wakus

言葉にすることは「なんとなく」を自身で理解するのに最適

言葉、文章に表すことで整理する

誰しも「なんとなく」こう思うといった経験はあるかと思います。
私も多くありますね。
でも、なぜそう思うの?って自分で考えても答えが出ない時が多い。
そんな時は、とにかく言葉にしてみることです。

人と話すことで自分の考えが分かってくる

誰かに何気なく相談している中で、「あ、自分って実はこう考えてたんだ」って気が付くことってありませんか?

それは、話している最中に自分の考えを知り、整理できたということです。

相談する相手がその場にいなければ、文章化するというのも手です。

例えば、この案件、「なんとなく嫌な感じがする」と思ったとします。
なぜそう思ったのかは自分の今までの経験からきています。
でも「なんとなく」なので、会議でいきなり発言するわけにはいきませんね。
そんな時は会議後に思いつくことを文書化し、整理すると見えてきます。
整理し、不安点や改善点があればその後相談してもかまいません。

最後に

人間には無意識というものが存在します。
言葉にすることで、その無意識の自分の考えを知ることが出来ます。
自分が意識上で考えていることより、無意識は素直であり、よく考えていてくれます。
直観力も無意識の中で作られるという話もありますね。
ぜひ話すことや文章化することで自分の無意識を知ってみて下さい。


LEAVE A REPLY

*

Return Top