wakus

アパレルのお仕事に就きたいと思っている方へ~ファッションアドバイザー・ショップマネージャーの先輩からのアドバイス~

アパレルのお仕事に就きたいと思っている方へ

012私はあるファッションメーカーに20年勤めております。

仕事内容としては「ファッションアドバイザー」「ショップマネージャー」というところですが、今回は「アパレルメーカー」の仕事に興味を持っている方へ私自身の経験からこの仕事についてお話しさせて頂こうと思います。

ファッションアドバイザー・ショップマネージャーの魅力

135ae518774f45459c9212996c098dd8_sファッションアドバイザー・ショップマネージャーの魅力についてですが、なんと言ってもファッションの最前線に身を置けることと、更に店頭に立てることでお客様とリアルな接点を持ち日々トレンドを感じながら仕事ができるということです。

ファッションの世界は流れが早く、時代の流れをそのまま反映していると言っても過言ではありません。
扱っている商品はもちろんですが、店頭に立ってお客様と話をしていると、その会話の中から今どんなファッションが流行っているのか、注目されているのかなど世間の流れをリアルに感じることができます。
ですので、毎日が新鮮で新しい日々に感じますし、自分自身もいつもトレンドや時代の流れに対してアンテナを張って過ごすようになります。

また、自然と若々しくいられるということも魅力の1つです。
店頭で働いているファッションメーカーの方は自分の本当の年齢よりも5~10歳位若く見える人ばかりです。
もちろんお客様に対して恥ずかしい格好はできないという緊張感もありますが、いつもリアルで新鮮なトレンドに接して働いているので自然に若々しくいられるのだと思います。

店頭スタッフに求められるもの

80417956110724434ef14e7e10e316e8_sファッションの仕事というのは最先端のトレンドの象徴なので表向きは非常に華やかに見えますし、そうでなければなりません。
また、ファッション業界は淘汰の激しい業界です。
新しいブランドやメーカーも次から次へと出てきますのでトレンドやお客様のリクエストに答えることができなければ長く続けることはできません。
ですので店頭スタッフは常に安定した売上が求められますし、ノルマもある場合がほとんどです。

店頭スタッフに求められるものは

・いかに顧客様を多く抱えられるか
・いかに店頭を常に新鮮に保つことができるか
・いかに安定した売上を継続的に上げ続けることができるか

表向きの華やかさとは逆に、こういった地味な厳しさもあります。

 この職業に就きたい人へのアドバイス

009最後にこの仕事に就きたいと思っている人へのアドバイスを送りたいと思います。

前章でこの仕事の厳しさについて書かせて頂きましたが、私もそういう厳しさと毎日向き合ってきました。
しかし、この仕事を辞めることなく20年。そして今現在も続けています。
なぜそんなに続いているのかと考えると一言につきます。

それは「この仕事が好きだから」です。

私は「自分でお店を作り」「お客様に提案」して「お客様がそれに反応してくれて」というこの繰り返しがたまらなく好きなのです。

たぶん洋服に限らず様々なお店を長く続けている方々はこういう感覚をもっている方は多いと思います。
商売をしていると様々な困難や厳しい現実が立ちはだかりますが、この「好き」という感覚が全てを覆い尽くしてくれるのです。

ですので、これからこの職業に就きたいと思う方は、その感覚を大切にして欲しいです。

「好きな仕事を続けられる」という喜びは、なにものにも代えられないものです。
「洋服が好き」とか「お店に立ってお客様と接してみたい」という夢をもっている方がこの業界に入ってこられると思います。

実際に仕事に就いた時、様々な困難に遭遇するかもしれませんが、そんな場面に遭遇したら「好き」という気持を思い出して下さい。
そして「好き」という純粋な気持ちをいつまでも忘れないでほしいと思います。

これからファッション業界を目指す方の参考になれば幸いに思います。


LEAVE A REPLY

*

Return Top