wakus

【Excel】複数条件「〇より下”又は”〇より下の場合」△と表示させたい!~エクセル関数「IF」(イフ)+「OR」(オア)

複数条件「〇より下”又は”〇より下の場合」△と表示させたい!

そんな時に便利なのはエクセル関数「IF」(イフ)+「OR」(オア)です。
「OR」は「論理式1」又は「論理式2」どちらかの条件が成立するという意味で使います。

今回は、社内試験結果「学科」が60点より下”又は”「実技」が60点より下の人を「要面接」としたいとして求めていきましょう。

偽の場合を非表示にさせたい場合は「””」と入力することで空欄(非表示)になります。

=IF(OR(論理式1,論理式2),”真の場合“,”偽の場合“)

「 =IF(OR(C6<60,D6<60),”要面接“,””) 」

ifor

「IF」(イフ)+「OR」(オア)の使い方

1.結果を表示させたいセルを選択

E6ifand2

2.「Fx」マークをクリック→「IF」を選択→OK

「Fx」マークをクリック%e9%96%a2%e6%95%b0%e6%8c%bf%e5%85%a5icon

「IF」を選択→OKボタンを押す
ifand3

3.「論理式」を入力

「 OR 」と手入力
ifor3

論理式1は「C6」セルの数値が60点より下と指定したいので「C6」セルをクリックして入力後「  <60 」と手入力

ifor4
ifor5

「 , 」カンマを入力し、論理式2は実技「D6」セルの数値が60点より下と指定したいので「 D6<60 」と入力
ifor6

4.「真の場合」に「要面接」と手入力

ifor7

5.「偽の場合」に「””」と入力→OK

「””」と入力すると偽の場合は「空欄」にするという意味になります。ifor8

6.ドラッグしてコピー

ifor1

7.完成!

ifor2


LEAVE A REPLY

*

Return Top