wakus

Webマーケッターになりたいあなたへ~仕事内容と魅力~

Webマーケッターの仕事

Business people discussing the charts and graphs showing the results of their successful teamwork.人が何かを買いたいとき、数十年前までは人と人が目と目を合わせて、対面して購入するという方式がほとんどでした。直接顔を突き合わせて話をし、納得したうえでモノを買うことで、人は買い物を楽しんでいました。

また、営業マンと呼ばれる人たちは、自分たちの会社の商品を売り込むために、あの手この手を使って営業活動をこなし、売り上げを上げていました。

しかしインターネットが全世界で爆発的に普及した現在では、そのような対面方式での買い物はどんどん少なくなってきています。

その代わりに誕生したのが、ネット上で販売を行うネット販売のシステムです。わざわざお店に出向かなくても、自分で知りたい情報を検索してその場で購入することができるという手軽さから、そのシステムが全世界に普及するまでには時間はかかりませんでした。

しかしそこで重要になったのが、ネット上でどのように販売をしていくのかというマーケティングができる人材です。どんどん複雑になっていくWeb広告のシステムをすべて把握しながらも、売り込む商材に最適な広告を選定・運用し、販促活動を成功に導く仕事、それができるのがWebマーケッターという仕事なのです。

Webマーケッターの仕事内容とは

woman typing on laptop and media icons fly offそんな彼らの仕事は非常に多岐にわたります。まずは売り込む商材を理解しなければなりません。どんな商材を売り込むか、それはどんなユーザーに受け入れられるのかというターゲットを選定し、それらターゲットにリーチするために最適な広告を選定します。

広告の選定が終われば、運用担当と相談しその運用を最適化することで、商材をネット上でどんどん売り込み、最終的な売り上げのアップを目指すのです。

具体的なWeb広告とは、SEO,リスティング、アフィリエイト、DSPや動画広告などその範囲は非常に広く、またそれら広告は常に進化を遂げるため、常に勉強が欠かせません。

また、クライアントの商材を理解するためのヒアリング能力も必要不可欠です。いかに広告の知識が豊富でもクライアントの商材をしっかりと理解したうえで販促活動に移らなければ、効果を最大化することはできないからです。

Webマーケッターになるためには

A businessman in formal clothes is drawing a colourful business charts and icons on the white board. A concept of starting a new business. There are concrete wall and three black ceiling lights.Web広告の歴史はまだまだ浅いため、現在でも様々なベンチャー企業が誕生しており、そういった企業へ入社してみることがお勧めです。また、ベンチャー企業に入社するということは人材がまだ豊富にそろっていない企業へ入社するという意味合いが強いため、大手で歯車のような部分的な仕事をすることは少なく、全体の流れを身をもって学ぶことができます。

また、業界的に非常に激務であるため、短期間で退社する人も少なくなく、慢性的な人手不足に悩んでいる企業が多く、その分入社することはそこまで難しくはないといえます。

Webマーケッターの魅力とは

I draw an electric bulb mark on the transparent board Idea imageこれは人それぞれ違う魅力を感じるところかとは思いますが、多くは自分が仮説をもとに作り上げた広告戦略が、うまく回った時ではないかと思います。

商材のいいところを理解し、それを届けたいターゲットにピンポイントで売りこめた時の喜びは、何物にも代えがたいものです。

簡単な仕事では決してありませんが、その分やりがいも大きい仕事といえます。


LEAVE A REPLY

*

Return Top