wakus

「転職」という言葉が頭をよぎったらすること

・あなたは今の仕事に就いて何年目ですか?

・今の仕事にやりがいを感じていますか?

・その仕事をずっと続けていけそうですか?

この質問に「うっ」と答につまってしまった方、どうして「うっ」となってしまうのでしょう。

「仕事やめて転職したいな」と言う人は世の中にたくさんいますが、どうして転職したいのかを明快に答えることができない人も多いのです。だから「うっ」と言葉に詰まるのです。

今の自分はどんな状態なのか客観的に知る方法をお伝えします。

仕事そのものが嫌なのか、職場が嫌なのか

thinking woman with question mark on gray wall background「仕事やめたいな。転職しようかな。」と思うことは誰にでもあります。

その時に見極めなければならないのが、

・「仕事そのものが嫌」なのか
・「職場が嫌」なのかということです。

両者は同じようで全然違います。

仕事そのものが嫌だと思うのは、その仕事が自分に合ってないのかもしれません。
また、他の業務の方が忙しく、本来の仕事がやれてない状況なのかもしれません。

いずれにしても、この場合は今後のことをじっくりと考える必要があります。

仕事そのものが合っていない、自分に適していない仕事をして、今の状況に満足できずにフラストレーションがたまっているなら、転職することを検討した方がいいです。

他の業務が忙しくてストレスにつながっているなら、上司や同僚に相談することが大切です。
他の人も同じことを感じているかもしれないので、自分が提案することは悪いことではありません。

結果、うまい具合に改善されたら、本来の仕事ができるようになって、「仕事やめたいな」とは思わなくなるかもしれません。

職場から逃げたいだけなのでは?

Person under heap of crumpled papers with hand holding a help sign仕事そのものに対する疑問でもなく、業務のあり方でもなく、職場が嫌でやめたいと思う人も多いでしょう。
その場合、人間関係が問題であることがほとんどといっても過言ではありません。

苦手な人がいる、嫌な人がいる、我慢をしてきたがもうそろそろ限界だ。
そう思う時、人は仕事をやめたくなるのです。

仕事をやめたいというより、職場をやめたいといった方がわかりやすいですね。

・その人はどんな人なのか
・何故苦手なのか
・今までどう付き合ってきたのか
・今後もずっとその職場にいられそうか

じっくりと考えてみましょう。

苦手な人のことを考えるのは、できれば避けたいことではありますが、今後もそこで働けるのかを考えるためには必要なことです。

冷静に、感情的にならずに、相手との関係を分析していきましょう。

自分のストレスを見極めて、限界かそうでないかを判断します。

苦手な人がいるから仕事をやめることは悪いことではないのです。
自分の精神状態が限界ならば、無理をしてはいけないのです。

キャリアカウンセリングを受けてみましょう

自分のことを知っているつもりでも、まだまだわからないことはたくさんあります。

特に、仕事のことでは、様々な感情や価値観が邪魔して、冷静に考えることが難しくなります。

どんなに頭のいい人でも、ひとりで自己分析をするには限界があるのです。

そこでおすすめするのが、キャリアカウンセリングを受けることです。
カウンセリングというと、人に言えない深刻な悩みを抱えている人や、自分のことを決められない依存心が強い人が受けるものという誤解もありますね。

キャリアカウンセリングは「今の自分」を整理するにはもってこいの方法なのです。
話すことで、自分の中にあるものに気づき納得することができます。

「やめたい」とは言わなくても、仕事をしていて何となく感じているモヤモヤが何なのか、キャリアカウンセリングを受けることで明らかになりすっきりするのです。

「やめたい」という気持ちが積もり積もって辛くなる前に、まずは自己理解を深めること、それが大事です。

「転職」という言葉が頭をよぎったとき

いかがでしたか。転職という言葉ひとつとっても、人によって考え方や価値観が違いますね。

同じことを言う人がいたとしても、決して事情が同じわけではないのです。

今よりいい会社に転職できる美味しい話はないかと考えるより、今の自分をより深く知ることが大人として必要なことだと思います。

そして、大人の職業人に欠かせないのがキャリアカウンセリングです。
「転職したいな」と思うこと自体が、モヤモヤしていることであり、すっきりしたいと願っていることなのです。


LEAVE A REPLY

*

Return Top