wakus

3つのポイントで発言力を鍛えビジネスの成功を手に入れよう!

会社で働いているとしても、自分で会社を立ち上げるにしても、人間関係はビジネス成功の大きな要素です。
カネとコネとはよく言ったものです。
コネクションつまり人間同士のつながりというのは、会社だけにとどまらず家庭や地域の中でもとても重要なものです。

では、このコネクション、人間関係はどのように作り上げていくかというと、それはコミュニケーションによって作り上げていきます。それで、会社の中でのプレゼンテーションや上司への提案など、自分の発言がどういうものなのかは成功に大きくかかわっているといえるでしょう。

では、ここで発言力のスキルアップに必要な3つの事について考えていきましょう。

1.発言は聞く事から始まる

french bulldog dog listening or talking on the can telephone, isolated on white background顧客や上司や同僚に対して、自分の考えやアイデアを発言する機会が必ずあるでしょう。
その時に何を発言するかは、自分の考えだけよって形成されるのではありません。
相手の考えを理解して、相手の考えや方向性も考慮しながら発言していきます。

どれだけいいアイデアでも相手の事を考えに入れていない意見は受け入れられません。
仕事とは、自分や相手やその他の大勢の人たちと一緒になって、協力して作り上げていくものです。

ですから、自分が発言する前に、相手がどのような考えを持っているかを理解できるように集中して聞きましょう。
そうすると、おのずと相手や回りの人のニーズをなんとなくつかめるようになってきます。

最初のうちは自分が何かを言わなければならないと緊張するかもしれません。でも、まず相手の話を聞き、自分の中にに言いたい事がなければ、「○○さんはどう思われまか?」と聞けばいいのです。
発言力のアップは聞く能力をアップする事から始まるのです。

2.発言のタイミングを見定める

人には感情があります。
同じ事を言ったとしてもタイミングによって受け入れられる時と、そうではない時があります。
自分がどんなに素晴らしい発言や意見を言ったとしても、それが却下されればそれがいかされることはありません。ですから、その発言が一番功を奏するいいタイミングを見極めましょう。

相手が、悩んでいたり考え事をしている時には、聞いてはいてもそれを頭の中で処理するまではいきません。
人間の思考というのは面白いもので、一度に二つの事を考える事はできません。一度に一つだけです。

それで、できるだけ話を聞いてもらえそうな時間帯や日にちを選べます。さらに、自分でその受け入れられる雰囲気を作り出す事だってできます。
緊張した雰囲気を緩和させる軽いジョークや、笑える失敗話なども状況によっては使えます。

では、プレゼンテーションの時にはどうでしょうか?
準備したものを、その時に発表していかなければなりません。でも、雰囲気は固く重苦しいものです。

では、あなたが笑顔で話しましょう。笑顔は感染力がありそれは人に伝わります。そして、できるだけ自分の自分の資料に集中して雰囲気に飲まれないように気をつけます。

発言力がある人というのは、一気に雰囲気を変える力をもっています。その話術のみならず、彼らは自分独特の世界観を作りあげ、それが人を引き付けます。

最初はそこまでは難しいとしても、まず自分の準備したものに思いを集中する事により緊張して混乱する事を防げます。慣れてくれば、聞いている人との目でのコミュニケーションをとって内容を少し変更する事もできますが、これは少し高度な技術です。

3.声に出して練習する

自分の考えを声に出してみる練習をしましょう。
プレゼンテーションなどの時はもちろんですが、普段自分の考えを実際に声に出して表現してみるような習慣を身につけるのはスキルアップの早道です。

発言力がある人は、経験の積み重ねによってもそのスキルがアップしています。つまり、それだけ実際に声に出しているという事です。

実のところ、頭では理解していても、実際に説明してみるとそれほどいいアイデアではなかったり、論理的ではない事に気づく場合もあります。
さらに、自分で練習したり声に出してみると、それは自信にもつながります。自分で自分に納得するように言い聞かせているようなものだからです。自分の発言に自信のある人はその話し方に影響してきます。

家族や友達を練習台にする事もできるでしょう。仕事の話ではなくても、最近自分の回りで起こった事柄とか、それに対して自分はどう思っているのかを、相手に分かってもらいやすいように話す事を意識するのです。

発言力アップに難しい技術は必要なし!

このように発言力のスキルアップについてまとめてみました。聞く、タイミング、練習です。
ここでは、実際に話す時にスキルについては触れていません。ですが冷静に考えてみると、話すというスキルは多かれ少なかれ、だれでも生まれた時から培われています。

内容や話の構成は小学校や中学校の国語の授業レベルで構わないでしょう。実際、インターネットで有名な大学の講師や会社の社長と呼ばれる人たちの話を聞くと分かりますが、成功する人の多くはだれでも理解できる簡単な言葉で分かりやすく伝える人たちです。

それで、発言力をアップさせたい人は、必ずしも難しい言葉や言い回しを使いこなさなければならないという事はありません。
今までの人生で培った話のスキルに上記の3つのポイントを加えて、発言力アップで成功できるといいですね。


LEAVE A REPLY

*

Return Top