wakus

あなたにとってプロフェッショナルとは?客観的視点から考えよう

NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」という番組が大好きです。
最近は誰でも簡単にプロフェッショナルになれる
アプリも出てきてましてもちろん私も試しに使ってみました。

本物に私もいつか出たいですね(笑)

ところで、
プロフェッショナル仕事の流儀では毎回最後に、
「あなたにとってプロフェッショナルとは?」という質問があります。

もちろん答えは人それぞれなのですが、
あなたは不意にこの質問を投げかけられた場合、
どう答えますか?

客観的な視点からプロフェッショナル観を作る

0446b667b4db77c2264d35a74e3e3406_s

もし先程の問いかけに即答出来ないようでしたら、
ぜひ客観的な視点からどのようにありたいのか
見つめなおすと良いと思います。

具体的には、第三者からこう言われたいとか思わないですか。

「ジャガイモさんは本当にプロフェッショナルですよね。
 仕事は丁寧だし納期は必ず守るし、
 何よりも仕事に対する姿勢がとても真摯だと思います。
 そうそう、ジャガイモさんと言えば、福岡のお客様だったかな。
 日曜日にあるお子様のピアノ発表会のために購入したドレスが
 宅配会社のミスで届かないってわかった時に、新しいドレスを持って
 羽田から飛行機で福岡のお客様の家まで直接向かって手渡しして、
 お届けしたことがありましたよね。
 『お子様の大切な思い出のために、居ても立ってもいられないって。』
 お客様の想いを汲み取る熱い男ですよね。」

例えばこんな風に言われると嬉しいですよね。

ちなみにこの場合、ジャガイモさんはプロフェッショナル論を
こう答えるのではないでしょうか。

「仕事に対して真摯に取り組む事。
 お客様にお届けしているのはひとつのモノ、商品かも知れませんが、
 私はいつまでもお客様の記憶と心に残る大切な思い出を
 届けていきたい。
 お客様の人生の1ページに彩りを与えられるような出来事を
 提供出来る人をプロフェッショナルというのだと思います。

おわりに

60bd6cd5036cf8d46eee31faaa55c89e_s

是非、客観的な視点から自己を見つめなおして、
自分にとってのプロフェッショナルを目指していきましょう。


LEAVE A REPLY

*

Return Top