wakus

Webデザイナーに求められる能力とは?

Webデザイナーに求められる能力

Man Working Laptop Connecting Networking ConceptWebデザイナーに求められる能力とは具体的にどういったものでしょうか。

やはりデザイナーというからには絵がパソコンで描けたり、センスがよかったりする必要があるとイメージしていると思います。

実際にパソコンで絵が描けたり、美的センスをもっていることはWebデザイナーにとってかなり有利であることには違いありませんが、Webデザイナーの仕事の中身を知るとより具体的に必要な能力がわかってきます。

グラフィックデザイナーとエディトリアルデザイナーの違い

media icons fly around globe on tablet computerまずグラフィックデザイナーや紙に印刷される媒体など書籍のエディトリアルデザイナーとの違いはウェブの仕組みを理解する能力が必要であるということです。

HTMLで構成されるウェブ表示の仕組みを理解していないとWebデザイナーとしては成り立ちません。

経験があるかもしれませんが同じサイトでもパソコンとタブレットやスマホとデザインが違っていたり、レイアウトが崩れたりすることもありそういったことを解消するようにデザインする必要があります。

サイトの中で迷子にならないようにわかりやすくデザインする

書籍や雑誌の編集と違ってページごとに飛んでいくために階層ごとの組み立てなどウェブ独特のまとめ方の編集能力が必要となってきます。

特に使い手や閲覧者にとってわかりやすくページを行き来してもらうにはユーザーインターフェースデザインという発想を持ってWebデザインに取り組む必要があります。

素材の加工、レイアウト能力とセンス

Modern designer sitting in front of computer in office静止画像だけがWebデザイナーの分野ではありません。
スライドショーや動画、音楽などを組み込んだりするサイトは珍しくないのでそれらの知識をある程度は持っておく必要があります。

このあたりは動画作成などWebデザイナーがすることは少ないかもしれませんが、埋め込みや動画を再生するためのボタンやキャプチャー画面などをデザイン要素として画面に配置したりと何かと関連があります。

Webデザインに使われるイラストなどもWebデザイナーが自分で描く場合もあればイラストレーターに依頼したりしてそれらを加工したりレイアウトすることのほうがWebデザイナーとしては求められる能力といえるかもしれません。

またWebデザインは写真画像なども素材として多用されることから写真の知識も必要です。

そのまま使える写真ばかりだといいですが、中にはウェブにのせるには大きすぎたり、荒すぎたり、暗すぎたり、明るすぎたり、トリミングが悪いなどそのまま使えないことが多いので写真加工も必須の能力です。

もちろんいい写真画像かどうかという写真そのものを選ぶ審美眼という写真を選ぶセンスというのも必要となってきます。

製作意図を理解できる能力

Businesswoman drawing red graph on concrete wall, many business icons around. Back view. Concept of career growth.また制作上の技術的なものだけでなくディレクター、プログラマーやコーダー、営業担当と様々つながりの中で製作意図を理解できる能力というコミュニケーション能力も実際には必要となります。

このように具体的にWebデザインを作る手順なりをみていくとより具体的にWebデザイナーに求められる能力といういうのがわかってくると思います。


LEAVE A REPLY

*

Return Top