wakus

これから転職をしようとしていた方々へのアドバイス

これから転職をしようとしていた方々へ

今の日本社会は人材の流動性が過去に比べても非常に盛んになっています。新卒で定年まで同じ企業で働くことのほうが珍しいという考え方もあるでしょう。さらに年功序列も男尊女卑も崩れつつあり、良い意味で転職市場も活気があるのが実情です。

ところが、簡単に転職できるかといえばそんなことはありません。もちろん、スキル、人材のマッチ、個人の理想、スキルに対するビジョンなどが伴っていなければなりません。

では、具体的に転職をしようとする際に注意してくべきこと、心得ておくべきことを説明していきたいと思います。

自己分析しよう

d378e1ef720309426cc91e7a741cec41_sまずは自己分析です。自分がどんな仕事をしてきてどういったスキルがあり、これからどういった仕事をしていきたいのかをしっかりビジョンとして描けていなければ、転職の際の面談でもしっかり話することはできませんし、面接官にも見抜かれてしまいます。

もちろん、一番大事なのは転職先の企業でどういった貢献ができるのかしっかり自己アピールできることです。

人材は宝なりといいますが転職市場で1人採用するだけでもかなりの投資になるわけです。
この投資に対して、適応した人材であるか、自分自身に問いかけてみることも必要です。
ここで納得できないようなら他人に対して自己アピールが出来るわけもありません。

資格の棚卸

c974a7537682979122606f91d9f0e4ca_s次に資格です。前述のようなスキルや実績に加えて、目に見える資格があるほうが経理、人事、総務といった職能には有利になります。

業界は異なれど、同じ職種であれば転職してもそのまま活用できるスキルにもつながるからです。もちろん、営業職能やマーケティングであればなかなか同じようにはいきませんが。しっかり、自分自身の実績、目に見える資格を棚卸しておかねばなりません。

なぜ転職しようとしたかを答えられるようにしよう

29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634_sそして、実際に転職に臨もうとする際に確認しておくべきことがあります。

必ず聞かれるのがなぜ、転職しようとしたかということです。この回答次第では、組織になじめない人材と認識されたり、プロジェクトで動くような仕事には向いていないと判断されてしまいます。

企業として動くことができない人材はいかに優秀であっても、採用されないことも多々あることを認識しておいてください。

あくまで自分の次のビジョンを描く際に転職先の企業の働き方がマッチしていると感じた、そして貢献できると感じたという受け答えが出来るようでないといけません。

転職の回数が増えれば増えるほどここはデリケートな問題になってきます。前述のとおり、転職市場で採用することも投資になりますので。

最後に

さて、ここまで転職の際の心構えを中心に初会してきましたがもちろん、転職サイトや相談所での職務経歴書の書き方、履歴書の記載方法などもしっかり基本として学んでおかねばなりません。

こうした基本の所作と心構えが整ってこそ、転職市場に打ち勝てる人材として認められるようになるわけです。事前準備をとにかくしっかり行ってから転職にのぞむようにしましょう。


LEAVE A REPLY

*

Return Top