wakus

初めての転職。転職をする最適なタイミングと成功法

社会人になり、三年くらい経つと自分自身の将来を改めて考え始めて転職を視野に入れる人も増えていきます。

しかし、「上司が嫌だから」「仕事がつまらないから」といったマイナスな理由で転職しても本当にやりたいことも見つからず、うまくいかないことがほとんどでしょう。
何度も転職を繰り返すことにもつながっていきます。一度きりの人生で転職の失敗は避けたいものです。

転職を決意するタイミングやいい転職の仕方や手法をここでは紹介していきたいと思います。

転職をする最適なタイミング

Old hourglass on the background of clocks頭の中では「いつ転職をしようかなー。」とぼんやりと考えてることは多いのではないかと思います。

いつのタイミングで上司に報告すべきなのか、そもそも転職活動はどれくらい時間がかかるものなのか。

転職とは人によって期間は様々だが、大体「3から4ヶ月ほど」転職活動をしている方が多いようです。
さらに、いざ転職先が決まった場合には、2ヶ月前くらいには会社に伝える必要があります。

もしかしたら、退職交渉が難航してしまったり、大きなプロジェクトを担当していたりと、スムーズにいかないケースが出てくるものです。余裕を持って2ヶ月前くらいには伝えることをお勧めします。

転職の時期としては、これも一概には言えないですが、4月入社・10月入社の求人はまとめて集めている傾向があります。
これは通期・半期の期替わりの時期でもあり企業側は身体性として人員を補充するタイミングでもあります。
そのタイミングであれば、転職求人も積極的に出ています。

初めての転職は求人広告より人材紹介

それでは、実際に転職活動をする際に、いくつか手段はありますが、メインどころは「転職メディア」。
主にインターネット上に求人掲載をしており、よくテレビでCMも放映しています、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

転職メディアの特徴は、自分のペースできになる求人に応募をすることができ、いくつかのメディアに登録してればその分、多くの求人を比較検討をすることができます。忙しい人にとっては自分のペースで探せるので魅力的です。

一方で人材紹介サービスといって、キャリアコンサルタントと呼ばれる方との面談を通して求人を紹介してもらえるサービスもあります。

このサービスの魅力としては、転職のノウハウを教えてもらえたり、面接の仕方、履歴書などの書類の書き方、退職交渉の仕方など。手取り足取り教えてもらえるので転職が初めての方や確実に限られた期間で決めたいような方にはオススメの手法です。

面接ではとにかくポジティブに

実際に、書類審査が通ると面接に進んでいきます。

ここで、注意しておくこととしては、転職の面接は新卒の時と違い、求められることや見られているポイントが大いに変わっていきます。

なぜなら、転職に関しては、企業は即戦力の人材を求めているため、実際の仕事でどのように活躍をしてもらえるのかどうかを判断しています。
なので、直近の仕事の成果や、仕事の打ち込み方などのスタンスや想いを聞かれていきます。

さらに、肝心なことは、「なぜ、転職をしたいのか」という問いに対して、ネガティブな答え方をしてしまっては、残念ながら内定はもらえないです。

「将来、こういうことをしたい!」「こういうスキルを持っているので活かせる場所で働きたい!」といった、前向きな発言は企業側にも気に入られて、採用意欲が湧くものです。

転職をする上で、正直にネガティブな想いもあると思うがそこは一旦、しまっておき、前向きな志望動機・転職理由を伝えていくことが大切です。

転職を成功させるために

これまで、述べてきたように、転職とはタイミングと手段と決意、様々な要素が必要になっていきます。
さらに言えば、これから転職を考えている方には、ぜひ円満退社をしてほしいと思います。

せっかく縁があり入った会社です。何か揉めてしまっては本当にもったいないですし、気持ちよく転職できなきなってしまいます。今後も前職の会社とどんな繋がりがあるかわかりません。

しっかりと最低限のルールを守って転職活動を成功させていってほしいと思います。


LEAVE A REPLY

*

Return Top