wakus

売上UPのために知っておきたい顧客心理 ~【楽して快適に暮らしたい編】

「楽したい!」「快適に暮らしたい!」という顧客心理は、私たち人間なら誰もが持っている不変の欲求の1つです。
これは太古の昔から現在に至るまで、そして恐らくこの先の未来も変わらないでしょう。
この不変の欲求を営業する際に使って売上を上げるにはどうすれば良いかを紹介しています。

顧客のすべてが「楽して快適に暮らしたい」という欲求を持っているのか?

あなたは楽したいですか?快適に暮らしたいですか?もちろんYesですよね。
この感情があったからこそ、文明は進歩してきました。

例えば、原始時代などの移動手段は当然歩くしかありません。
それが、馬に乗って移動する時代などを経て、今では車や飛行機まであります。つまり、この「楽したい!」「快適に暮らしたい!」という感情は、時代や国、性別など関係なく、私たち人間が持つ本能にも近い欲求なのです。
なので当然、あなたの顧客自身も「楽したい」「快適に暮らしたい」という欲求を持っています。

「楽して快適に暮らしたい」という欲求がなぜ売上UPに使えるのか?

rear view of a caucasian business person looking at the question marks on white board.「楽して快適に暮らしたい」を逆説的に考えれば、「苦しんで不便な生活をしたい」ということになります。…そんな生活を望んでいる人ってほとんどいないですよね?これも同じように人間なら誰もが持つ、「痛みや苦痛から逃れたい」という本能に近い欲求なので、感情に大きく影響を与えているのです。

しかし、この「快適に暮らしたい」という欲求はそれだけでは終わりません。1度その快適さを味わってしまえば、あまりの快適で楽な状態に感動を覚え、その後も繰り返し味わいたいという衝動にかられてしまいます。そして、もし慣れてしまえば、2度と以前の生活には戻れなくなるという極めて常習性が高い欲求でもあるからです。

さらにそこには、バンドワゴン効果やマズローの欲求5段階説で挙げられているようなものも作用してくるので、顧客はその「快適に暮らしたい」という欲求から逃れられなくなるでしょう。 

「楽したい!」「快適に暮らしたい!」という顧客心理に作用する3つのポイントとは?

では実際に、「楽したい!」「快適に暮らしたい!」という顧客心理に訴えかける営業をする場合、どのようにすれば効果的なのでしょうか?ただやみくもに「楽できますよ!」「快適に暮らせますよ!」と言えば反応がある…というわけではありません。そこで、顧客心理を動かすために効果的なポイントを3つご紹介しますので参考にしてください。

1.誰でもできるということを伝える

「楽したい!」という欲求を満たす必要があるのに、あなたが売りたい商品自体に「難しそう」「複雑そう」などのネガティブなイメージを持たれてしまってはいけません。逆に「楽したい!」という言葉や感情からイメージされる「手軽」「簡単」「単純」「易しい」などのキーワードはパワーワードとして使えるので、効果的に使えれば顧客心理は簡単に反応を示すでしょう。

2.数字を見せる

数字は非常に大きな説得力を持っています。もし、あなたの商品を使うことによって作業工程が減ったり、手間や時間を削減できるのであれば、その数値を見せることは顧客心理に大きく働きかけるでしょう。ぜひ1度あなたの商品を「こんなに楽になった」「快適に過ごせるようになった」という観点から、様々な切り口を使って分析してみてください。

3.具体的にイメージさせる

顧客自身が、あなたの商品を使うことによって快適に過ごせるようになっているという、より具体的なイメージを頭の中で想像することができれば、商品の購入を決断するのも目前です。というのも、脳の信号は疑似体験と実体験にかかわらず同じような性質をもっているらしいので、顧客は今のままの生活よりもイメージの中の快適な生活を求めるようになるからです。

これらのポイントは、どれも非常に大きな効果があります。そして、どれか1つだけを使うよりも2つもしくはすべてを組み合わせて使うほうが、より大きな効果が期待できます。

まずはあなたの商品を分析してみて、どのように伝えたほうがより顧客に伝わりやすいのかを探してみてください。 

「楽して快適に暮らしたい」という欲求は売上UPに利用できる!

「顧客自身が商品を使いこなせる」ことを理解して、「商品を使うことで楽できる/快適になる」ことがイメージできていれば、商品に対する心理的な障壁を大きく取り除くことができるので、あなたのセールス活動も優位に展開できるようになるでしょう。
ぜひ、「楽して快適に暮らしたい」という顧客心理を利用して売上をUPさせてくださいね。


LEAVE A REPLY

*

Return Top