wakus

デキるビジネスマンは数字で考える癖を持っている

あなたがもし上司から、
「例のアイダホ商事向けの資料だけどいつ出来る?」
と聞かれた時にどう答えていますか?

「明日までに出来上がります。」では十分とは言えません。
なぜなら「明日まで」では実際に何時になるのか、
上司とあなたの間で、乖離がある可能性があるためです。

そのためビジネスにおける報告は
すべて数値化して報告すると齟齬がなくなります。

「明日の18時までに出来上がります。」
この答えであれば齟齬無く伝わるでしょう。

数値化は実績から算出してみる

3905cedcfed0cf98c056d710dcdf0cbf_s

もしあなたが営業職であれば、
数値化して考える思考を癖付けしておいたほうが良いでしょう。

例えば、テレアポの仕事をする場合でも、
何も考えずにただ数をこなすだけではダメです。

今日は6時間テレアポを行い、6人にアポイントが取れた。
といった実績が取れたとします。

分解すると、6時間で90件の架電を行い18人に話せたとします。
これをもっと分解すると1時間に15件の架電を行い3人に話す事ができ
1件アポがとた事になります。

つまりこの場合の商談率は20%で、
商談からのアポ率は33%となります。
架電件数からのアポ率で算出すると6.7%となります。

そうすると上司から
「10件アポ取るのに何件のリストが必要で何時間掛かるか?」
と質問があった場合でも逆算して、

「150件のリストが必要で10時間あればいけます!」
と即座に答えられますよね。

おわりに

e9991487852e0a4814f6d2e900220ab0_s

行動量と実績を数値化し、
数値化して報告する事を意識してみましょう。


LEAVE A REPLY

*

Return Top