wakus

IT関係「SE(システムエンジニア)」の仕事とは?

IT関係「SE(システムエンジニア)」の仕事

Happy successful man in glasses with raised hands sitting on workplace in office私はSEとしてITベンダー(企業が必要とする情報技術に関連した機器やソフトウェア、システム、サービスなどを販売する企業)に勤務していました。

最近は「SE」という言葉も少し耳にするようになってきましたが、どんな仕事なのかは、なかなかハッキリと答えられる方は少ないかも知れません。

少しでもSEという職業を身近に感じて頂けたら幸いに思います。

SEとは?

SEそもそも、SEって何の略って何でしょう。
SEとは、システムエンジニア(System Engineer)の略です。

システム(System)とは、いわゆる情報システムの事で、ハードウェア、ソフトウェアを動かすプログラムの集合体です。

SE(システムエンジニア)は、いわゆるプログラマー(プログラミングを専門に行う技術者)の上位職で、コーディング(プログラムを書く)だけではなく、システムの設計から携わります。

プログラマーは基本的には個々のプログラムに対して責任を持つのに対し、SE(システムエンジニア)はプログラムの集合体であるシステム全体の設計から開発や構築、運用、保守、管理なども含めて責任を持つ、重要な技術者です。

IT関係「SE(システムエンジニア)」の仕事に就くには?

SEmemo基本的には、ITベンダーなどのIT企業に就職するのが一番の近道かと思います。
ただし、各々の会社で取り扱っているシステムの内容が異なる為、自身の目指すシステムを取り扱っている企業を探されると良いでしょう。

私自身は、理系大学の工学部で情報工学を専攻し、そこからITベンダーに就職しました。
しかしながら、文系大学の出身者や専門学校の出身者も同期で多くいました。
就職する際、必ずしもプログラミング経験などが必須となっていないケースも多い為、実務にて経験を積むのが何よりかと思います。

独学で学んだり、セミナーなどを受講する方法も無くはないですが、プログラミングもシステム設計も経験が何よりのスキルアップに繋がる為、実務経験が何よりも重要です。

また、実際に職業に就いた際、会社によっては新人研修でみっちりと時間を掛けて実力アップの為に研修が行われたり、実務中にも様々な研修、セミナーを受ける機会などもあるかと思います。
その為、他の職業などに比べ、比較的実際に職業に就いて経験を積む事が重要です。

また、明確なイメージがあるのであれば、その技術者として必要なプログラミング言語の勉強や各種資格の取得を済ませるのもオススメです。
特に、資格については非常に多岐に渡る為、ここでは細かくは説明できませんが、しっかりと必要な資格を取得すれば実務にもスムーズに入る事ができるかと思います。

SEの魅力

seshisutem何と言っても一番は、要件を満たしたシステムが完成し、クライアントとなる発注元のお客様から喜びの声を頂いた際の達成感です。

システムは動き始めてからも改修や保守管理は常に続きます。
その中でも残念ながら仕様の通りに動かなかったりなどのバグは常に発見されるものです。
どんなにテストケースを重ねてもこれは防ぎようがなく、そういったものも含めてお客様からお喜びの声を頂戴する事は技術者にとって非常に名誉な事です。

また、技術職では珍しく、実際のクライアントとの打ち合わせを何度も行うのがSE(システムエンジニア)の仕事の一部となっているので、ただ単に納品して仕事が完了という立場ではありません。

その意味でもクライアントとの繋がりや一体感が生まれるのもこの職業の魅力の1つと言えるのではないかと思います。
その為、クライアントの要求をくみ取り、それに沿った形で提案できるコミュニケーション能力やロジカルシンキングも必要となります。

そういった能力についても、経験などで身に付ける事もできます。

仕事で向き合うのはコンピュータが相手ですが、システムを必要とする側に立ったシステムを設計・開発する事も非常にやりがいがあり、魅力的な仕事だと思います。

SEに就きたい方へのメッセージ

Group of business people discussing.They are using a digital tablet at meeting.SE(システムエンジニア)は、IT関連の中でもシステムにおける専門家です。
時代がこれだけITの進歩を求めている中で、なくてはならない技術者ですから、しっかりとビジョンを持ち、誇りを持って夢を追いかけてもらえればと思います。

また、IT技術の進歩は非常にスピーディーです。
新しい技術を常に取り入れ、時代に追い越されないようにその時々のプログラミング言語やトレンドなどを常に勉強し、日々、自身のスキルアップの為の努力を怠らないで下さい。

最後に

Group of People Connection Digital Device ConceptSE(システムエンジニア)は、誰もが志す事ができる職種です。
スポーツなどのように特別な才能は必要なく、後天的な自身の努力だけで勝負ができます。

しっかりと、どんな技術者になりたいか、その為にはどのようなジャンルの勉強や経験が必要かを常に意識し、ITの進化速度に取り残されないように突き進んでいって下さい。

皆さんの生み出したシステムがこの世界のどこかで動き、社会の役に立つ事を願っております。


LEAVE A REPLY

*

Return Top