ぜひとも身に付けておきましょう。

挨拶は非常に重要

日ごろの挨拶は、市内での人間関係において非常に重要な要素となります。特に社内にいるほとんどの人が目上の場合は、日ごろからしっかりと挨拶ができているのかという点で、自分への印象が大きく変わってきます。

いつも欠かさずきちんと挨拶をする人は、印象もよくなるというのは当然ですよね。

さらにすれ違う人すべてに挨拶をしていくように心がけると、人当たりが良いという印象を与えることもできます。それができれば他部署の人とも会話をしやすくなり、自然と社内での自分への信頼や評判も上がっていきます。

そこに相手が目上なのかどうかは関係ありません。

上司に対しては素直に従った方が良いときもある

Business man looking at his own devil demon shadow concept background職場での人間関係においては、場合によっては正論を突き通さない方が良いこともあります。

時には上司に対して不信感を抱いたり、納得のいかない気持ちを抱えることはあるでしょう。しかしそのような気持ちをあえて心の奥にしまっておいた方が良い場合もあるのです。

たとえば、上司の言動などでおかしな点があって鋭く指摘したら、上司の機嫌が悪くなってしまい、その腹いせにパワハラをしてくる・・などということがないとは言い切れません。それがないとしても、上司自分に歯向かってこない部下の方が明らかに好印象なのです。

また上司のタイプによっては、自分で支配しているような感覚になれた方が優越感もあるので、上司のそういった部分に付き合った方が、結果的に自分に対する上司が印象はよくなり、信頼度も上がるので、いろいろなと仕事を任せてもらえたりという機会も増えることもあります。

なので、上司に対してむかつくという気持ちが芽生えたとしても、上司のタイプや性格によっては、こびへつらった方が得策だと割り切る気持ちも大切だったりします。

目上の人間に対しては、自分の感情を押し殺して接するということが1つポイントになりますから、職場での人間関係を良好にするスキルとしては覚えておいてほしいところです。

年下への叱責は言葉を選んだ方が良い

社内にはもちろん社内に年下の社員もいるはずです。年下の後輩人への叱責は、口調が強くなりすぎないように気を付けなければいけません。まして叱ったりする場面では厳しくなりやすいので、自分が発言する言葉の1つ1つが、相手の心象に対してを大きく変えていることを知っておかないといけません。

上司に対しても重要ですが、年下の社員への印象というのも大切にしないといけないのです。

叱ったりする場面以外にも、絶対的な意見として押し付けたりしないようにします。それが当然かどうかというのは、人それぞれの感覚による部分も多く、人によってはそれが当然には思えないこともあるのです。
なのに、それを決めつけてしまうと、自分の人格が全否定されているような気分になり、印象が悪くなって信頼も得られません。

相手を尊重して認めたうえで相手の気持ちを考えるならば、「それよりもベターな方法があるでしょう?」というような言い方をした方が望ましいでしょう。

印象をよくして信頼を得ることが大切!

職場において人間関係を良好にするには、自分への印象を良くすること・信頼度を高めることが必要です。

そのためには、自分の心情に反することや自分にとって最善とは思えない行動を取っていく必要がある場合もあります。人間関係というのはそもそも合理性とは無縁の部分によって構築されているので、人間関係におけるスキルも、感情的な部分を考慮した方が上手くいきやすいということになります。

このことを意識して、ある部分では割り切って行動していけば、人間関係もスムーズにいきやすいかもしれません。


LEAVE A REPLY

*

Return Top