wakus

ビジネスマナーとは何だろう?そして社会人として必要なものとは

ビジネスマナーとは

ビジネスシーンにおいてはかかせないものが、ビジネスマナーです。

ビジネスマナーとは、仕事をする上で必要と言われるマナーの総称のことです。
総称であるので、身だしなみや職場での言葉づかい、電話対応の仕方など色々な場面においてのマナーが存在します。

そもそもマナーとは、相手を尊敬し、円滑なコミュニケーションをとるための作法であるため、ビジネスマナーをしっかりと身に着けておくことが仕事の効率を高める第一歩となります。

社会人として必要なビジネスマナーとは

時間厳守

011

社会人として必要なビジネスマナーとは、まず時間厳守があります。

これはどのような相手に対しても言えることです。毎日の出社においてもそうですが、特に取引先企業などに対しての遅刻は厳禁です。自分一人が時間を守れないと、企業全体がそういった怠惰なイメージを持たれてしまう可能性があります。出社時刻、取引先への訪問時刻など決められた時刻の10分前にはその場所に到着しているようにすることが大切です。万が一遅れそうな場合には、約束の時刻の10分前までに連絡をいれるようにします。

電話対応

83feae17c4c97da0848eb9210a05e2f9_s次に、電話対応についてです。

企業に勤務している以上、電話でのやりとりは必須です。電話に着信があった場合、鳴っているのにとらないのは大変失礼にあたります。なるべく着信音の回数が少ない時点で受話器をとるように心がけるべきです。

また、電話対応においては、相手の発言をメモすることも重要です。近くにメモ帳などの書ける物を置いておくことが最善です。

受話器をとっても、あせらずゆっくりとはきはきした声で話し、相手の言葉に耳を傾ける姿勢を持つことを忘れないようにします。

企業の機密情報

037次に、企業の機密情報についての扱い方について話します。

企業には、他に漏らしてはいけない機密情報というものが存在します。基本的に業務に関する事柄については、社外で話すべきではありません。情報が漏れないように自分で場所と場面をしっかりと意識して行動をするべきです。

また、機密情報は口頭のものだけではありません。社内にある重要資料や、会社専用のPCなどにも多くの機密情報が含まれています。そのため、基本的には重要資料、社内PCは持ち出し禁止となっている企業が多くあります。しかし、出張や取引先との会議に必要になった場合は社外に持っていかなければいけません。

そういった場合は厳重な管理をし、なるべく肌身離さず持っていることを心掛けます。万が一紛失、盗難にあった場合はすぐに連絡をする必要があります。対処が遅くなってしまうと、より大きな問題へと発展する可能性があります。

挨拶

握手最後に必要だと言えるマナーは、挨拶です。ビジネスというものは人と人の関わりによって生じるものです。人とのコミュニケーションとして基本的な挨拶をしっかりすることで、信頼関係を育みます。


LEAVE A REPLY

*

Return Top