wakus

Webデザイナーを目指す方へ。知っておきたいWebデザイナーの仕事の幅

Webデザイナーの仕事の幅

Businessman working at office desk and using a digital touch screen tablet hands detail, computer and objects on the right, top viewWebデザイナーといえば、なんとなくウェブサイトをデザインする人というイメージで比較的新しい職業と捉えている人も多いと思います。

ウェブ環境が整って当たり前のようにネットサーフィンやネット通販を楽しむ時代になっているので、より多くの人がウェブに接していることからもWebデザイナーを目指そうと考える人も増えていると思います。

デザイナーという言葉からウェブをデザインするのがWebデザイナーですが単にパソコン上に見えるビジュアルデザインをする2次元的なグラフィックデザインというわけではありません。

ウェブ独特の特徴があることからWebデザイナーと呼ばれる人の仕事には幅もあり、得意分野や分担分野が違うというのは一般的には知られていないかもしれません。

Hand to type with the computer keyboardたとえばウェブサイトを実際に見れる状態にするには絵を描くソフトをパソコンで書いただけではできません。
HTMLを使ってコードを書いて作ったファイルやデータでサイト全体をつなげたり、レイアウト表示をさせたりするという仕組みで初めて画面に表示することができるのです。
このようなHTMLを使って書き込むことをコーディングといいいますが、コーディング作業が必要となってきます。

Workplace. Man working on notepad with hand drawn website project.また雑誌や書籍の編集のようにテーマを決めたり、ページとページのつながり方、リンクの張り方などを計画したりすることも仕事として含まれることもあります。
いわゆるビジュアル表現だけがWebデザイナーの仕事ではなくそれらを含んだ周辺の知識や技術が必要だということです。
またその幅の中にも担当する場合もあればそうでない場合も存在します。

たとえば先ほどコーディング作業もWebデザイナーの仕事となると書きましたが、コーダーと呼ばれるコーディング作業だけをする職業も存在します。

コーディング作業をコーダーと分担することでより画面のデザインに専念するという形態をとっている場合も存在します。
逆に、一般的にはプログラミングまでWebデザイナーは担当しませんが、能力があればコーディングもプログラミングも出来てしまうWebデザイナーも存在します。

A businessman in formal clothes is drawing a colourful business charts and icons on the white board. A concept of starting a new business. There are concrete wall and three black ceiling lights.また、ウェブデザインで使われる画面のボタンやアイコン、バナーなどを分担してデザインすることもあります。
この場合はHTMLの知識というよりも2次元的なパソコン上のグラフィックデザイン用ソフトを使って絵が描ければできるので、それらを主に担当している人もいます。

ウェブデザイン用にこういうボタンやアイコン、イラストなどを描くだけの人はWebデザイナーとまでは呼べないかもしれませんが、広く仕事を含めるとWebデザイナーの一種と考えてもいいかもしれません。

Webデザイナーは素材として自分で絵を描いたり写真を撮ってきたり、探してきたりすることもありまたそれらは準備されているのが前提で画面を構成するのを主としているWebデザイナーもいます。

hires%ef%bc%92画面を構成するのもスマホやタブレット、PCなどそれぞれに対応した別々にデザインするのがスタンダードとなってきていて、IT技術とともに知識も対応していく必要もあります。

Webデザイナーといっても会社や職場、案件によって仕事の幅も様々あるということです。


LEAVE A REPLY

*

Return Top