wakus

マーケティングは机上の論理と実践を組み合わせながら行う

マーケティングを志すにあたってポイントになること

日本の企業は製造業であれ、サービス業であれ、総体的に見て、マーケティング能力が低いといわれがちです。

海外の企業ではCMO(チーフマーケティングオフィサー)という地位がありますが日本の企業ではそこに類似するような地位を設ける企業は少ないのが実情です。

そんななかでもマーケティングを志すフレッシュマンに心得ておくべきことをご紹介したいと思います。

まずは机上の勉強です。マーケティングもトレンドがあり、時代時代によって市場の考え方も変わってきます。過去から有名な起業家たちのマーケティング理論をしっかり学ぶことは非常に重要です。しかし、すべてをうのみにするのではなく、時代を超えて普遍的な理論、考え方を見極めることが大事です。

マーケティング理論を学ぶにあたっての師匠、基本を見つけることは非常に重要です。そして、こうしたマーケティング理論を学んだうえで自分自身の考え方をいかに整理で来るかが重要です。

いかに自分の頭の中では整理されたマーケティング理論であっても、組織で仕事を進めるにあたって実際に説明することができなければ、単なる理論でしかありません。

次に机上から実践です。

いかに優れたマーケティング理論であり、それを見える化しても、実践に結びつかなければまったく意味を成しません。ですから自分自身のマーケティング理論が正しいかどうか肌で感じるために必ず現場でも確認するようにしましょう。ここが抜けている場合が多いと組織としても理解を示してもらえることができず、マーケティング担当は孤立してしまうことになります。

実際のところ、日本の企業でマーケティングの力を知らしめるために重要なのはここです。

通常、どんな仕事でも同じことがいえるのですが現場が一番です。特にマーケティングに対しては仮説と検証を繰り返しながらいかに正しい方向に導いていくことができるか、ここにつきるわけです。

これは商品開発でも、サービス開発でもまたは市場を開拓するにあたっても、新規事業を進めるうえでも同じことなのです。

こうした事業の観点からみると最終的な判断はCEO(最高経営責任者)、日本でいえば社長の仕事です。

しかし、そこに対する課題提起や進言を行うのはあくまでも営業や経理部門ではなくマーケティング部門でなければなりません。

こうした意識をもって、企業人としてビジネスマンとしてマーケッターを目指してみることです。
マーケッターとして一人前になれれば、業界業種を関係なく活躍できることは保証されたようなものです。もちろん、今の日本の企業の中ではどういった立場になるかは非常に難しいところになるかもしれません。そこを机上の論理と実践を組み合わせながら経験していくことでスキルアップを果たしていきましょう。

目に見える資格としてマーケッターは確立していませんがビジネスを支える職能として、必ず必要なポジションであり、さらにこれからはその役割も重くなるものと考えられます。


LEAVE A REPLY

*

Return Top