wakus

これから社会へ出る方、ゆとり世代を部下に持つ方へ。大事なのは人と人の繋がり

私は飲食店に勤めている27歳の男です。18歳で高校を卒業してから社会に出て約10年経ちます。
まだまだ社会人としての経験は少ないですが、私の世代だからこそ分かることがあるのではないかと筆を取らせて頂きました。

また、40代や50代の方で私のような世代(ゆとり世代)を部下に持つ方にも若い人がどんなことを思っているのか参考にしていただければと思います。

これから社会へ出る方へ

Diversity Students Graduation Success Celebration Concept現在、就職活動を行っている学生さんに向けてですが、希望する仕事や業界が決まっている人もいれば、決まっていない人もいることかと思います。
決まっている人は、その分野に進むための知識を入れ、興味関心を向けていると思います。
ぜひその自分の選んだ道を突き進んで下さい。
若いうちから「こうなりたい」と決めることは決して簡単な事ではありませんから、自信を持って良いです。
ただ、自分の選んだ道が本当に自分に合っているのか、それは実際に働いてみないと分からないものです。

大人はよく言います。
「働いてお金を稼ぐのは大変なことだと」
本当にその通りです。アルバイトの経験がある方もいるとは思いますが、アルバイトと社会人は責任の重さが違います。

そして自分が何をしたいのか決まっていない方へ。
僕も学生時代は何をやりたいかなんて決まっていませんでした。

当時、就職先を探す際に私はこう考えました。
世の中にたくさんある仕事をこの2つに分けてみたのです。
まず「仕事」を2種類に分けます。「人を相手にする仕事」か「物を相手にする仕事」です。

1つ目は「人を相手にする仕事」これは簡単に言うと接客業などです。
飲食店や営業職、コールセンターのスタッフなど・・・
もう1つは「物を相手にする仕事」ですが、これはいわば職人です。
工場でのライン作業なんかもこちら側だと思います。

そして自分はどちらがやいたいか、どちらならやれるか。と考えました。
こうなると、ある程度は仕事が絞られると思います。

社会に出てすぐに稼げることなんて滅多にありません。
大概の仕事は安い月給からスタートしていきます。

最初はただただ、踏ん張るのみです。ちょっと我慢すれば状況は変わったりします。
今の若い人は「我慢が足りない」と言われたりしますが、決してそうではないと思います。それを見せつけてやって下さい。
それは自分のためにもなります。

若い人(ゆとり世代)を部下に持つ方へ 

I draw an electric bulb mark on the transparent board Idea image私はまで20代なので部下といったも、せいぜいアルバイトくらいです。

40代、50代の方は新入社員の教育を任されたりすることもあるでしょう。

20代後半の私は上司と部下の間に立たされる間の存在(世代)です。
今の若い世代は「ゆとり世代」なんて言われています。私も平成生まれでゆとり世代の一員です。

会社に入社して何十年、社会に出て数十年経つ方と、社会に出て間もない人では当然、考え方は違います。
上司の方は正直大変でしょう。
「若い奴の考えは分からん!!」とお手上げの方もいるかと思います。

でも、若い人はそれなりに考えを持っています。
ただ、伝えるのが下手くそだったり伝えるのを諦めてしまっている人が多いです。
まずは聞いてやってください。
引き出してあげて下さい。
私のような世代を間に立てるのも1つの手だと思います。

飲み会に参加しない、定時ですぐ帰る人も居るかもしれませんが1日のうちにたった一言二言で構いません。
仕事の話でもプライベートの話でも構いません。なんでも良いので話をしてやって下さい。

相手はまだまだ若造です。気を遣うのは嫌かもしれませんが、長く経験を積んできた、あなたの方から歩みよってあげて下さい。
すぐは無理かもしれませんし、プライドが許さないという方もいらっしゃるかもしれませんが、部下もきっと分かってくれます。
後に助けてくれる存在です。

部下の方は、例えウザいと思う上司が相手でも、ちょっとだけ話をしてみてください。
「話しなんてしたくない」とか「興味がない」と思う方も居るかもしれませんが一言だけでいいです。
たった一言話すだけで上司はあなたを見てくれますよ。仕事の話なんかしなくても良いです。なんでも良いので勇気を出してまずは話してみましょう。

最後に

Successful businesspeople sitting at conference or seminar during lecture社会に出たばかりの人、悩みを抱えてる人、たくさんいると思います。
私も人間関係で悩んだり、転職に失敗したりしました。
でもまずは、自分が踏ん張ることが大事だと分かりました。我慢すれば少しずつ状況は変わります。
悪くなる場合もありますが、後に必ず自分の力になるはずです。

そして踏ん張れないときは、周りに助けを求める勇気を出してください。
嫌な上司でも、言う事を聞かない部下でも誰でも構いません。
きっとあなたを助けてくれる人は近くにいます。

「仕事」と言ってもやはり大事なのは人と人の繋がりであると私は思います。
学生、社会に出たばかりの人、上司と呼ばれる人、誰かに届けばいいなと思います。


LEAVE A REPLY

*

Return Top